更新日:2021年02月21日 | 公開日:2020年09月30日

Tradeview (トレードビュー) の入金方法から手数料や可能な時間までまとめて解説!

この記事のポイント

Tradeviewの入金方法の解説

ベストな入金方法はbitwallet

取引口座別の入金最低金額も掲載

Tradeviewの入金方法は数多く存在し、どれを選べばいいのかわからない方がほとんどだと思います。

海外FXにおいて、 入金方法によっては手数料などのコストが多くかかってしまうことがあります

資産運用は「増やす方法」も大事ですが、「コストの削減」も非常に重要です。

この記事を読んでいただければ、コストを抑えた最適な入金方法がわかるようになります。

それでは早速Tradeviewの入金について解説します。

Tradeview (トレードビュー)の関連記事
気になるトピックをタップ!

Tradeview (トレードビュー) の入金方法のおすすめはbitwallet

日本円で入金できる入金方法

日本円に対応しているおすすめな入金方法はbitwalletです。GC PARTNERSも日本円に対応しているので念の為説明します。

イギリスのロイズ銀行に送金する方法で、Tradeviewの入金ページでは入金先の口座の確認のみです。

実際の入金はユーザーが保有している銀行口座から行う必要があり、ロイズ銀行に入金するためにはパスポートが必要になります。

この方法はかなり 入金が完了するまでに手間がかかるため、日本円で入金したい方はbitwalletの利用をおすすめします。

bitwallet

bitwalletは 入金額以上の利益を含めて出金できるという大きなメリットがあります

また、多くの有名な海外FX業者が対応していることや 出金手数料が最も安く、他業者との資金移動が簡単であるため、利用者が多いサービスとなっております。

クレジットカードと比べるとbitwalletで口座を開設することが必要になるので手間がかかると感じる方も多いと思います。

しかし海外FX業者を使った取引とは別にbitwalletユーザーとの 個人間送金も可能で、その際にかかる手数料も100円なので非常に優れたサービスです。

入金手数料が無料

前述しましたが、bitwalletでの入金は 手数料が無料なので、おすすめできる入金方法となっております。

いくつかの海外FX業者は、入金方法をクレジットカードと銀行送金にすると入金手数料がかかる場合が多いです。

Tradeviewでは入金方法をbitwalletにした場合、 入金手数料をTradeviewが負担するシステムを採用しているので手数料をかけず入金できます

クレジットカードの対応ブランドが多い

bitwalletは世界共通で使える有名クレジットカードブランドの利用に対応しています。

利用できるクレジットカードブランドは、

VISA

Mastercard

AMEX

Diners

Tradeviewでは、 クレジットカードから直接入金する際はAMEXとDinersを利用することはできません

しかし、bitwalletを通すことでそれらの利用できます。

出金手数料が安い

Tradeviewからbitwalletに出金する際にかかる手数料は100円です。

さらにbitwalletから日本国内の銀行口座へ出金する際は824円かかり、 合計で924円の出金手数料がかかります

出金にかかる時間は、

Tradeviewからbitwalletの時点で1~2時間

bitwalletから日本国内の銀行口座の時点で2~3営業日

です。

他海外FX業者でも使える

Tradeviewで利用可能である決済サービスやEウォレットのほとんどは、Tradeview以外では利用できない場合が多いです。

仮にそういったサービスのアカウントを新規で作成したとしても 他の海外FX業者においては利用できないため、Tradeviewを退会した際には利用できる場所がなくなってしまいます。

しかし、bitwalletは、

TitanFX

iFOREX

HotForex

などの他のFX業者でも利用可能なので、Tradeviewの利用を停止したとしても bitwalletに入金したお金の継続利用できます

それでは他の入出金方法を解説していきます。

クレジットカード

クレジットカードは普段から使用頻度の高い慣れ親しんだ決済サービスであるため、手軽に入金できます。

しかし、クレジットカードで入金した場合はマネーロンダリング法と呼ばれる「反資金洗浄法」による規制のため、 利益分の出金ができないため利益分の出金は海外銀行送金で行う必要があります。

クレジットカードでの出金には、 出金手数料がかかってしまいます

そのため、出金時のことを想定してクレジットカードでの入金は避けたほうがよいと言わざる負えません。

国内銀行送金

国内銀行送金での入金はbitwallet等の固有サービスのアカウントを新規で作成し、経由する必要性が一切ないため、手軽に入金できます。

しかしクレジットカード同様、「反資金洗浄法」による規制により利益分の出金ができず、 利益分は海外銀行送金になるので手数料がかかってしまいます

STICPAY

STICPAYはアカウントを新規で作成し、Tradeviewの取引口座に入金するという手順はbitwalletと同じですが、 入金手数料と出金手数料の点からbitwalletのほうが優れていると言えます。

