更新日:2021年02月02日 | 公開日:2020年10月31日

【中上級者おすすめ】XM (エックスエム) の自動売買の使い方から注意点まで細かく解説!

この記事のポイント

XMのEAの設定方法

EAのメリットは手間を省ける点

EAのデメリットは気づいた時には損失を垂れ流している可能性

XMでは EAを使用して取引を行えます。EAには以下のメリットがあります。

運用資金のみしかかからない

手間がかからない

優秀なトレーダーの取引を真似できる

また VPSなどの自動売買を行うための環境も提供しています

しかしEAを使用した自動売買にはデメリットも存在するので注意が必要です。

本記事ではXMの自動売買について紹介していきます。

気になるトピックをタップ!

XM (エックスエム) の「EA」とは?

XMのEAとは一度設定したプログラムをもとにしてPCを起動し続けている限り、常に 自動で取引を行ってくれるシステムのことです。

EAの自動売買のシステムを使うことで、自動的に取引を行ってくれるので、 トレーダーがPCの前に居なくても利益をあげられます

XM (エックスエム) で取引を行うべき理由

海外の特徴であるゼロカットシステムを採用

XMはゼロカットシステムを採用している特徴があります。

ゼロカットシステムとは相場の急変動などによりロスカットが発生し口座残高以上のマイナス損失が発生しても、 口座残高以上のマイナス損失に関してはFX業者が負担してくれる制度です

ゼロカットシステムにより追証が発生しないため、借金を負うリスクがないのでトレーダーは安心して取引を行えます。

国内FX業者でゼロカットシステムを採用しているFX業者は存在しません

そのため借金を負いたくないトレーダーはゼロカットシステムを採用している海外FX業者を利用するのがおすすめです。

無料のVPSが利用可能

VPSとは仮想専用サーバーとも呼ばれているリモートデスクトップサービスです。VPSを利用して自動売買を行うと 自身のPCを24時間稼働させる必要がなくなるのが特徴です。

通常VPSは有料のサービスですが、 XMでは一定の条件を満たすと無料でVPSを利用できます

無料でVPSを利用する条件は以下の通りです。

1

口座残高50万円以上

2

月に5ロット以上の取引実績がある

取引環境がいい

XMは取引環境が良いとの評判が多いのが特徴です。特に約定力が高いためEAなどの自動売買を行うトレーダーにおすすめです。

とても高い約定力を発揮するため約定拒否やスリッページが発生するリスクを低く抑えられます

約定拒否やスリッページがほとんど発生しないため希望通りの価格で注文が通り無駄な損失を抑えられます。

EAなどの自動売買を行うトレーダーに取って 約定力の高さは非常に重要な要素になるため、自動売買をメインに行うトレーダーにXMはおすすめです。

正しいEAの選び方

過去の成績は良好か

優秀なEAを選ぶには過去の成績を確認する必要があります。 過去成績を確認すると選択したEAが優秀かどうかを判断する材料になります

判断材料になる過去成績は以下の通りです。

1

プロフィットファクター

2

最大ドローダウン

3

稼働時間+取引回数

過去成績はネット上で確認できるため必ず確認して正しいEAを選択するのが重要です。

過去成績で見ておきたい3つの要素① プロフィットファクター

プロフィットファクターとは、 総利益が総損失の何倍にあたるのかを示したデータのを指します期待値と呼ばれる場合もあります。

プロフィットファクターの数値が1.0以上の場合は利益が出ている状態を表しており、1.0以下の場合は損失が出ている状態を表しています。

基本的にプロフィットファクターの数値は高い方が利益が出ている状態を指しているのですが 異常に数値が高い場合は意図的に数値を高くしている可能性もあるため注意が必要です。

