更新日:2021年02月21日 | 公開日:2020年09月30日

【5分でわかる】Tradeview (トレードビュー) の評判・口コミ・レビューを徹底検証!

この記事のポイント

Tradeviewの総合評価と特徴について

Tradeviewはトレーダーにとって使いやすいのがメリット

Tradeviewは日本語対応していないのがデメリット

Tradeviewは、海外トレーダーからの信頼はもちろん、多くの日本人トレーダーにも注目されている海外FX業者です。

徹底された顧客の資産管理と自由度が高い取引方法は、世界中のFXトレーダーに人気があります

では実際にTradeviewで取引をした場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。今回はTradeviewの基本情報とともに、Tradeviewの評判・メリット・デメリットについてご紹介します。

Tradeview (トレードビュー)の関連記事
気になるトピックをタップ!

Tradeview (トレードビュー) の総合評価と特徴

Tradeview (トレードビュー) の会社概要

会社名

Tradeview Ltd

登録番号

CIMA License No. 585163

資本金

-

本店所在地

94 Solaris Avenue. Suite 1348 Camana Bay, Grand Cayman, KY1-1108, Cayman Islands

代表者

-

電話番号

+1-345-945-6271

日本人口座も対象となるCIMAライセンスを保有している

FXをはじめとした海外金融業者は、厳しいライセンスを必ず保有して企業を運営しなければなりません。

つまり ライセンスを保有していることが、信頼性を測る大切な基準なのです

Tradeviewの金融ライセンスはケイマン諸島(CIMM)で取得されたものです。

ケイマン諸島とは、カリブ海にあるイギリスの海外領なので、Tradeviewで取得する金融ライセンスはCIMMライセンスと呼ばれるのです。

TradeviewのCIMMライセンスは、日本人口座も対象です。このような理由から、信頼のおける海外FX業者を探す人の多くが、Tradeviewを選択肢に入れています。

分別管理と信託保全で信頼性が高い

Tradeviewでは、 徹底した分別管理と信託保全を行い、信頼性が高い業務運営を行っています

分割管理とは

顧客から預かっている資産と自社の資産を分けて管理することです。完全に分けた状態で管理されていれば、金融危機などで万が一のことがあっても、顧客の資産は守られて返還されます。

TradeviewでFX取引を行った場合、その資金を守るのは「サンタンデール銀行ニューヨーク支店」です。

さらに管理を行うのは第三者の会計機関になるので、信頼性が高いといえます。

ちなみに万が一Tradeviewが倒産した場合、確実に守られる資産額は3万5000ドルです。

もしこれ以上の金額で取引する場合は、この金額を残高の目安にして出金すれば問題ありません。

日本の金融庁からの警告と対応について

海外FXで取引を行う場合、気になるのは 「日本の金融庁からの警告」ではないでしょうか。

実際に海外FXに対する規制も厳しくなっており、Tradeviewも2016年の12月に警告を受けています。

これに対し、 Tradeviewは日本語公式サイトで公開する情報量を制限して対応しました。実際に読んでみると、「内容が少しわかりにくい」と感じるかも知れません。

しかしこの対応は、金融庁からの警告を素直に受け止めつつ、企業としての誠実さを表しているとも言えます。

このような対応からも感じられる健全さが、Tradeviewの強みなのではないでしょうか

取引制限や禁止事項がない

Tradeviewでは、 取引方法の制限や禁止事項がありません。スキャルピングで超短期トレードを行うことはもちろん、さまざまなシステムトレードを利用して取引を行うことが可能です。

取引制限や禁止事項があると、試してみたい取引方法が試せなかったり、どうしても取引でコストがかかることも少なくありません。

興味のあるFX取引を思う存分やってみたいという人には、Tradeviewは最適な環境と言えるでしょう。

透明性が高く信頼できるNDD業者

Tradeviewでは、 FX取引を行う際にNDD方式を採用しています。NDD方式ではトレーダーとインターバンクの間に業者が介入しないので、透明度が高く人気です。

cTraderで板情報が閲覧できる

cTraderの板情報とは、簡単にいうと 市場の流れや注文の厚さを確認できるサービスです。Tradeviewも cTraderで板情報で確認できますので、取引を行うときの参考にしてみるとよいでしょう。

海外トレーダーからの高評価を得ている

Tradeviewは日本では中級者以上の人には高評価を得ていますが、まだFX初級者だと日本語の説明が難しく、なかなか手が出せない人も少なくありません。しかし 海外のトレーダーからは非常に高い評価を得ています。