オンラインウォレットの出金手数料と入金手数料の違い

オンラインウォレット

出金手数料

入金手数料

bitwallet

824円

無料

STICPAY

800円+出金額の1.5%

入金額の2%

以上のことから、 bitwalletではなくSTICPAYを使うメリットは薄いと言えます

Flutterwave

ナイジェリアの決済サービスであるFlutterwaveはほとんど暗号通貨決済としてしか知られていません。

クレジットカードを利用して法定通貨での決済もでき、使用できるクレジットカードのブランドは、

Mastercard

VASA

UnionPay

の3つです。

Flutterwaveを通してクレジットカードでTradeviewへ入金する際には、 入金手数料がかからず即日で着金が反映がするのがメリットです

しかし、その反面

最低入金額が250ドル

入金額以上の出金ができない

などのデメリットもあります。

特に出金に関しては、 海外銀行送金を利用しなければいけないため高い出金手数料が発生してしまいます。

uphold

イギリスのEウォレットであるupholdは、アカウント開設と銀行口座からの入金が無料です。

しかし、クレジットカードからの入金では手数料が

1

入金額の1%

2

両替手数料が入金額の0.95%

上記の2種類かかります。

また、出金の際に銀行送金を利用する場合は、 出金手数料が出金額の3.99%かかります

upholdは世界的に信頼されているサービスですが、

Tradeview以外の海外FX業者ではほとんど利用できない

日本語にも対応していない

などのデメリットがあります。

既に開設済みの方以外は、選択する理由が見当たらないかと思います。

PAYRETAILERS

スペインのEウォレットサービスであるPAYRETAILERSは、

日本人の利用者がほとんど居ない、

英語に対応していない

などの理由から 利用難易度が非常に高いです

スペイン在住であったり、英語よりもスペイン語の方が理解できる方は選択してもよいのではないでしょうか。

eccompay

日本語表記の公式ホームページが存在しない

海外FX業者の取引口座への入金でeccmmpayを利用したことがあるという日本人がいない

などの理由から、 利用する必要はないと思います

Tradeview (トレードビュー) の入金について

入金手数料は基本無料

Tradeviewの取引口座への入金方法はbitwalletがおすすめです。これからその理由を解説します。

Tradeviewの入金方法は、

決済サービス

Eウォレット

銀行送金

の3種類があり、どの方法で入金しても手数料は発生しないです。

ただし、クレジットカードは 利益分の出金ができないことと、 日本円での直接入金ができないためおすすめできません。

また、 Eウォレットはそのサービス自体に入金する際に手数料がかかります

Eウォレットには数多くのサービスがあるので代表的なものの手数料をご紹介いたします。

STICKPAYは、

クレジットカードでの入金 : 入金額の3.85%

銀行振り込みでの入金 : 入金額の1%

です。

銀行送金は海外銀行送金扱いになるので、 中継手数料として合計約2,000円~4,000程度かかります

着金反映にかかかる時間

Tradeviewの着金反映にかかる時間は入金方法によって異なります。

入金方法別の着金時間

入金方法

着金時間

クレジットカード

即時反映

bitwallet

半日〜1営業日

STICKPAY

半日〜1営業日

銀行送金

1営業日〜3営業日

クレジットカードでは即時反映なので最も早い入金方法だといえます。 他の方法は1~3日程度かかります

Tradeviewは取引コストが低いことや高約定力であることなどが魅力です。

しかし、入出金のシステムが完全に 自動化できていないため、着金反映にかかる時間は海外FX業者の中で早いほうだとは言えません。

着金反映にかかる時間の短縮はこれからのTradeviewの発展において改善すべき点だと言えるでしょう。

それでは出金の際のルールについて解説します。

出金ルールを理解する

Tradeviewでは入金方法と出金方法を同一のものにする必要があります

なぜなら、海外FX業者を使った取引においてはアンチマネーロンダリング法と呼ばれる「反資金洗浄法」により資金の動きが厳密に規制されているためです。

例えば、STICKPAYに出金したい場合、STICKPAYで入金した実績があることが必須となります。

これは、銀行送金の場合でも同様なので、 入金する前に希望の出金方法を考慮して入金方法を決めてください。

次に入金する際の最低金額について解説します。

最低入金額について