プロフィットファクターの数値が1.5~2.5程度のEAが優秀なEAとしての1つの目安になります。

過去成績で見ておきたい3つの要素② 最大ドローダウン

最大ドローダウンとは、 一定の期間内での累計損益が最も悪かった時の割合を指している数値です

最大ドローダウンの数値が大きい場合は資産を減らしてしまうリスクが高い状態を表しており、数値が小さい場合は資産を減らしてしまうリスクが低い状態を表しています。

基本的に最大ドローダウンの数値が小さいEAが優秀なため、 最大ドローダウンが10%以下のEAが優秀とされています。

過去成績で見ておきたい3つの要素③ 稼働期間及び取引回数

稼働期間及び取引回数は EAの信頼性確認するのに最も重要な項目です。

なぜなら短い稼働期間や少ない取引回数のEAでは、プロフィットファクターや最大ドローダウンの数値が高くなってしまう場合があるからです。

そのため信頼性の高いEAを選択するには、 6ヶ月以上の稼働期間と100回以上の取引回数を併せ持つEAを選択するのが重要になってきます

事前テストは可能か

事前テストが可能かどうかも優秀なEAを選択するのに重要になってきます。 フォワードテストと呼ばれる事前テストが優秀なEAかどうかの判断材料に活用できます

フォワードテストとは選択したEAのリアルタイムでの運用成績を指しており、フォワードテストを確認すると選択したEAでのリアルタイムの損益を確認できます。

優秀なEAの目安になるフォワードテストの結果は、 リアルタイムで安定して利益を出し続けている結果を残しているEAです。

XMの取引環境に適しているか

選択したEAがXMの取引環境に適しているかを確認するのも重要です。

選択したEAが必ずしも利用しているFX業者の取引環境に適している訳ではないため、まずEAがどのFX業者の取引環境に適しているかを確認する必要があります。

選択したEAが利用しているFX業者の取引環境に適していなかった場合、 通貨ペアのスプレッドの違いや約定力の違いなどの理由で優秀なEAであろうが損失を発生させる原因になります

