更新日:2021年02月21日 | 公開日:2020年09月03日

FBS (エフビーエス) の口コミ・評判・レビューを徹底紹介!

この記事のポイント

FBSとはどのようなFX会社なのか

FBSの口コミと評価からみたメリットとデメリット

FBSはどんな人におすすめなのか

世界190ケ国でサービスを展開するFBSは、世界1,500万人ものトレーダーに選ばれている海外FX会社です。

FX会社にはそれぞれ特徴があり、自分のスタイルに合った会社を選ぶことが重要です。

初めて海外FX会社を利用する人も安心して取引が出来るように、FBSの特徴と実際に使っている人の評価からみたメリット・デメリットや使い方について紹介します。

気になるトピックをタップ!

FBS (エフビーエス)の総合評価と特徴

評判・口コミ・レビュー
4.29
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
36種
スプレッド
2pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
-6.01
買い
-1.11
※米ドル/円
豊富なボーナスキャンペーン!最大キャッシュバックは2200,000円!
FBSは、豊富な入出金手段が完備されています。また手数料も課していないのも大きな特徴です。
分割管理体制によって、0,000が一FBSが破綻したとしても。信託保全で資金は守られる!
詳しく見る
FBS (エフビーエス) に
無料口座開設

FBSを運営するFBS Markets Incは、ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC) の認可を受け、世界190ケ国で1,500万人のトレーダーに利用されている海外FX会社です

またキプロス証券取引委員会 (CySEC) のライセンスのもと、ヨーロッパーでは、Traders Limitedという運営会社によってFBSが提供されています。

「Best Mobile Trading Platform Asia 2020」や「Best Social Copy Trading Application MENA 2020」を受賞するなど、トレーダーにとって取引しやすい環境と言えるでしょう。

口座タイプも豊富なので、初心者から上級者にまで幅広いトレーダーの様々な取引スタイルに対応できる点も特徴です。

FBSの会社情報

正式名称

FBS Markets Inc

本社所在地

Russia St. Petersburg

ライセンス

CySEC (331 / 17) IFSC (IFSC / 60 / 230 / TS / 17)

事業開始日

2009年2月

対応言語数

日本語、英語を含む21言語

日本語サイト

あり

日本語でのやりとり

OK

取引システム

日本語対応

電話・メールサポート

あり

カスタマーサポート

あり

FBS (エフビーエス)の口コミ・評判・レビューからみえてくるメリット

FBSを実際に利用しているトレーダーたちからは、どのような点が人気なのでしょうか?

ここでは口コミ・評判・レビューからみた メリットをまとめて紹介します。

ボーナスが豪華

FBSは数あるFX会社の中でもボーナスが豪華な点がメリットの1つです。FBSのボーナスは以下の2種類です。

Trade 100 Bonus (条件を達成すると100ドル付与)

100%入金ボーナス

「Trade 100 Bonus」は30日以内に5ロットの取引をすれば100ドルのボーナスがもらえます。

「100%入金ボーナス」は、口座に入金した預金額100%がボーナスとして付与されるサービスです。たとえば100万円入金すると、リクエスト処理後自動的に口座に預金した額と同額の100万円が入金されます。

多くの資金を入金するほどボーナスの大きくなりますが、ボーナスを適用すると 口座レバレッジが500倍となるので注意が必要です。

キャッシュバックが取引ごとにもらえる

FBSでは取引をするたびに、取引数量に応じたキャッシュバックが受け取れます。1ロットあたりで受け取れるキャッシュバックは最大15ドル

pipsに換算すると1.5pipsとなり、スプレッドが1.5pips狭い取引環境での取引と同じです。

取引する通貨ペアや口座タイプによってもキャッシュバック金額は異なるので、公式HPでチェックしておきましょう。

レバレッジが最大3,000倍でゼロカットシステムを採用

FBSのレバレッジは、海外FXトップレベルの3,000倍です。国内のレバレッジの最大が25倍なので、より少ない資金で多くの金額を取引できます。

またFBSではゼロカットシステムを採用しているため、ロスカットが間に合わず資金がマイナスになり、ポジションクローズをされたとしてもマイナス残高を支払う必要はありません。