Tradeviewは、MetaTrader4スタンダード口座とそれ以外の口座で最低入金額が異なります。

TradeviewMetaTrader4 ILC口座

MetaTrader5口座

cTrader口座

Currenex Viking口座

上記の口座の最低入金額は、 初回のみ1,000ドル以上です

MetaTrader4スタンダード口座のみ100ドルです

MetaTrader4スタンダード口座以外の4口座は100ドルから入金できる方法もありますが、初回に限り1000ドルとなっているため注意してください。

Tradeview (トレードビュー) の入金手順

bitwallet

Tradeviewの取引口座にbitwalletを利用して入金する際の実際の手順を解説します。

bitwalletはトレーダーとTradeviewの間に入って送金を仲介します

bitwalletでの入金には、 bitwalletの新規アカウント作成が必要になります。

1

会員ページにログインします

2

入金ページからbitwalletを選択します

3

選択後、表示されたページに必要事項を入力します

4

「ご入金額」の欄から日本円を選択し「送信する」をクリックします

5

クリックすると、bitwalletのサインイン画面に遷移するのでログインします

6

ログイン後確認画面が表示されるので、内容を確認し「決済する」をクリックします

bitwalletからTradeviewの取引口座へ入金は以上で完了します。

着金の反映は半日~1営業日程度かかります。

24時間以上経過しても着金の確認できない場合は、会員ページの「お問い合わせ」から問い合わせが必要です。

クレジットカード

Tradewaveはクレジットカードでの入金にも対応しています。

しかし、 クレジットカードで直接日本円で入金することはできません

日本円のみ保有している方は、bitwalletにクレジットカードで入金してから bitwalllet経由でTradewaveに入金するという方法がいいでしょう。

また、Flutterwaveを使うという方法もあるのでご紹介します。

1

会員ページにログインします

2

入金ページからFlutterwaveを選択します

3

選択後、表示されたページに必要事項を入力します

4

「ご入金額」の欄から日本円を選択し「送信する」をクリックします

5

クリックすると、自動的に画面が遷移するので、クレジットカード番号、有効期限、CVV番号、電話番号を入力します

6

入力後「Pay JPY(入金額)」をクリックします

1日あたりの入金限度額は100万円で最低入金額は1万円です

また、 入金後30日間は出金できないので注意が必要です。これは、Flutterwaveが即現金化を防止するために設けたルールかと思われます。

国内銀行送金

国内銀行送金を利用するにはAliを使います。

1

会員ページにログインします

2

入金ページから国内銀行送金を選択します

3

表示されたページに必要項目を入力します

4

「ご入金額」の中から日本円を選択し、「送信する」をクリックします

5

次に送金先銀行の情報が表示されるので、ATMやネットバンクで送金手続きを行います

以上で入金手続きは完了です。 入金の反映には1~3営業日かかります

入金時の注意点として、振り込み名義人の欄に 「名前の英語表記+取引口座番号」を入力する必要があります。

Tradeview (トレードビュー) の入金の反映が遅いと感じたら

入金の反映に遅れを感じた場合、 直接Tradeviewに問い合わせると優先的に対応される可能性があります

Tradeviewの問い合わせの対応は優秀なので、入金の反映に問題が生じた場合は直接問い合わせることをおすすめします。

問い合わせを行う際には以下を入力するとサポートがスムーズにいくと思います。

入金した日時

入金額

入金方法

反映を早めてもらいたい理由

問い合わせ先は下記のアドレスです。
japanesesupport@tvmarkets.com

Tradeview (トレードビュー) の入金に関するよくある質問

Q : 別の口座に資金移動させることはできますか?

A : 別口座に資金移動することはできます

Tradeviewにおいて複数の取引口座を開設しており、口座間での資金移動をしたい場合は、

1

「資金移動申請フォーム」から必要項目の入力をします

2

利用規約に同意します

3

「私はロボットではありません」のチェックボックスにチェックを入れます

4

「送信する」をクリックします

以上の手順で資金移動ができます。

MT4/MT5で出力した取引レポートにはどのような内容が記載されていますか?

