更新日:2021年02月02日 | 公開日:2020年09月03日

XM (エックスエム) の通貨ペアを紹介!おすすめ通貨もピックアップ

この記事のポイント

XMの通貨ペアやCFD銘柄の数や種類について

おすすめの通貨ペア

CFD銘柄について

こちらではXMの通貨ペアやCFDの銘柄やその数などについて、くわしくご紹介していきます。

安定している通貨やリスクが少なめの通貨など、どんな通貨を選んだらいいのかも解説していますので、 FX初心者の人やどの通貨ペアを選べばいいのか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください

またCFD銘柄についても、1つずつしっかりと解説しています。 CFDに興味があるという人にもおすすめです

XM (エックスエム) の通貨ペアやCFD銘柄の数と種類

こちらではXMの通貨ペアとCFD銘柄の数や種類について、くわしく解説していきます。まず通貨ペアの数ですが、 FXに関しては57種類と豊富です。

また コモディティーは8種類 エネルギーは5種類 貴金属は4種類 株価指数は18種類となっています。以前は仮想通貨も取り扱っていましたが、現在は停止中です。

XMで圧倒的に銘柄の数が多いのはFXですが、 海外のFX会社なため円との通貨ペアは少なめとなっています。ドル、ポンド、ユーロなどの通貨ペアが多いです。

ただし通貨ペアの数をみてもわかるとおり、通貨ペア自体は多くまた円との通貨ペアがまったく無いわけではありません。 そのため初心者から上級者まで、使いやすいFX会社といえるでしょう

XM (エックスエム) のおすすめの通貨ペアと選び方

こちらではXMでFX取引を行うにあたって、おすすめの通貨ペアとその選び方についてくわしく解説していきます。ど の通貨ペアを選んだらいいのかで迷っている人はぜひ参考にしてみてください

リスクの少ない通貨ペアとは

まず通貨ペアを選ぶ際に、おすすめしたいのは リスクの少ない通貨ペアです。リスクの少ない通貨ペアは安定感があり、初心者はもちろん上級者にもおすすめできます。

リスクが少ない通貨ペアの条件は、流通量が多い通貨です。

流通量が多いのは、それだけ多くのトレーダーが取引を行っているということで、 そのため急な値動きが少ないです

通貨でいうと、米ドルユーロなどが該当します。またこの3つはFXを少しでも取引したことがある人であれば、親しみのある通貨といえるのではないでしょうか。

安定しているメジャー通貨

流通量が多い通貨として、米ドルや円、ユーロをあげましたが、こちらでは各通貨に関してくわしくその特徴をご紹介していきます。

とくに FX初心者で各通貨の特徴がわからず、どれを選んだらいいのか迷っているという人はぜひ参考にしてみてください。

米ドル

米ドルは、世界中で使われている通貨の1つです。基軸通貨ともいわれています。基軸通貨の定義は3つあり「 各国通貨の価格基準となる」、「 国際的な貿易・資本取引の決済に使用される」、「 各国の政府に外貨準備として保有される」です。この3つを満たすと基軸通貨としてみなされます。

米ドルは戦後、金と交換ができる唯一の通貨でした。また通貨別にみた際の売買高でも、 世界シェアの50%をしめています。米ドルは圧倒的なメジャー通貨です。

ユーロ

つづいてユーロについてみていきましょう。ユーロはおもにヨーロッパで使われている通貨の1つです。また EU加盟国の経済状況をもろに受けるというのも特徴の1つといえます。

ユーロが誕生したのは1999年でわりと最近できた通貨なのですが、米ドルにつづいて世界第2位の流通量です。そのため米ドルの値動きがあやしくなった際に、ユーロが次に購入されるというパターンが多いです。

円については自国の通貨であるため、なじみもあり知っている人も多いでしょう。ちなみに円は、米ドル、ユーロの次に流通している 世界第3位の通貨となります

こちらは意外と感じる人も多いのではないでしょうか。また円は、 有事の円買いともいい海外の投資家やトレーダーからは避難通貨として扱われている側面もあります。そのため世界で戦争や災害などによる経済打撃が起きたときに、円買いに走り円高が進むのです。

ハイリスクハイリターンな値動きの激しい通貨

XMでのおすすめの通貨ペアとして、 ハイリスクハイリターンな値動きの激しい通貨もありますのでぜひチェックしてみてください。安定志向の人には向きませんが、より素早く取引を終わらせたいという人には向いている通貨です。