そのため必要以上の損失を発生させないためにも利用しているFX業者の取引環境に適したEAを選択するのが重要です。

XM (エックスエム) 「EA」の基本情報

EAを使用するには以下のものを用意する必要があります。

1

MT4などの取引プラットフォーム

2

使用するEAのプログラム

この2つを用意することで、EAを使って取引を行えます

EAにはリスクもあるので注意しましょう。

EAのリスク

損失の発覚が遅れる

XM (エックスエム) の「EA」 : 設定方法

「GogoJungle」でEAを購入する

「GogoJungle」というサイトでEAを購入できます

1

「GogoJungle」にアクセス

2

「システムトレード」のタブをクリック

3

「システムトレードFX」をクリック

表示されたEAの中から、 自分にあったEAを購入できます

おすすめの検索方法

自分にあったEAを見つけるには、以下のように検索をかけることで見つけられると思います。

収益額

プロフィットファクター

収益率

リスクリターン率

勝率

利用者数

この中でおすすめなのは、 利用者数で検索をかけることです。

なぜなら利用者数が多ければ多いほどたくさんのトレーダーが信頼し使用していることの証明になるからです。

また 実績があるからこそ利用者数が多いとも考えられます

他にもバックテストの結果が長いEAも実績があると判断できるのでおすすめです。

個人のブログやTwitterでの口コミを参考にする

個人のブログやTwitterでの口コミを参考にするのもおすすめです

なぜなら実際にEAを運用した結果や、使用した感想を投稿しているからです。

EAを販売しているサイトでは、悪い情報は極力サイトに載せない傾向があるため、 リアルな感想を公開している個人のブログなどは、非常に有益な情報になります

XMの口座を開設する

XMでEAを使用するためには口座開設する必要があります

XMには以下の3つの口座タイプがあるので、自分にあった口座を開設しましょう。

スタンダード口座

マイクロ口座

ZERO口座

MT4をインストールする

1

公式サイトのプラットフォームのページにアクセス

2

使用するMT4を選択

3

選択後表示されたページでダウンロードをクリック

MT4のインストールは以上の手順でダウンロードができます。

その後 ダウンロードしたファイルを展開することで、インストールができます

MT4の指定フォルダに設置する

EAを使用するには、 指定のフォルダに設置する必要があります

1

MT4上部の「ファイル」をクリック

2

「データフォルダを開く」をクリック

3

「MQL4」を選択

4

「Experts」を選択

5

開いたフォルダの中に、使用したいEAを設置

以上の手順でEAを設置できます。

MT4へ反映させるには、 MT4を一度再起動する必要があるので注意が必要です

反映されているかは、ツールバーにある「ナビゲーター」を選択することで確認できます。

自動売買設定を有効にする

1

「ファイル」をクリック

2

「新規チャート」をクリック

3

「EAを使用したい通貨ペア」を選択

4

チャートが表示されたら「時間軸」を設定

5

ツールバーにある「自動売買ボタン」をクリック

以上の手順で、EAを有効化できます。

有効化できているかの確認は、自動売買 ボタンの色でできます。

緑 : 有効 (オンの状態)

赤 : 無効 (オフの状態)

