更新日:2021年02月19日 | 公開日:2020年09月30日

Tradeview (トレードビュー) の口座開設方法をどこよりもわかりやすく解説!

この記事のポイント

Tradeviewのアカウントタイプと特徴

Tradeviewで口座開設の際によくあるトラブル

口座開設に関するよくある質問

Tradeviewは FX中上級者向けの海外ブローカーです

日本ではまだそれほど知名度は高くないですが、 「高い約定力」、「狭いスプレッド」、「豊富な取り扱い銘柄」などの優れた特徴を持つ優良業者といわれています。

しかし日本語のサイトには情報が少なく、取引ルールもわかりづらいため、なかなか利用しにくいという面もあります。

ここではTradeviewでの口座開設・登録方法をわかりやすく説明していきます。

Tradeview (トレードビュー)の関連記事
気になるトピックをタップ!

Tradeview (トレードビュー) の特徴

アカウントの口座タイプは2種類

Tradeviewのアカウントは以下の2種類があります。

1

X leverageアカウント

2

ILCアカウント

X leverageアカウントの口座タイプは以下の1タイプのみです。

1

スタンダード口座

ILCアカウントの口座タイプは全部で4タイプです。

1

MT4口座

2

MT5口座

3

cTrader口座

4

Viking口座

X leverageアカウントでもILCアカウントでも、 日本円が口座通貨として選択できます

口座ごとの比較

口座タイプ

最大レバレッジ

初回入金額

最小取引単位

スタンダード口座

400倍

100ドル以上

1,000通貨

cTrader口座

400倍

1,000ドル以上

1万通貨

Viking口座

400倍

1,000ドル以上

1万通貨

MT4口座

100倍

1,000ドル以上

1万通貨

MT5口座

100倍

1,000ドル以上

1万通貨

いずれのアカウントも入金ボーナスは用意されていないため、他社と比較すると多くの資金を準備する必要があります。

おすすめは 短期トレードに向いているILCアカウントです。

アカウント・口座で利用可能なプラットフォームと取引形態

アカウント/口座

スタンダード口座

MT4口座

MT5口座

cTrader口座

Viking口座

X leverageアカウント

MT4(STP)

-

-

-

-

ILCアカウント

-

MT4(ECN)

MT5(ECN)

cTrader(ECN)

CURRENEX(ECN)

約定力が高い

ILCアカウントは 約定力の高さが特徴です

50以上のリクイディティプロバイダの中からベストプライスが選ばれる仕組みになっています。

ECN、STPを採用している業者はA-bookと呼ばれ、顧客とは利益相反関係になく、注文はインターバンクに直接流れます。

しかしインターバンクを形成するリクイディティプロバイダは業者によって違うため、 業者が提携しているリクイディティプロバイダの規模と数がより良いレートで取引できるかどうかの大事な点になります。