ハイレバレッジで大きな利益を獲得するチャンスだけでなく、トレーダーの損失についても入金額までと決められているので安心して取引できます。

強制ロスカット水準が低い

FBSの強制ロスカット水準は証拠金維持率20%以下です。スプレッドを差し引いても有効証拠金が必要証拠金を下回ることもありません。

必要証拠金が少ない人でも、数百倍のレバレッジで運用すれば、余裕のあるポジションキープも可能です。

bitwalletの入出金に対応

まずbitwalletとは、かつてのNetellerに似た性質を持っているオンラインの決済サービスであり、以下のような強みを保持しています。

日本語に完全対応している

口座維持の手数料が無料

日本人に向けて展開されている様々なサービス

オンラインウォレットの中でもかなり高水準の使い勝手を誇り、 入出金のスピードもかなり早いです

bitwalletへの出金の場合最短で1営業日で反映され、FBSの入金の場合も即時反映がなされるため、FBSで取引を行うのであれば予め用意しておきたいサービスです。

bitwalletの利益分の出金可能

海外FX業者ではbitwalletに対応している業者こそ多いものの、 入金額以上の出金が出来ないといったケースも多いです

ですがFBSではFXで獲得した利益分もきちんと出金できます。

コピートレードに対応

「コピートレード」とは 他人の取引と同じ動きを自分の口座へコピーして、全く同じように取引する運用形態を指します。

FBSはこのコピートレードに対応しており、そのためストラテジープロバイダーといったプロの動きを完全に真似た動きが、初心者であっても可能なわけです。

プロの動きを学べる点以外にもコピートレードを初心者にすすめるポイントとして、かかる手数料の安さも挙げられます。

利益の20%以上を手数料とする一般的な他業者とちがい FBSでは5%しか発生しません

またストラテジープロバイダーに登録されているプロトレーダーも、第一線で活躍している腕の確かなトレーダーが多いためかなり安心できます。

動きを学習しコストをおさえてトレードをする意味合いからいっても、 FBSのコピートレードは試してみる価値は大いにあるでしょう

トラブルがほとんどない

2009年のサービス開始から約10年ものあいだ、FBSでは出金・顧客とブローカーに関するトラブルなどほとんどありません

このことからも多くの海外FX会社の中でも、中堅FX会社と言えるでしょう。

またFBSは世界190ケ国でFXサービスを展開するグローバル企業です。海外FXでよく噂になる出金トラブルがない点は、海外FX会社を利用する人にとって安心材料の1つとなります。

ディーラーを挟まないので取引環境がクリーン

国内の多くのFX会社は、インターバンクとトレーダーのあいだにディーラーであるFX会社が入るDD方式を採用しています。

一方FBSはFX会社の為替ディーラーを介さずに、トレーダーがインターバンクと直接取引をするNDD (ノーディーリングデスク) 方式を採用しているため、レートの透明性が確保され取引環境はクリーンです。

NDD方式のFX会社は、トレーダーが取引をすることで発生するスプレッドが報酬として発生します。トレーダーが取引をするほどに、FX会社に報酬が入るシステムです。

MT4、MT5の両方に対応

FBSの取引ツールは以下の2種類に対応しています。

MT4

MT5

MT4・MT5のいずれにおいても、自分で取引をする裁量取引と自動で取引できる自動売買システムの両方が利用可能です。

またスマートフォン用のアプリも提供されているため、外出先などパソコンがなくても取引できます。

仮想サーバーが無料で使える

FBSでは仮想サーバー (VPS) が無料で利用可能です。ただし無料で利用するためには以下の2つの条件をクリアしていなくてはなりません。

450ドル以上の入金が1回以上

毎月3ロット以上の取引をしている

1か月目に日本円で約5万円を1回入金すれば、無料で仮想サーバーが利用できます。2か月目以降も利用したい場合には、毎月3ロット (30万通貨) 以上の取引をすれば継続して利用できます。
条件のハードルが低いため、自己資金があまり用意できないトレーダーでも達成しやすいでしょう。

なお仮想サーバーの手続きは、会員ページから行えます。

株式にも対応

FBSでは外貨だけでなく株式にも対応している点がメリットです。FBSで取引できる株式は以下のとおりです。

FBSで対応している株式銘柄

American International Group

Alcoa Inc.