「日本人には難しいのに高評価なの?」と思う人もいるかも知れませんが、そもそもTradeviewはイギリス領を中心にしたFX企業です。

その本場とも言える海外トレーダーが高評価を出しているのですから、それだけ信頼と実績があると考えられるのではないでしょうか。

日本語サポートには少し不安があるかも知れませんが、 実際にTradeviewで取引をしている日本人にも、海外トレーダーと同じく高い評価を得ています

FX取引そのものに慣れてきて、もう少し自由にチャレンジしてみたいと感じたときには、TradeviewでのFX取引を視野に入れてみてもよいでしょう。

Tradeview (トレードビュー) の口コミ・評判・レビューからみえてくるメリット

約定力が高い

TradeviewではILCアカウントを採用しています。ILCアカウントとは、ILC(Innovative Liquidity Connector)テクノロジーにより提供されているシステムです。

50以上にもなるリクイディティプロバイダの中から、常にベスト状態が提供できます。実はFX取引の約定力の高さは、「リクイディティプロバイダの数と規模」が重要です。

リクイディティプロバイダが多ければ、それだけ約定拒否される可能性も低くなり、有利なレートでの取引できます。

TradeviewではILCアカウントを採用しているため、常に有利なレートでの取引が期待できます

ILCアカウントでは、MT4によるでも取引も可能なので、興味がある人は実際にデモ取引でチェックをしてみましょう。

ILC口座の取引コストが非常に安い

ILC口座で取引を行うと、スプレッドが大変狭いため結果的にコストが安くなります

たとえば主要な通貨ペアのスプレッドをみえるだけでも、スプレッドが驚異的な狭さなのわかることでしょう。

ILC口座の取引コスト

通貨ペア

スプレッド

AUD/USD

0.4

EUR/USD

0.3

USD/JPY

0.2

USD/CHF

0.8

USD/CAD

0.8

GBP/USD

0.8

NZD/USD

0.5

スプレッドは1取引ごとにかかる手数料ですから、 デイトレーダーや短期トレーダーには見逃せない項目です。

TradeviewのILC口座による取引は、少しでも低コストで安く取引したい人にとって、とても魅力的なメリットと言えます。

他海外FX業者との取引コスト比較

Tradeviewの取引コストは、他の海外FX業者と比較してもかなり安いです

実際に1万通貨あたりの取引コストがいくらになるのか、代表的な海外FX業者で比較してみましょう。

ILC口座と他海外業者の取引コスト比較表

Tradeview ILC

XMTrading XM Zero

TaitanFX ブレード

EUR/USD 85円

EUR/USD 146円

EUR/USD 97円

EUR/JPY 125円

EUR/JPY 184円

EUR/JPY 137円

USD/JPY 75円

USD/JPY 120円

USD/JPY 107円

GBP/JPY 205円

GBP/JPY 204円

GBP/JPY 177円

主要なFX通貨ペアで比較してみると、ILCの取引コストが群を抜いて安いことがわかります。

通貨ペアによっては 一部ILCの方が高いこともありますが、全体的にみえて取引したい通貨ペアのコストが安いのであれば、ILCでの取引がお得です。

取引手数料を含めたコストは、そのままFX取引の収益にも影響します。多くの通貨単位を頻繁に取引する場合は、取引コストも考慮して海外FX業者を選ぶようにしましょう。

取引可能な銘柄が107種類と豊富

Tradeviewでは、取引可能な銘柄が107種類も揃っており、 豊富な銘柄から好きなものを選んで取引できます
主な取引通貨は以下のとおりです。

通貨ペアと取り扱い数

通貨種類

取り扱い数

FX通貨ペア

36種類

株式

37種類

ETF(上場投資信託)

27種類

株式インデックス

7種類

資源・貴金属

5種類

スワップポイントが高い

長期的に通貨ペアを保持していると、スワップポイントでも一定の利益が得られます。 Tradeviewのスワップポイントは高いので、中長期トレードでも人気です。仮に1万通貨を保持した場合1日でいくらになるのか、主要通貨ペアを例に挙げてみてみましょう。

Tradeviewのスワップポイント

通貨ペア

スワップポイント

NZD/CHF

57円

AUD/CHF

38円

USD/JPY

23円

USD/CHF

42円

NZD/JPY

36円

表をみるだけでも、Tradeviewのスワップポイントが高いのがわかります。 高いスワップポイントの通貨ペアを狙って保持すれば、一定の収益が見込めることでしょう。