ILCアカウントではデモ取引も可能なので、スプレッドの狭さや約定力の高さを確認してみると良いでしょう。

安全性が高い

日本人も安心のCIMAライセンス

海外業者の中には金融ライセンスを持っていながらも、日本人口座は対象外という業者もある中、 TraderviewのCIMAライセンスは日本人口座も対象です

Tradeviewは2004年設立の世界的なブローカーで、ケイマン諸島を拠点としています。

ケイマン諸島金融庁(CIMA)で金融ライセンスを取得しており、イギリスの法体制がベースです。

CIMAは証券取引者国際機構にも加盟しており、ベリーズなどのオフショアとは、 別格の信頼性があるといえます。

信託保全と保証

Tradeviewは分別管理が徹底されていることに加えて、 35,000ドルを上限とした信託保全制度が採用されています

顧客資産は運営資金とは分別され、外部会計監査機関の監査、管理下におかれ、サンタンデール銀行の口座に保管されます。

外部会計監査機関は、ディーラーやブローカーなどの持つ顧客資産や事業資産に対してコンサルティングや管理事務を行う機関です。

顧客資金は外部会計監査機関に承認された後、取引資金となります。

万が一、Tradeviewが破綻してしまった場合も、 資金は資金管理機関によって守られる仕組みになっており、1顧客あたり35,000ドルを上限に保証されます。

ゼロカットシステム

Tradeviewでは追証のないゼロカットシステムが採用されています。

もしも口座残高がマイナスになってしまったとしても、 そのマイナス分はTradeviewが肩代わりしてくれるという仕組みです。

マイナス分の追証請求をされることがなく、 損失は最大でも口座残高までなのでTradeviewの取引で借金を背負う可能性はありません

日本人スタッフによる日本語サポート

Tradeviewには日本人スタッフが4名在籍しており、 24時間体制で日本語サポートを行なっています

問い合わせ方法はライブチャット、メール、コールバックの3つが用意されています。

中でも ライブチャットはLINEをする感覚で気軽に利用できるのでおすすめです。

多彩な取引銘柄

Tradeviewの取引銘柄は 112種類と豊富な上、ETFも扱っています

Tradeviewの取引銘柄

銘柄

対応通貨数

株式

37種類

FX通貨ペア

36種類

ETF

27種類

株式インデックス

7種類

資源・貴金属

5種類

株式は米国株を中心に、GoogleやFacebook、IBM、Yahooなどを20倍のレバレッジで取引できます。

FX通貨ペアはメジャー通貨に加えて、メキシコペソやトルコリラなどのマイナー通貨も扱っています。

資源・貴金属では、金などをレバレッジ33倍で取引することができ、ダイヤモンドのみ100倍での取引が可能です。

特に注目したいのが、 TradeviewはETFのCFDを取り扱っているという点です

アメリカのETF27種類をレバレッジ10倍で1株から取引できます。

ただしTradeviewでは、株式やETFなどの商品をFX通貨ペアと同一の口座では取引することができないため、 TradeviewStocksという別の口座を開設する必要があるので注意しましょう。