Alibaba Group

AMAZON

Apple Inc.

American Telephone and Telegraph Company

BANK OF AMERICA

BioNTech SE

CISCO

Citigroup Inc.

Coca-Cola Global

The Walt Disney Company

EBAY

Emergent BioSolutions Inc.

Facebook

FORD

GENERAL ELECTRIC

Gilead Sciences, Inc.

GENERAL MOTORS

GOOGLE

Hewlett-Packard

International Business Machines

Inovio Pharmaceuticals, Inc.

INTEL CORP

JPMORGAN CHASE

MasterCard Incorporated

MCDONALDS

Microsoft

Moderna, Inc.

NETFLIX

Nike Inc.

Novavax, Inc.

NVIDIA Corporation

ORACLE

PepsiCo Inc.

Pfizer Inc.

Sanofi

TESLA

Visa Inc.

Wal-Mart Stores Inc.

-

-

グローバルに活躍する大手外資系企業の株式も、日本にいながら取引できるので便利です。またFXと同じ口座を使えるため、新たに口座を開設する必要もありません。

情報が豊富

FBSは 情報が豊富です。FXでは情報量の多さが、利益を出すためには欠かせません。

外国為替ニュースはもちろんのこと、毎日の市場分析や経済カレンダーなどがすべて 無料で閲覧可能です。ただし一部の情報に関しては、日本語に対応していないものもあります。

また経済関連の情報だけでなく、初心者向けのセミナーやビデオレッスンも無料で受講できる点もメリットです。マーケットに関する情報配信に積極的です。

外国為替ニュース・毎日の市場分析・外国為替テレビ・経済カレンダーなど、一部日本語化されていないものもありますが、すべて無料で利用できます。

初心者向けのセミナー・ビデオレッスンも日本語字幕つきで受講可能です。そのほかFBS主催のイベントも豊富にあり、セミナーもイベントもすべて無料で利用できます。

複数の口座タイプで様々な取引スタイルに対応

FBSの主要口座は以下の5種類です。

スタンダード口座

セント口座

マイクロ口座

ゼロスプレッド口座

ECN口座

上記の5種類のほかに、ボーナス専用の「Trade 100 Bonus MT5 口座」もあります。このTrade 100 Bonus MT5 口座は口座開設ボーナス専用の口座で、 口座開設するだけで100ドルのボーナスが受け取れる口座です。

主要な5口座それぞれにおいて、最大レバレッジや取引手数料、最低入金額などが異なるため、幅広いトレーダーの様々な取引スタイルに対応できます。

日本人も対象となる信託保全制度がある

海外FX会社を利用する場合、心配な点が信託保全です。 FBSは全額信託保全を採用しています

FBSの日本人口座は「Mitsui Markets Ltd.」が運営しており、もちろん日本人口座も信託保全制度の対象です。

信託保全は万が一FBSが倒産しても、FBSの運営資金と顧客資産を分けて保護するため、トレーダーの資産は守られます。

信託スキームはコストがかかるため、海外FX会社で採用しているところは数少ないため、安心して海外FXを楽しみたい人にもぴったりでしょう。

FBS (エフビーエス)の口コミ・評判・レビューからみえてくるデメリット

どんなFX会社にもメリットとデメリットがあるように、FBSにもデメリットがあります。メリットだけでなくデメリットを知ることで、より安心して取引が出来るようになるでしょう。

FBSを利用しているトレーダーの口コミ・評判・レビューをもとに、 デメリットをまとめてご紹介します

国内銀行入金は未対応

FBSに入金する方法は以下の6通りです。

VISA

bitwallet

STICKPAY

Perfect Money

JCB

ローカルエクスチェンジャーズ

VISAやbitwallet以外の方法は海外送金となり、手数料が発生します。 以前に比べると入金方法は増えましたが、国内銀行入金は未対応です

スワップが少なく、マイナススワップも多い

FBSの通貨ペアはスワップが少なく、マイナススワップも多いため長期トレードなどのスワップ運用には向いていません。

スワップ運用を狙うスタイルの人は、スワップが高いFX会社を選ぶようにしましょう。

スプレッドがやや広い

FBSは口座タイプによってもスプレッドが異なります。口座ごとの平均スプレッドにおいては、スタンダード口座・セント口座・マイクロ口座の スプレッドが広めです。

たとえばスタンダード口座の場合、USD / JPYで2.0pips、EUR / USDでは1.1pipsもあります。そのためFBSのスプレッドは、全体的にやや広いと感じる人が多いようです。