Tradeviewでは、デイトレードなどの短期取引が注目されることが多いですが、中長期トレードの人にもメリットがあります。

Tradeviewの高いスワップポイントにも注目し、すべてのFX取引で利益を得ていきましょう。

安心のゼロカットシステムを採用

ゼロカットシステムとは、 万が一ロスカットが間に合わず口座の資金がマイナスへ転じてしまった場合、損失した分をFX業者が負担するというシステムのことです

マイナスになった分をFX業者が負担すると、トレーダーの口座残高はゼロにリセットされることからゼロカットシステムと呼ばれます。

ゼロカットシステムは海外FX独自のサービスで、Tradeviewも例外ではありません。Tradeviewでは、 マージンコール無しで証拠金維持率100%になったときに発動します

つまりTradeviewでロスカットを受けないためには、常に証拠金維持率を100%に保てるよう、余力を持った資金が必要です。

ただしロスカットを受けたとしても、 ゼロカットシステムによりマイナスにはならないという安心感はあります。

ロスカットによる損失は避けたいですが、ゼロカットにより借金は追わなくて済むというメリットを覚えておきましょう。

入出金方法が豊富

Tradeviewの入出金方法は、種類が豊富で使いやすい方法を選べます。しかもどの方法を選んでも、 手数料は無料です。

Tradeviewの入出金方法

入金種類

取り扱い通貨

反映時間

クレジットカード・デビッドカード

JPY・USD・EUR・GBP・CAD・AUD・CNY

即日

海外送金

JPY・USD・EUR・GBP・CAD・AUD・CHF・MXN・ZAR

1〜2営業日

WEBマネー

JPY・USD・EUR・GBP・AUD・ZAR・CAD・CHF・MXN・CNY・IDR・RUBなど(WEBマネーの種類により異なる)

即日

仮想通貨(BitPay・Uphold)

BTC・ETH・LTC・JPY・USD・EUR・GBP(仮想通貨の種類により異なる)

即日

WEBマネーと仮想通貨を選択した場合、 使用する入出金方法によって取り扱いできる通貨に違いが出ます

自分の選んだWEBマネー・仮想通貨で目的の通貨を入出金できるか、事前によく確認しておきましょう。

MT4だけでなくcTraderやCurrenexも使える

Tradeviewでは、MT4をだけではなくcTraderCurrenexを使用したFX取引も可能です。

取引ツールの使用感は人それぞれですから、自分の使いやすい取引ツールを選べるのはうれしいメリットと言えます。

ただし 各取引ツールによって、使用できるタイプや対応機種も変わるので、Tradeviewで取引ツールを選ぶときにはよく確認しましょう。

MT4

世界的に有名な取引プラットフォームです。テクニカルチャートや対応しているEAが多いので、万能なプラットフォームとして多くのトレーダーが愛用しています。

cTrader

cTraderは、とくにスキャルピングによる取引で評価が高い取引ツールです。板情報がデフォルトで確認できるほか、ワンクリック注文や複数ポジションの同時決済もできるので、スキャルピングがメインの人にはうれしいツールと言えます。

ただしcTraderは、 MT4のEAと互換性がありません。MT4のEAを使いたいという人は注意しましょう。

Currenex

Currenex(カリネックス)は、裁量取引に特化している取引ツールです。プロ仕様のプラットフォームなので、プロの投資家から高い評価を受けています。

ただし Currenexでは自動売買ができませんので、よく検討してから利用しましょう

口座開設にかかる時間が短い

Tradeviewの口座開設は、ホームページの口座開設から迅速に行えます。口座開設の申請に約5分〜10分、 審査終了までの平均が24時間以内と大変スピーディーです

Tradeview (トレードビュー) をおすすめする人

取引コストを抑えて取引したい方

Tradeviewは、ある程度FX取引を経験している中級者上級者におすすめです。

初心者の人には少し難しく、説明文も理解しにくい部分がありますので、自分の取引レベルに合わせて検討してみましょう。

スキャルピングをしたい方

Tradeviewでは、取引方法の制限がありません。デイトレードが主流でスキャルピングによる取引を行いたい場合、取引方法に制限がかかることも多いことでしょう。

スキャルピングをしたい人は、TradeviewでFX取引をしてみましょう。

スワップ狙いの中長期トレードをしたい方

Tradeviewは取引コストが低いため、 スワップ狙いの中長期トレーダーにも人気があります

人気通貨ペアが高めのスワップポイントなので、中長期でじっくり取引をした人にとってうれしいメリットです。

Tradeview (トレードビュー) の口コミ・評判・レビューからのみえてくるデメリット

ロスカット水準が証拠金維持率100%と高い

Tradeviewのロスカットの水準は証拠金維持率100%なので、 国内業者で取引するときと同レベルで資金管理をしなければなりません

その分ゼロカットシステムで 負債は発生しないのですが、証拠金維持率を100%で維持するのが難しい場合は、Tradeviewで取引するのが少し苦しくなる可能性があります。