MT4・MT5で取得できる取引レポートでは指定した期間の運用の履歴が確認できる他、出力したタイミングで保有しているポジションが確認できます。

取引レポートは 損益計算書とも呼ばれ、ペンディングオーダーの一覧や口座残高も加えて確認できるため中・上級者には必須の機能です。

また、前述した内容の他に 納税申告書類としても利用できるため、用途は多岐にわたります

Tradeview (トレードビュー) のサポートデスクへの連絡先が知りたいです

Tradeviewのサポートデスクの問い合わせ先電話番号は** (+1-345) 945-6271**となっています。

英領ケイマン諸島への国際通話のため電話料金が多少発生しますが、これは 問い合わせる側であるトレーダー負担となります

また、メールアドレスは

japanesesupport@tvmarkets.com

です。

Tradeview (トレードビュー)で利用可能なクレジットカードは何ですか?

Tradeviewで利用できるクレジットカードは以下の通りです。

VISA・VISA Debit カード

MasterCard・Debit MasterCard

JCBカードはTradeviewに対応しておらず利用ができません

入出金であればカード以外の方法として、海外銀行送金bitwalletも用意されているため状況に応じて使い分けていきましょう。

現住所証明書として提出できる書類は何ですか?

現住所証明書として提出できるメジャーな書類は約5種類です。

健康保険証

公共料金の請求書

検針票

住民票

銀行・カード会社の請求明細書

名前と有効期限・現住所が記載された健康保険証の内、 裏面に手書きで住所を記載するタイプの保険証は受付できないので注意しましょう。

Tradeview (トレードビュー) の会員ページへのログイン方法を知りたいです。

Tradeviewの会員ページでは入出金の他、保有口座の管理や資金移動の管理と多岐にわたり重宝しますが、 プラットフォームによってログイン画面は異なります

1

まずTradeviewにアクセスした後、3種のプラットフォームから利用している物を選択してそれぞれのログイン画面に進みましょう。

2

どのプラットフォームであっても基本的にログインID・パスワードを入力し、 取引口座のサマリー画面の類が表示されればログイン完了です。

Tradeview (トレードビュー) の口座にbitwalletで入金した場合、反映されるまでにどれくらい時間が掛かりますか?

開設済みのTradeview口座宛にbitwalletで入金を手続きを行った場合、基本的に 手続き後即反映されます

また、bitwalletによる入金は24時間対応しており、リアルタイムで入金可能なため、即座に取引に入金額を資金として扱えます。

Tradeview (トレードビュー)のMT4、MT5へはどうログインしますか?

MetaTrader4・MetaTrader5の「ファイルメニュー」の項目から 「取引口座へログイン」をクリックしログイン画面へ進みます。

ログイン画面が表示されたら口座の開設時にTradeviewから送付されたメールに記載のMT4・MT5のアカウント情報を確認して順番に入力するとログインできます。

Tradeview (トレードビュー) の入金に関するまとめ

Tradeviewの入金について解説してきましたが、銀行送金は反映が遅く、bitwalletでの入金が優秀であるということが分かって頂けたかと思います。

Tradeviewは、

かなり狭いスプレッド

低い取引手数料

安定性の高い約定力

豊富なプラットフォーム

などの、 トレード環境が整備されている海外FX業者です

しかし、 入金に関する不安点があるユーザーの声があることは事実なのでこの記事によってそれが少しでも払拭されたのであれば幸いです。

評判・口コミ・レビュー
NaN
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
60種
スプレッド
0.2pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
非開示
買い
非開示
※米ドル/円
信頼性でも非常に高い評価!
取り扱い銘柄も豊富で幅広い取引可能!
日本語サポートも24時間対応!
詳しく見る
Tradeview (トレードビュー) に
無料口座開設
Tradeview (トレードビュー)の関連記事

執筆者情報

執筆者情報

海外FX部 | 【外国為替の投資情報】サイト
海外FX部 編集部
情報量圧倒的No,1 - 初心者のための海外FX・外為投資情報の専門サイト【海外FX部】の編集部です。海外FXの始め方や外国為替の買い方、投資のコツを中心にさまざまなコンテンツをお届けしていきます。また、海外FX会社・口座を『人気ランキング』や『ボーナス・キャンペーン』などから比較し、みなさんに本当におすすめの口座をご紹介!

人気ランキング

1
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳細を見る
2
日本語対応の高品質メール・チャットサービスも対応!
いまなら規定量の取引達成で30,000円獲得!
世界的に高機能なツールを採用!
詳細を見る
3
ゼロカットシステムで負債を負うリスクなし!
自動売買ソフトが200種類以上無料公開!
口座タイプが複数あり取引スタイルごとに対応可能
詳細を見る

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.