約定が滑りやすい

ネット上の評判では 「約定が滑りやすい」といった意見も若干多くみられました。

そのため一瞬の判断で売買を行い、勝ちを積み上げていくスキャルピングトレードのような短期売買では、大きく不利な状況を呼び込む可能性があるといえます。

もしスキャルピングを行う場合はこういった要素を加味しつつトレードをするようにしましょう。

ボーナス出金がむずかしい

ボーナスの豊富さで有名なFBSですが、そのボーナスの獲得条件はややむずかしに設定されており、以下の6つの細かい条件を踏まえて狙っていく必要があります。

ボーナスの期限は開始から30日以内

MT5でのみ獲得できる

注文の最大量は0.01ロット

引き出しの最大金額は100ドル

同時におさえるポジションの最大数は5つ

開始30日以内に5ロット以上の取引がされていること

若干厳しい獲得条件ですがそれを差し引いてもかなり魅力的なボーナスであるため、 しっかりと条件一つ一つを見落とさないようにしましょう

ハイレバレッジと資金管理がむずかしい

FBSのレバレッジが高く設定できる点の当然ともいえる側面ですが、その大きく狙いやすい利益と同じように 大きな損失も被りやすくなっています。

チャートの僅かなマイナス変動でもロスカットがなされ、資金を失ってしまうといった負け筋を秘めており、 慎重に取引を行う必要があります

通貨ペア数やCFDの数があまり多くない

海外FX会社での取り扱い通貨ペア数は平均50種類ほど、CFDは多いところで400種類以上のところもあります。

FBSで取り扱っている通貨ペア数は37種類、CFDは6種類です。 FBSは海外FX会社の中でも種類があまり多くありません

日本語対応があまり出来ていない

FBSの公式HPやカスタマーサポートでは、 日本語対応が可能です。しかし日本人が直接対応をするわけではなく、翻訳機能を利用して日本語対応しているため、違和感のある日本語になっています。