Tradeviewでの取引を検討するときは、このデメリットもよく考慮してから判断するうようにしましょう。

日本語サポートの質は高くない

Tradeviewのサポートは平日24時間対応で、コールセンターメールライブチャットで受け付けています。しかし 日本語対応のサポートは、メールによる対応が基本です

実はTradeviewのサポートには、 日本語ができるスタッフが数人しか在籍していないため、すべてのサポート体制に対応できません。

まったくできない訳ではありませんが、日本語対応スタッフの空きがないと待たされる可能性があります。

日本語による手厚いサポートを望む場合は、このようなデメリットがあることも視野に入れておきましょう。

ILC口座の最低入金額が10万円と高い

Tradeviewは、 ILC口座への最低入金額が10万円以上と高い設定になっています。ILC自体に興味を持つ人は多いのですが、ちょっとお試しというには初期投資10万円は高いと感じるのではないでしょうか。

ILCにはメリットがあるものの、約10万円という初期投資は勇気が入れります。どうしても試してみたいという場合は、投資資金に余力ができてからの方が安心できるでしょう。

最小取引単位は1万通貨から

Tradeviewの最小取引単位は、1万通貨からとなっており高めの設定です。他の海外FX業者の場合、これよりももっと低い単位から取引できるところもあります。

1万通貨単位以上の取引経験があり、 FX取引自体にある程度慣れていないと難しいかも知れません。

Tradeview (トレードビュー) をおすすめしない人

初期投資は少額に抑えたい方

初期投資をできるだけ少額に抑えたい人には、TradeviewでのFX取引はおすすめできません。どうしても1度試してみたいという場合は、経験と資金を蓄えてからチャレンジしてみましょう。

十分な日本語サポートがないと不安なFX初心者の方

流暢な日本語サポートがないと不安という人は、TradeviewでのFX取引は難しいでしょう。とくにわからないことが多い初心者の場合、サポートに連絡しても混乱する可能性があります。

まずはFX取引の経験値を積み、 基本的な部分を理解してからTradeviewに申し込むことをおすすめします。

Tradeview (トレードビュー) のボーナス・キャンペーン

ボーナスやキャンペーンは一切ない

Tradeviewでは、他社でみえられるボーナス・キャンペーンは行われていません

ボーナス・キャンペーンは、主に新規の初心者に向けて行われることが多いので、それよりも中級者以上の人に主軸をおけいている可能性があります。

そのかわり取引環境の強化に関しては、中級者以上の人が満足する状態を整えていますから、FX取引自体で満足のいく結果を出していきましょう。

Tradeview (トレードビュー) の口座開設方法

口座開設に必要となる書類

Tradeviewで口座を開設するためには、申請に必要な書類を用意しましょう。必要書類として認められる書類は、「パスポート」「運転免許証」「身分証明書」「マイナンバーカード」です。

推奨されているのは 「パスポート」ですが、写真付きの身分証明書であれば申請が通りやすくなります。心配な場合は事前に問い合わせ、間違いのない書類を用意しておきましょう。

口座開設の流れ

口座開設ページを開く

Tradeviewのトップページへ入り、そこから口座開設ページを開いてください。

必要事項を入力する

口座開設ページを開くと、「住所」「氏名」「生年月日」などの個人情報を記載する項目が現れます。 上から順番に答えていけば大丈夫なので、各項目で指定されている部分を記入しましょう。

ここで注意が必要なのが、ページの一番上にある 「取引プラットフォームの選択」です。取引プラットフォームの選択では、簡単に言うと「どの取引ツールを使うか」を選ばなければなりません。

もしILCが目的ならば、「Innovative Liquidity Connector」と明記されているものや、「Cトレーダー」「バイキング」を選択してください。

必要書類を提出する

用意した必要書類に合わせて、書類の項目を選択しましょう。

署名と申請を行う

最後に署名をして申請しますが、 署名はキーボード等で文字を打ち込むことはできません。タッチペンやマウスなどを使用し、直筆のサインをするのと同じように署名しましょう。

署名が済んだら「署名完了ボタン」を押し、左下のチェックボックスにチェックします。すべての項目を確認して、送信ボタンを押せば完了です。

Tradeview (トレードビュー) に関するQ&A

Q:過去に出金トラブルを起こしたことはありますか?