透明性の高いNDD方式を採用している

Tradeviewは NDD(ノーディーリングデスク)方式を採用しているため、透明性が高いといえます

NDD(ノーディーリングデスク)方式とは、トレーダーと注文先の間にディーラーが入らない方式のことです。

NDD方式のブローカーはトレーダーからスプレッドを徴収することで収益を得ます。

トレーダーが利益を得て取引が増えるほど業者もスプレッドで儲けることができるので、 業者とトレーダーの利益が一致しているシステムです。

取引ルールに禁止行為がない

Tradeviewには 禁止行為や取引制限がありません

国内のDD(ディーリングデスク)業者のように、 不利約定やレートずらしなどのトレーダーを負けさせようとする行為は起きないようになっています。

【PC版】Tradeview (トレードビュー) の口座開設・登録申込の入力手順

手続きの流れ① 公式サイトにアクセスし記入ページへ

まずは公式サイトにアクセスします。Tradeviewは口座開設前の必要記入事項が多いです。

公式ページ

右上の「新規口座開設」をタップし、個人か法人かを選びます

口座タイプ選択画面

手続きの流れ② 基本情報を入力する

まずは一番最初に取引プラットフォームと、口座通貨を選びます。

基本情報を入力

その次に自分の住所や名前を入力します。

個人情報入力画面

英語で入力する必要がありますが、英語での入力にお困りの方はこちらのサイトを使うとスムーズです。

職業や年収の回答

職業や年収の回答

次は自身の職業や年収、 米国市民権に関する質問です、嘘をつかず正直に答えましょう

手続きの流れ③ 投資経験を入力する

投資経験の質問

次に投資経験を聞かれます。今までの経験の有無で口座開設の可能、不可能に影響することはありませんので、 今までの質問同様正直に答えましょう

手続きの流れ④ その他情報を入力する

その他情報

そのほかの年間投資予算などを入力します。

手続きの流れ⑤ 本人確認書類を提出する

本人確認書類

本人確認書類を提出します。本人確認書類としては以下の4つが有効です。

1

パスポート

2

運転免許証

3

マイナンバーカード

4

3か月以内発行の住民票、公共料金の請求書 、銀行明細書等

手続きの流れ⑥ 署名する

署名

最後に署名を行えば完了です。 登録メールアドレスに口座のパスワードが送られてくるため、入力・入金して取引を始めましょう

Tradeview (トレードビュー) の口座開設・登録の際に注意すること

ロスカット水準が高いため資金管理には注意が必要

Tradeviewはロスカット水準が高いため、 国内業者と同じレベルの資金管理が求められます

ILCアカウントは初回入金が高額で最低でも1,000ドルが必要です。

さらに証拠金維持率100%でロスカットが発動するため、 常に多くの余剰金を口座に入れておくなどの対応をしなければなりません。

最低入金額が10万円

TradeviewのILC口座は、 最低入金額が10万円、最低取引枚数が1万通貨に設定されています

Tradeviewは海外FX中級者以上向けのブローカーなので、 少額や小ロットで取引したいという人にはあまり向いていません。

Tradeview (トレードビュー) の口座開設・登録をおすすめする理由

ILC口座はスプレッドが非常に狭い

Tradeviewにはスタンダード口座ILC口座の2種類の口座タイプがあります。

スタンダード口座の方がとっつきやすいイメージがありますが、 おすすめなのは海外FX業界でもスプレッドの狭さが際立つILC口座です

スタンダード口座には、平均スプレッド1.9pipsと広いというデメリットがある一方で、 ILC口座のスプレッドはTitanFXの倍ほど狭く、国内FXブローカーと比較しても全く劣っていません。

ECN取引に特化したcTraderとの相性が良くスキャルピングにも最適

ILCアカウントは もともとはECN取引のために開発された、cTraderと非常に相性が良いです

cTraderはスマートフォンやタブレットにも対応していたり、ワンクリックで成行、途転、一括決済注文が可能であったりするという特徴があります。

またグラフィカルなインターフェースと操作のしやすさに加えて、標準で板情報を見ることができるため、 プロのトレーダーと同じ情報量での取引ができます。

中にはcTraderはMT4 / MT5を超えたと評価する人もいるほどです。

ただしcTraderとMT4 / MT5の自動売買プログラムには互換性はないため注意が必要です。

もし必要な場合は専用ツールを利用して、 自動売買プログラムの言語を変更するようにしましょう。

cTraderを利用できる大手海外業者にはAXIORYなどがあります。

Tradeview (トレードビュー) の口座開設・登録に関するQ&A (よくある質問)

Q:スマートフォンだけでも口座開設はできますか?

Tradeviewの口座開設は、 スマートフォンのみでも可能です

ただしMT5やVikingなど、 一部モバイル対応していないプラットフォームもあるのでご注意ください。

Q:口座維持費はかかりますか?

A : 6ヶ月間取引がされていない状態の口座からは、 毎月50USDの口座維持手数料が徴収されます

口座維持手数料が発生してしまった場合、もう一度「取引」もしくは「入金」を行ったのち、サポートに問い合わせることで手数料は返還されます。

Q:口座はいくつまで持てますか?

A : Tradeviewで保有できる口座は、 1人につき5口座までです

追加で口座開設を行う場合は、 すでに持っている口座に入金している必要があるので注意しましょう。

またサポートにリクエストすれば5口座以上開設することも可能ですが、口座が必要な理由を聞かれる場合もあるので留意しておきましょう。

追加講座の開設方法

追加口座を開設するには、 Tradeview公式サイトからの申請が必要です

まずTradeview公式サイトの追加口座申請ページにある「追加口座を開設する」のボタンをクリックし、追加口座申請フォームを開きます。

「追加口座申請フォーム」に進んだら、必要事項を全て半角英数字で入力してください。

全ての項目の入力が終わったら、「送信する」をクリックします。

これで追加口座申請は完了です。

なおすでに持っている口座に 入金がされていない場合は追加口座を開設することはできないので注意しましょう。

Q:マイナンバーの提出を求められることはありますか?

A : 現時点では マイナンバーの提出を求められることはありません

Tradeviewでは身分証明書としてマイナンバーカードを使用することはできますが必須ではありません。

ただし 出金する際に銀行側にマイナンバーの提出が必要な場合もあるので、事前に準備しておくと安心です。

Q:職業や収入を証明する書類は必要ですか?