ただし日本語が多少間違っていても、内容は理解できるレベルです。

手数料が高い

FBSのスタンダード口座・セント口座・マイクロ口座では手数料が発生しません。しかしECN口座とゼロスプレッド口座では、 口座手数料が発生します。

追加口座を作るのに条件がある

FBSでは同じ口座タイプで追加口座が最大10口座まで作れます。ただし追加口座を作るためには、 既存口座に100ドル以上残高がなくてはなりません

たとえばすでにスタンダード口座を2つ持っている場合、それぞれの口座に100ドル以上の残高がある場合にかぎり、同じタイプの追加口座が作れます。

FBS (エフビーエス)のをおすすめする人

FBSが向いている人はどのような人でしょうか?上記で紹介したFBSのメリットをもとに、FBSでの取引がおすすめする人3タイプを紹介します。

少ない資金で大きな取引をしたい人

FBSの魅力の1つである最大レバレッジ3,000倍を活用すれば、少ない資金で大きな取引が可能です

大きな金額を取引することで、より多くの利益を狙えます。ただしハイレバレッジでの取引は、ロスカットされる可能性も高くなるため、注意しましょう。

自動売買する人

自動売買はPCなどが稼働している時間内しか取引を実行できないため、安定した環境で長期間稼働可能な仮想サーバーは欠かせません。

すでに「仮想サーバーが無料で使える」で紹介したとおり、FBSでは条件さえクリアすれば仮想サーバーが無料で利用できます。

そのため自動売買する人は、PCが常に稼働している状態をキープする労力もなく、自動売買が行えるのでおすすめです。

ボーナスが大事な人

FBSは ボーナスの種類が豊富にあるため、初心者から上級者まで幅広い人がボーナスを獲得できます。

しかもFBSのボーナスは、海外FX業界でもトップレベルの金額が受け取れるため、ボーナス重視の人にもおすすめです。

FBS (エフビーエス)をおすすめしない人

FBSはどんなトレードスタイルの人にもおすすめというわけではありません。FBSのデメリットからおすすめしない人を3タイプ紹介します。

通貨ペアの数にこだわる人

海外FX会社のなかでも 通貨ペア数が少ないため、いろいろな種類の通貨ペアや、マイナー通貨ペアで取引をしたい人にはあまりおすすめしません。

海外FX会社には60種類以上もの通貨ペアを取り扱っている会社もあります。通貨ペアの数にこだわる人は、通貨ペアの数が多いFX会社を選ぶといいでしょう。

取引回数が多い人

秒単位で取引を行う超短期トレードスタイルのスキャルピングトレードのように、1日の取引回数が多い人にもおすすめしません。

FBSは実質的なコストとも呼ばれるスプレッドが広く、スプレッドがゼロ固定のゼロスプレッド口座では、1ロットあたり20ドルもの取引手数料が取られてしまいます

取引ごとに高いコストが発生すると、スキャルピングでは利益が狙いにくくなるため向いていないでしょう。

約定力を重視する方

FBSの公式HPによると、「 95%以上のオーダーが0.4秒以内に実行」と記載されています。

数字だけをみると約定力が高いように思えますが、国内FX会社では約定率100%の会社もあることや、海外FX会社のなかでもFBSよりも約定力が高い会社も多いことから、約定力を重視する人には向いていません。

FBS (エフビーエス)のキャンペーン

FX会社ではより多くのトレーダーを確保するために、さまざまなキャンペーンを開催しています。

なかでもFBSのキャンペーンは他社と比べて、キャンペーン内容が豪華なことでも有名です。ここではFBSのキャンペーン3つについて解説します。

Trade 100 Bonus(口座開設ボーナス)

Trade 100 Bonusは、口座を開設するだけでトレードに使える 100ドルが付与されるキャンペーンです。

初めてFBSを利用する人にとっては、自己資金を使わずに取引ツールの操作性や海外FXのトレード感などがボーナスの100ドルで試せます。

Trade 100 Bonusの利用条件は以下のとおりです。

ボーナスはMT5のみで利用可能

注文量は0.01ロット

出金可能額は最大100ドル

有効期限は30日間

同時に保有できるポジションは最大5つ

有効期限内に最低5ロットの取引をしなくてはならない

100%入金ボーナス

100%入金ボーナスは口座に 入金した額と同じ金額がボーナスとしてもらえるキャンペーンです。上限は1万ドル。

100%入金ボーナスは1回かぎりではなく継続型なので、2回目以降の追加入金も上限の1万ドルになるまでボーナスが受け取れます。

海外FX会社では同様の入金ボーナスキャンペーンを開催している会社もありますが、FBSの上限1万ドルはボーナス額最高レベルです。

ただしECN口・スタンダードMT5口座・セントMT5口座は、100%入金ボーナスキャンペーン対象外なので注意しましょう。

ボーナスを受け取る際には、入金後メールまたはマイページ内にあるボーナスリクエストからの連絡が必要です。

キャッシュバックボーナス

キャッシュバックボーナスは、取引ごとにキャッシュバックが受け取れるキャンペーンです。 1ロットあたり最低2ドル、最大15ドルがキャッシュバックされます

キャッシュバックされる金額は、口座や通貨ペアによって異なるので事前に公式HPからチェックしておきましょう。

またキャッシュバックボーナスキャンペーンは、ECN口座・スタンダード MT5口座・セント MT5口座では適用されません。

キャッシュバックボーナスキャンペーンを利用する際には、マイページから「ボーナスを有効化」に設定しておく必要があります。

FBS (エフビーエス)の口座開設方法

FBSで口座を開設する手順は以下のとおりです。

1

公式HP内から口座開設ボタンをクリック

2

口座開設フォームにて必要な項目を入力・チェックし「口座を開設する」をクリック

3

パスワードを設定

4

登録メールアドレスに届いたメールを確認し、登記の手続きを完了する

5

FBS会員ページダッシュボードで電話番号を入力・設定

6

FBS取引口座を有効化するための必要書類のアップロード

口座開設に必要な書類は以下の表のとおりです。

FBSの口座開設に必要な書類

本人確認書類 (顔写真・氏名・有効期限以内であることを確認できるもの)