Tradeviewでは、 創業以来2020年4月に至るまで出金トラブルが起こったことはありません。海外FX業者の中でも、とくに安全という評価を得ています。

Q:Tradeviewに悪い評判はありますか?

インターネット上で確認できる限りでは、Tradeviewには「レバレッジが低い」「わかりにくい」といった評判もみえられます。

ただしこれらの評判は、使用した人の感覚という部分も多いので、 「使う人によって評価が分かれる」という程度です

Tradeviewの信用面や安全性という点では、悪い評判をほとんどみえることはありません。これらのことから、Tradeviewは海外FX業者として高い信頼性があり、取引する人の経験値によって多少意見が分かれると考えればよいでしょう。

Q:TradeViewでかかる入金・出金手数料は?

Tradeviewの入出金で発生する手数料を以下の表にまとめました。

Tradeviewの送金手段別の手数料

送金手段

入金手数料

出金手数料

uphold

無料

無料

STICPAY

無料

無料

銀行送金

無料

約3,500円

bitwallet

無料

約100円

Q:TradeViewの取引時間は?

Tradeviewの取引時間は夏時間 (3月第2日曜日~11月第1日曜日) と冬時間 (11月第1日曜日~3月第2日曜日) の2種類にわかれ、 夏・冬でオープン・クローズするタイミングが変化します

夏時間:月曜日の朝6時~土曜日の朝6時

冬時間:月曜日の朝7時~土曜日の朝7時

Q:TradeViewでデモ口座は利用可能?

Tradeviewでは利用する口座タイプを問わず デモ口座が利用できます。

あくまでデモ口座のため手数料も発生しないので、 初心者トレーダーの方はここでトレードの疑似体験をするのがおすすめです

Q:TradeViewで出金拒否・口座凍結が起こった事例はありますか?

Tradeviewは老舗と言えるFX業者であり相当な歴史がありますが、 過去に出金拒否や口座凍結といった出来事はありません

ライセンスにも非常に力を入れている業者なので、今後もそういった事例に遭遇する確率は低いと言えるでしょう。

Q:TradeViewでは日本語サポートがありますか?

Tradeviewには少なくとも5人の日本人スタッフが在籍しており、 24時間体制のサポートデスクによってトラブルを対処してくれるため、より一層安心して利用できます。

ライブチャット・メール・コールバックの3種と問い合わせ方法も充実しているため、気軽に相談が可能です。

Tradeview (トレードビュー) の口コミ・評判・レビュー まとめ

Tradeviewは、創業以来誠実な運営で高い評価を得ている海外FX業者です。海外トレーダーからの信頼はもちろん、日本人口座もCIMAライセンスの対象となることから、多くの日本人もTradeviewで取引を行っています。

約定力・スワップポイントが高いなどのメリットが多いTradeviewですが、その一方で 初心者には取引が難しく、日本語サポートが不十分であるというデメリットも考慮しなければなりません。

Tradeviewでの取引を検討するときは、自分のFX取引経験や投資金額などを考慮して、万全の体制でTradeviewにチャレンジしてみましょう。

評判・口コミ・レビュー
NaN
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
60種
スプレッド
0.2pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
非開示
買い
非開示
※米ドル/円
信頼性でも非常に高い評価!
取り扱い銘柄も豊富で幅広い取引可能!
日本語サポートも24時間対応!
詳しく見る
Tradeview (トレードビュー) に
無料口座開設
Tradeview (トレードビュー) の関連記事

執筆者情報

執筆者情報

海外FX部 | 【外国為替の投資情報】サイト
海外FX部 編集部
情報量圧倒的No,1 - 初心者のための海外FX・外為投資情報の専門サイト【海外FX部】の編集部です。海外FXの始め方や外国為替の買い方、投資のコツを中心にさまざまなコンテンツをお届けしていきます。また、海外FX会社・口座を『人気ランキング』や『ボーナス・キャンペーン』などから比較し、みなさんに本当におすすめの口座をご紹介!

人気ランキング

1
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳細を見る
2
日本語対応の高品質メール・チャットサービスも対応!
いまなら規定量の取引達成で30,000円獲得!
世界的に高機能なツールを採用!
詳細を見る
3
ゼロカットシステムで負債を負うリスクなし!
自動売買ソフトが200種類以上無料公開!
口座タイプが複数あり取引スタイルごとに対応可能
詳細を見る

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.