A : 口座を開設する際に職業や収入の入力を求められますが、 これらを証明する書類は基本的には必要ありません

ただ 職業が選択リストにないなどの特殊な事情がある場合は、職業や収入源に関する書類の提出を求められることがあります。

また入力した内容によっては「追加リスク同意書」の提出が必要なケースもあります。

Q:「追加リスク同意書」とはなんですか?

A : 「追加リスク同意書」とは、 口座開設時に入力した個人情報がTradeviewの定めるガイドラインを満たしていない場合に提出が必要な書類のことを指します

年間所得が250万円以下の場合や破産の経験がある場合、口座開設の最低条件を満たしていないと見なされ、「追加リスク同意書」の提出が求められる可能性があります。

上記のような場合以外でも、 最低ガイドラインを満たしていないとTradeview側が判断した際は「追加リスク同意書」の提出が求められます。

提出が必要な場合は、メールでTradeviewから「追加リスク同意書」が届くので、サインをして提出作業を行いましょう。

Q:レバレッジは変更できますか?

A : レバレッジの変更は可能です。

レバレッジの変更をする場合は、 Tradeview公式サイトからの申請が必要です

まずTradeview公式サイトのレバレッジ変更申請ページにある「レバレッジを変更する」のボタンをクリックし、レバレッジ申請フォームを開きます。

「レバレッジ申請フォーム」に進んだら、 必要事項を全て半角英数字で入力してください。

全ての項目の入力が終わったら、「送信する」をクリックします。

「レバレッジ変更申請をお受け取りいたしました」と表示され、「レバレッジ変更申請の受け取りを知らせるメール」がTradeviewから送られてくれば申請は完了です。

なお 持っている口座に入金がされていない場合はレバレッジを変更することはできないので注意してください。

Q:口座間の資金移動はできますか?

A : 口座間の資金移動は可能です

資金移動をしたい場合は、Tradeview公式サイトからの「資金移動申請フォーム」から申請しましょう。

まず「資金移動する」のボタンから「資金移動申請フォーム」を開きます。

「資金移動申請フォーム」に進んだら、 必要事項を全て半角英数字で入力してください。

全ての項目の入力が終わったら、「送信する」をクリックします。

これで資金移動は完了です。

Q:電話や郵便物が届くことはありますか?

A : Tradeviewから電話や郵便物が届くことは基本的にありません

ただし海外から振込があった場合などは、 Tradeviewではなく銀行から確認の電話や郵便物が送られてくることがあります。

Tradeview (トレードビュー) の口座開設・登録方法 まとめ

Tradeviewの口座開設・登録方法についてまとめました。

ある程度まとまった資金を用意できる海外FX中上級者であれば、Tradeviewの質の高いトレード環境で取引を行うことができます。

この記事を通して、 Tradeviewの特徴やメリット、デメリットを理解して自分の目的に合った口座を選ぶようにしましょう

評判・口コミ・レビュー
NaN
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
60種
スプレッド
0.2pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
非開示
買い
非開示
※米ドル/円
信頼性でも非常に高い評価!
取り扱い銘柄も豊富で幅広い取引可能!
日本語サポートも24時間対応!
詳しく見る
Tradeview (トレードビュー) に
無料口座開設
Tradeview (トレードビュー)の関連記事

執筆者情報

執筆者情報

海外FX部 | 【外国為替の投資情報】サイト
海外FX部 編集部
情報量圧倒的No,1 - 初心者のための海外FX・外為投資情報の専門サイト【海外FX部】の編集部です。海外FXの始め方や外国為替の買い方、投資のコツを中心にさまざまなコンテンツをお届けしていきます。また、海外FX会社・口座を『人気ランキング』や『ボーナス・キャンペーン』などから比較し、みなさんに本当におすすめの口座をご紹介!

人気ランキング

1
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳細を見る
2
日本語対応の高品質メール・チャットサービスも対応!
いまなら規定量の取引達成で30,000円獲得!
世界的に高機能なツールを採用!
詳細を見る
3
ゼロカットシステムで負債を負うリスクなし!
自動売買ソフトが200種類以上無料公開!
口座タイプが複数あり取引スタイルごとに対応可能
詳細を見る

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.