パスポート / 運転免許証 / 住基カード / 写真付きマイナンバーカード / 在留カード / カラーコピー

住所証明書類

住民票 / 公共料金明細書 / 銀行またはカード会社の請求書類 / その他公的機関からの書類 / 有効期限内の国民健康保険証 / 写真付きマイナンバーカード / 運転免許証

本人確認書類と住所証明書類は、それぞれ異なる種類の書類を1種類ずつ用意しましょう。

FBS (エフビーエス)に関するQ&A

Q : 口座開設方法は?

まずFBSに関してよくある質問の1つが「口座開設方法」についてです。

口座開設方法は、「 FBS (エフビーエス)の口座開設方法」の項目内で紹介したとおり、口座開設フォームより必要なデータを入力し、登録したメール宛てに届いたパスワードを入力しましょう。

また登録時の氏名 (ローマ字) は、入出金で利用するクレジットカードや銀行口座の名義と同じでなくてはなりません。正しいデータを入力するように注意しましょう。

Q : 出入金処理はどれくらいの時間がかかりますか?

クレジットカードなどの電子決済システムの入金に関しては即時反映され、電子決済以外のシステムの場合であっても、FBS Financial deptの営業時間内であれば2時間以内に処理されます。

FBS Financial deptの営業時間は月曜から金曜の午前7時から午後7時までです。サマータイムであれば日本との時差は+6時間、通常期であれば+7時間となります。

FBS側の電子決済の入出金に要する時間は最大48時間。銀行振込の場合には最大7時間です。

ただしクレジットカード会社によって着金までの時間が異なるので、利用するクレジット会社で確認するといいでしょう。

Q : 会員カードとはなんですか?

FBSでは取引数量によってステータスが変わります。シルバーステータス以上になると、会員カードが発行され、FBSが開催するVIPイベントへの参加が可能です。

Q:口座タイプの選択の際に、頭金とでてきました。どういう意味ですか?

頭金とは各口座タイプに設定されている 最低入金額を指します。

最低入金額以上の入金でなければ口座が機能しません

FBS (エフビーエス)の口コミ・評判・レビュー まとめ

FBSは海外FX会社のなかでもレバレッジが最大3,000倍と高く、少ない自己資金でもハイリターンが狙えます。

しかし初心者がハイレバレッジを使うと、ロスカットの危険性があるためまずはローレバレッジからのスタートがおすすめです。

また幅広いトレーダーの取引スタイルに合わせた、豊富な口座が用意されているのも特徴です。

口座スタイルによってもスプレッドや取引手数料が異なるので、事前にチェックして自分に合った口座スタイルを選ぶようにしましょう。

評判・口コミ・レビュー
4.29
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
36種
スプレッド
2pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
-6.01
買い
-1.11
※米ドル/円
豊富なボーナスキャンペーン!最大キャッシュバックは2200,000円!
FBSは、豊富な入出金手段が完備されています。また手数料も課していないのも大きな特徴です。
分割管理体制によって、0,000が一FBSが破綻したとしても。信託保全で資金は守られる!
詳しく見る
FBS (エフビーエス) に
無料口座開設

執筆者情報

執筆者情報

海外FX部 | 【外国為替の投資情報】サイト
海外FX部 編集部
情報量圧倒的No,1 - 初心者のための海外FX・外為投資情報の専門サイト【海外FX部】の編集部です。海外FXの始め方や外国為替の買い方、投資のコツを中心にさまざまなコンテンツをお届けしていきます。また、海外FX会社・口座を『人気ランキング』や『ボーナス・キャンペーン』などから比較し、みなさんに本当におすすめの口座をご紹介!

人気ランキング

1
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳細を見る
2
日本語対応の高品質メール・チャットサービスも対応!
いまなら規定量の取引達成で30,000円獲得!
世界的に高機能なツールを採用!
詳細を見る
3
ゼロカットシステムで負債を負うリスクなし!
自動売買ソフトが200種類以上無料公開!
口座タイプが複数あり取引スタイルごとに対応可能
詳細を見る

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.