ポンド

ポンドはおもにイギリス、レバノン、エジプト、スーダン、シリアなどで使われています。しかしその値動きの激しさから「殺人通貨」とも言われており、ハイリスクハイリターンな通貨として有名です。

また先ほどご紹介した米ドル、ユーロ、円に比べると、はるかに流通量が少ない通貨でもあります。

1992年にヘッジファンドによって、急激にポンドの値が下がるといった事件がありました。

またユーロとポンドの値動きは似ているともいわれています。そのためトレンドも出やすく、運がよければ大きな利益を出すことが可能です。

カナダドル

つづいてはカナダドルについてみていきましょう。カナダドルは、別名で「資源通貨」といわれています。

カナダは国土が広く、金属やエネルギー、天然ガスや石油、鉱物、森林資源などに恵まれているためです。また金利が高いのも特徴といえるでしょう。さらにアメリカと隣接しているため、 カナダドルは米ドルの影響を受けやすいといわれています

豪ドル

豪ドルはおもにオーストラリアで使われている通貨です。オーストラリア以外では、マイナーですがキリバスやツバル、ナウルなどでも使われています。

豪ドルはカナダと一緒で「資源通貨」といわれています。オーストラリアも、石炭や鉱物石など豊富な資源を持っているためです。

またオーストラリアのおもな貿易国は中国です。そのため豪ドルは、高石仏や石炭の価格だけでなく、 中国の経済影響を受けやすいといわれています

スワップ狙いにおすすめの高金利通貨

こちらではスワップ狙いにおすすめの高金利通貨をご紹介していきます。スワップポイントはいわば金利です。 発展途上国などが自国の通貨を買ってほしいという理由から、あえてスワップポイントを高く設定しているのです

こういった国の通貨を狙うのもおすすめとなっています。

トルコリラ

トルコリラはの政策金利は16.5%です。以前は20%に設定していた時期があるため、それに比べると現在は少し下がりました。しかしそれでも、 高金利通貨の中では群をぬいて高い金利といえます

スワップポイントを稼ぎやすいトルコリラですが、 高いインフレ率などによって金利のみを狙った取引で利益を得るのは、以前に比べ難しい状態といえるでしょう

南アフリカランド

つづいて南アフリカランドの政策金利をご紹介します。こちらは6.5%とトルコリラに比べると10%も低い設定です。しかし南アフリカはこれから成長が期待されている国の1つといわれています。

また現在の政策金利である6.5%に対して、 当面は金利を下げないといった発表を政府が出しています。ただ注意したいのは、南アフリカのおもな貿易国は中国です。そのため 中国の経済状況に左右されるというリスクがあるでしょう

メキシコペソ

メキシコペソの政策金利は7.5%とトルコリラには到底およびませんが、南アフリカランドよりも高いです。またメキシコペソの特徴として、 値動きが少ないため長期的な投資に向いています

スワップポイントを狙って取引をしたいけれど、激しい値動きが怖いという初心者にもおすすめです。さらにメキシコペソはおもにメキシコで使われているため、隣国である アメリカの経済影響を受けやすいといわれています

ロシアルーブル

ロシアルーブルはおもにロシアで使われており、そのほかではマイナーですが南オセチア、ルガンスク人民共和国などで使われています。

ロシアは、南アフリカランド同様にこれから発展することが期待されている国です。政策金利は6.5%と南アフリカランドと同じ設定となっています。またロシアの国土は世界一とされており、原油が豊富なことでも有名です。そのため ロシアルーブルは原油の価格に影響されやすいといわれています

おすすめの通貨ペア

こちらではおすすめの通貨ペアを3つご紹介していきます。各通貨の特徴はわかっても、売買を行うには通貨ペアを選ばなくてはなりません。 通貨ペアで悩んでいる人は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

米ドル円

まず安定の通貨ペアといえば、米ドル円でしょう。実際に米ドル円はなじみもあることから、 日本でもっとも取引量が多い通貨ペアとされています

また経済状況が把握しやすいアメリカと、自国の組み合わせのためトレンドを追いやすいのも特徴です。初心者にはもちろん、 デイトレード、短期取引、長期取引のどれにも適した通貨ペアといえます。とくに初心者でどの通貨ペアを選択するか悩んでいる場合は、まずは米ドル円で試してみるといいかもしれません。