自動売買設定をチャートに設定する

1

ツールバーの「ナビゲーター」をクリック

2

EAをチャート上にドラッグ&ドロップ

3

設定用の画面が表示されるので、「全般」のタブをクリック

4

「自動売買を許可する」にチェック

5

「DLLの使用を許可する」にチェック

6

「OK」をクリック

以上の手順で自動売買をチャートに設定できます。

チャート上の右上にある顔の アイコンが「笑顔」だと自動売買が可能な状態を表しています。

稼働させる

自動売買の設定と有効化が完了し稼働していることを確認した後は、放置するだけで自動的に取引を行ってくれます。

稼働させる時の注意点として、 自動取引を行っている間はPCを常に起動しておく必要があります

PCが起動していない状態だと、自動売買は終了してしまうので注意が必要です。

XMのVPSサービス

XMのVPSサービスを利用することで、 PCを常に起動させておかなくても自動売買を続けられます

VPSサービスとは、仮想専用サーバーのことを指し、このサービスを利用することにより外部のパソコンが24時間自分のPCの代わりに取引を行ってくれます。

VPSサービスを使うメリットは以下のものがあります。

自分のPCを切っても取引可能

VPSサーバーが安定して稼働しているため、取引失敗の心配がない

基本的にVPSサービスは有料での提供されていますが、 XMは条件を満たすことで、無料で使用できます

条件は以下の通りです。

1

月に5ロット (50万通貨) 以上の取引

2

口座の証拠金が5,000ドル以上

設定の変更方法

1

チャート上で右クリック

2

「エキスパートアドバイザー」をクリック

3

「設定」をクリック

4

設定画面で変更したい項目の設定を変更

5

「OK」をクリック

以上の手順で設定を変更できます。

XM (エックスエム) の「EA」のメリット

優秀なトレーダーを真似できる

EAの中には一流投資家と呼ばれるような、 優秀なトレーダーのコピートレードにプログラムされているものも存在します。

このようなプログラムのEAを使用することで、優秀なトレーダーのような取引を再現できるので、 自身の知識や経験に関係なく利益をあげることもできます

手間がかからない

EAは設定さえ完了してしまえば、 基本的に放置しても取引を行い続けるので手間がかかりません。

しかし放置できるからといって、 日々の確認を怠ってしまうと損失を見逃すことになってしまいます

手が空いた時など、ちょっとした隙間時間に様子を見る程度の確認が必要なだけで基本的には放置で問題ないです。

初心者でも結果を出しやすい

EAには トレードスタイルやロット数などが既にプログラムされているため、自身の知識や経験に関係なくある程度の取引を行えます。

優秀なトレーダーのコピートレードにあたるようなEAを使用することで、 初心者でも簡単に利益をあげられます

時間と心に余裕ができる

EAを使用した自動売買の場合、 基本的に放置しておいても取引が行われるため、時間に余裕ができます。

また通常の取引のようにチャートと向かい合って値動きに一喜一憂することも必要ないので、 メンタル的な面でも余裕ができます

リスクや損失などを計算してから判断できる

EAの中には以下のような 性能に関する説明が書いているものがあります。

最大ドローダウン

プロフィットファクター

このような情報を使うことで、 事前にリスクや損失などを計算してEAを使用するか判断ができます

機械的な損切りが可能

EAを使用することで、 機械的な損切りを行えます

EAは損切りのタイミングなどをプログラムできるので、損切りのタイミングが来たら機械的に自動で損切りを行います。

これにより 感情に左右されて損切りのタイミングが遅れたり、見誤ったりすることを防げます

運用資金以外は無料で試せる

運用資金以外は無料でEAを試せます。

VPSサービスを利用する場合は、 基本的に有料になるので費用が発生しますが、 XMでは条件を満たすことでVPSを無料で使用できます

無料の条件は以下の通りです。

1

月に5ロット (50万通貨) 以上の取引

2

口座の証拠金が5,000ドル以上

XM (エックスエム) の「EA」のリスク (デメリット)

損失に気づくのが遅れる

EAを利用することのデメリットは以下のものがあります。

損失にきずくのが遅れる

EAを使った自動売買は放置していても勝手に取引を行ってくれる便利な取引方法です。

しかし便利な反面、 放置することに慣れてしまい取引の結果の確認を怠ると、損失に気づくのが遅れてしまいます

事前に損切りのタイミングなどをプログラムしていても、損失が積み重なれば予期せぬ多額の損失額にまで膨れがる可能性があります。

そのため完全に放置するのではなく、 定期的に取引結果を確認する必要があります

分析力や知識などの成長に結びつかない

EAを使った自動売買の取引ではプログラム通りに勝手に取引を行うため、 自身の知識や経験に関係なく取引を行えます

しかし自動売買では実際にトレーダー自身が取引を行うわけではないので、知識も経験も積むことはできません。

自動売買で空いた時間に本などで知識を得ることはできますが、実際にトレードを行わなければ、以下のような知識は得られません。

市場が活発に動く時間帯

実際に一日に動く値幅

通貨ごとの動き

そのため EAを使った自動売買では、トレーダーとして成長はできないので注意が必要です

EAは玉石混交

EAの種類は非常に多く、良いものも悪いものも数多く含まれています

そのため利益をあげられる優秀なEAを見つけることは困難です。

トレードスタイル

通貨ペア

時間足

など、プログラム次第で無数にEAを作れるからです。

数あるEAの中で自分に合ったEAを見つけるには時間がかかりすぎるため、トレーダーの中には複数のEAを組み合わせて 自分なりのポートフォリオを作る人も居ます。

勝ち続けるEAはない

常に勝ち続けるEAは存在しません

なぜなら相場は常に変動しているため、EAにプログラムされている取引方法では、相場と合わなくなり損失が発生することがあるためです。

そのため定期的な EAの見直しが必要になり、相場とあっていないのならば、EAの切り替えを検討するなど対策を取る必要があります。

XM (エックスエム) の「EA」 : 評判

TwitterなどのSNSや個人のブログで、XMのEAについて検索をかけてみると利益をあげて喜んでいる人も、損失が発生して悲しんでいる人もいて様々な人の意見が出てきます。

無料のVPSを利用できること

多種多様なEAを利用できること

以上のようなことに関して、 好意的な意見が多く見受けられました

しかし中にはEAを使ったのに損失が出たなどの消極的な意見の人も居ました。

ただ消極的な意見の人の多くは、 EAのみを利用しFXに関しての知識や経験がない人が多い印象です

EAを使用しプロトレーダーと同じ取引を行えるから 利益が必ず出ると勘違いしていた結果、損失が発生している人などに多かったです。

好意的な意見の人の多くは、 相場の変化に柔軟に対応した結果利益をあげている人が多かったです。

XM (エックスエム) の「EA」をおすすめする人

XMのEAは、 相場の変化に柔軟に対応できる人におすすめです

なぜなら 相場は常に変動しているため、相場に合ったEAを適宜選択できる人にはおすすめだからです。

また初心者のトレーダーでプロの取引を参考にしてみたいなど、 勉強目的で使用する場合もおすすめできます。

この場合は実際に取引を行うわけではないため、あくまで参考程度に考えておく必要があります。

XM (エックスエム) の「EA」をおすすめしない人

XMのEAは 利用していれば利益が出ると勘違いしている人にはおすすめできません

EAを使用してプロトレーダーと同じ取引を行うから利益が出ると勘違いしていると、相場の変動などにより EAと相場が合わなくなると、思わぬ損失が発生してしまいます。

そのためこのような人にはおすすめできません。

XM (エックスエム) は自動売買に向いている?