ポンド円

つづいてポンド円についてみていきましょう。ポンドは先述したとおり「殺人通貨」といわれるほど値動きが激しい通貨です。

そのためポンド円の値動きも基本的には、激しいといわれています。大きい値動きの場合は、 1日の中で3円程度動くこともあるといわれています。これは言い換えるとスキャルピングに向いている通貨ペアといえます。

トルコリラ円

トルコリラ円の通貨ペアはスワップポイントを狙いたい人におすすめです。またトルコリラは政策金利が高いうえに、レートは低いため少ない証拠金で取引ができます。

ただしトルコリラ自体が発展途上であることから、急激に通貨の価格が暴落することもあるため、注意してください

XM (エックスエム) のMT4での通貨ペアの表示方法

こちらではXMで使えるMT4の通貨ペアの表示方法についてご紹介します。さまざまな表示方法がありますので、自分が使いやすいものを見つけてください。

一括で表示させる

XMのMT4で通貨ペアリストを一括で表示させるには、まず気配値表示からどこでもいいので通貨ペアにマウスをあわせて、右クリックしてください。すると上記画面が出ますので、すべて表示をクリックします。 これにより一括ですべての通貨ペアが表示されるようになりますので、試してみてください。

通貨ペアを選んで表示させる

つづいて通貨ペアを選んで表示させたい場合は、気配値表示の中から 通貨ペア上にマウスをあわせて右クリックします。その中から通貨ペアを選択しましょう。

すると別ウィンドウで通貨ペアリストが開きますので、こちらから表示させたい通貨ペアを選択して画面右上の表示ボタンをクリックします。

これまで表示していた通貨ペアを 非表示にしたい場合も、こちらの非表示ボタンから切り替えが可能です

口座タイプごとに通貨ペアが異なる点に注意

XMで通貨ペアを表示する場合、口座タイプごとに選べる通貨ペアが異なる場合もあります。

・口座タイプごとの名称の違い
XMの口座タイプには「スタンダード」「マイクロ」「ゼロ」の3種類があります。口座タイプごとの名称の違いについてくわしくみていきましょう。

まずスタンダード口座の場合は「EURHKD」のように通貨ペアのあとに なんの文字も表示されないのが特徴です。

つづいてマイクロ口座ですが「EURDKDmicro」といったかたちで、 通貨ペアのうしろに「micro」の文字がかならずつきます。ただしマイクロ口座の中にはスタンダード口座の通貨ペアも混じっているため間違えないようにしましょう。

ゼロ口座は「EURHKD.」のように 通貨ペアのうしろにコロンがつくのが特徴です。ゼロ口座の場合も、スタンダードの通貨ペアが混じっているため注意してください。

XM (エックスエム) の通貨ペアに関するまとめ

評判・口コミ・レビュー
4.16
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
57種
スプレッド
1.6pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
-4.15
買い
-1.75
※米ドル/円
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳しく見る
XM (エックスエム) に
無料口座開設

XMの通貨ペアについてご紹介しましたが、 FX初心者であれば流通量の多い、米ドル、ユーロ、円などの通貨は安定感がありおすすめです。

またスワップポイントを狙うのであれば、トルコリラ南アフリカランドメキシコペソなども人気があります。

ポンドもおすすめですが、 値動きの激しさには注意が必要でしょう。さまざまな通貨ペアの中から、自分にあったものを探してみてください。

執筆者情報

執筆者情報

海外FX部 | 【外国為替の投資情報】サイト
海外FX部 編集部
情報量圧倒的No,1 - 初心者のための海外FX・外為投資情報の専門サイト【海外FX部】の編集部です。海外FXの始め方や外国為替の買い方、投資のコツを中心にさまざまなコンテンツをお届けしていきます。また、海外FX会社・口座を『人気ランキング』や『ボーナス・キャンペーン』などから比較し、みなさんに本当におすすめの口座をご紹介!

人気ランキング

1
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳細を見る
2
日本語対応の高品質メール・チャットサービスも対応!
いまなら規定量の取引達成で30,000円獲得!
世界的に高機能なツールを採用!
詳細を見る
3
ゼロカットシステムで負債を負うリスクなし!
自動売買ソフトが200種類以上無料公開!
口座タイプが複数あり取引スタイルごとに対応可能
詳細を見る

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.