XMは自動売買に向いています。

なぜなら自動売買を行うトレーダーにとって最も重要な要素は約定力の高さだからです。

EAのデメリットの1つに想定外の事態に対応できないといった特徴があります。約定力が低いFX業者を利用してしまうと、 頻繁に約定拒否やスリッページが発生してしまいEAが対応できず損失ばかりを発生させてしまうリスクがあります

そのため約定力の高いFX業者を利用し約定拒否やスリッページ発生のリスクを抑えるのが重要になってきます。

XMは業界トップレベルの約定力の高さを誇っているFX業者のため、約定拒否やスリッページがほとんど発生しないのが特徴です。

そのため自動売買を行うトレーダーにXMはおすすめのFX業者です。

検証を行うならマイクロ口座

選択したEAの検証を行うならマイクロ口座を利用するのがおすすめです。

実際に資金を使わずにEAの検証が行えるデモ口座で検証を行うトレーダーも多くいますが、デモ口座でEAの検証を行うのはおすすめできません。

なぜなら デモ口座はお試し用の口座のためリアル口座とスプレッドや約定力などの取引環境が異なる場合が多いからです。リアル口座と取引環境と異なる取引環境で検証を行っても意味がないので注意が必要です。

そのため少額の資金で取引を行えるマイクロ口座を利用して、 実際の取引環境でEAを検証を行い利益を安定して獲得できるか確認するのがおすすめです

実際に運用するならZERO口座

実際に自動売買を運用するのであればスタンダード口座よりもZERO口座で運用するのがおすすめです。

ZERO口座はスタンダード口座に比べスプレッドが狭く設定されているため自動売買の運用におすすめです

しかしZERO口座は取引を行うごとに取引手数料が発生するため注意が必要です。

ZERO口座で取引を行った際に発生する取引手数料は決済後に引かれるため、取引によって発生した損益と手元に残った資金に差が発生してしまいます。

しかし ZERO口座の取引手数料は経費として計上ができるため、確定申告の際に正しく申告を行うと還付されるため気にする必要はありません。

XM (エックスエム) の自動売買ツール まとめ

評判・口コミ・レビュー
4.16
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
57種
スプレッド
1.6pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
-4.15
買い
-1.75
※米ドル/円
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳しく見る
XM (エックスエム) に
無料口座開設

XMでは EAを使用した取引を行えます

EAには以下のようなメリットがあります。

運用資金のみしかかからない

手間がかからない

優秀なトレーダーの取引を真似できる

しかしその反面、損失の発見が遅れたり、自分の手を使ってトレードしているわけではないので、自分でFX取引を行うことができないといったデメリットもあり注意が必要です。

そのためEAで利益を狙うには、 FXに関しての知識も少なからず必要になってきます。

執筆者情報

執筆者情報

海外FX部 | 【外国為替の投資情報】サイト
海外FX部 編集部
情報量圧倒的No,1 - 初心者のための海外FX・外為投資情報の専門サイト【海外FX部】の編集部です。海外FXの始め方や外国為替の買い方、投資のコツを中心にさまざまなコンテンツをお届けしていきます。また、海外FX会社・口座を『人気ランキング』や『ボーナス・キャンペーン』などから比較し、みなさんに本当におすすめの口座をご紹介!

人気ランキング

1
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳細を見る
2
日本語対応の高品質メール・チャットサービスも対応!
いまなら規定量の取引達成で30,000円獲得!
世界的に高機能なツールを採用!
詳細を見る
3
ゼロカットシステムで負債を負うリスクなし!
自動売買ソフトが200種類以上無料公開!
口座タイプが複数あり取引スタイルごとに対応可能
詳細を見る

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.