更新日:2021年02月25日 | 公開日:2020年09月30日

XM (エックスエム) の銀行入金方法から手数料や可能な時間までまとめて解説!

この記事のポイント

XMの入金は銀行入金 (国内銀行送金) がおすすめ

銀行入金 (国内銀行送金) のメリットは?

銀行入金 (国内銀行送金) 時の注意点を紹介

ある程度FXに慣れた方など海外FX業者の利用を考えているという方も多いようです。

海外FX業者の特徴として、高いレバレッジMT4・MT5を利用できるなど、国内FX業者にはない魅力があります。

同時に最も気になるのがサポートや入出金の方法ではないでしょうか。特に 入出金方法は国内のFX業者と比べて大きく異なります

今回は海外FX業者の中でも人気の高い業者の1つ「XM」の入金方法について、徹底解説していきます。

XMの関連記事一覧

-

気になるトピックをタップ!

XM (エックスエム) の銀行入金 (国内銀行送金) を利用するメリット

穏やかに笑う男性

XMの入金方法でおすすめなのが銀行入金です。銀行入金の方法・メリットについてご紹介します。

入金方法の比較

XMでは銀行入金 (国内銀行送金)クレジットカード (デビットカード) 入金bitwallet入金STICPAY入金BXONE入金の5種類の方法が用意されています。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

それぞれの入金方法比較

入金方法

入金手数料

口座反映時間

最低入金額

国内銀行送金

無料

30分~1時間

1万円

クレジットカード・デビットカード入金

無料

即時反映

500円

bitwallet

手数料

即時反映

500円

STICPAY

手数料

即時反映

500円

BXONE

手数料

即時反映

500円

クレジットカードを用いた入金について

VISAまたはJCBカードのみの取り扱いとなり、JCBの場合最低入金額は1万円以上となります。また入金額の上限はVISAが無制限 (カードのご利用額上限)、JCBが100万円 (1ヶ月間の合計入金額) です。

この中で最もおすすめなのが国内銀行送金で、 約65%のXMユーザーが国内銀行送金を利用しています

国内銀行送金が人気な理由について解説していきます。

国内銀行口座を持っていれば誰でも使える

クレジットカードはVISA・JCBのみなため持っていなければ新たに作る必要があります。しかし銀行入金は 国内銀行口座を持っていれば誰でも利用可能です

特に対応不可の銀行も無く、ネットバンキングにも対応しています。

1万円以上の入金なら入金手数料が無料

1万円以上の入金にかかる手数料は、金融機関側で徴収する振込手数料 (0~888円)のみで、 XM側に手数料を支払う必要はありません

基本的に最低入金額は1万円ですが、実際は1万円未満の送金も可能です。

しかし1万円未満で送金する場合、980円 (決済代行会社によっては1,500円)の 入金手数料が発生します。

仮に5,000円の入金とすると、手数料が1,500円だった場合XM口座に実際に入金されるのは差額の3,500円 ( + 金融機関側に支払う手数料) となります。

入金から最短30分で反映

通常金融機関の営業時間内 (平日9時~15時) の送金であれば 最短30分、遅くても1時間以内に反映されます

ただし 営業時間ギリギリでの入金 100万円を超える高額の入金などは、着金に時間がかかる場合があるため注意が必要です。余裕を持って入金するようにしましょう。

営業時間外の入金に関してはXMの翌営業日 (9時~10時) の反映となります。

入出金ルートが簡単

国内銀行送金にすることで入出金ルートをシンプルにできます。

XMでは出金は入金方法と同様である必要があり、国内銀行送金であれば出金は銀行への送金、クレジットカードであればクレジットカードへの送金となります。

注意すべきは トレードでの収益分は銀行送金のみという点です。入金分と利益分全てを出金する場合、国内銀行入金以外は入出金先が異なってしまう為、やや不便に感じるかもしれません。

入金額以外に利益額を出金できるのは銀行送金のみ

先述のように、 入金分と利益分をまとめて出金できるのは銀行送金のみです。

例えば1万円をクレジットカードで入金、利益が5,000円だとしましょう。トータル1万5,000円を引き出すとすると、入金額の1万円はカードで、利益分の5,000円は銀行送金となるわけです。

また着金タイミングも異なり、クレジットカードへの着金に 最大2ヶ月程度かかる場合もあります

出金先と着金タイミングがバラバラではお金を管理するのに不便です。国内銀行送金にすることでまとめて出金できる点は大きなメリットといえるでしょう。

XM (エックスエム) で銀行入金 (国内銀行送金) する際の注意点

思い悩む男性

入金方法を誤ってしまうと後々大変です。銀行入金する際の注意点を確認しておきましょう。

振込人名義には必ず口座番号を含める

XMでは 振込人名義に必ずXMの口座番号を含めるようにしましょう

例えば口座名義が「HANAKO YAMADA (山田花子) 」で入金先のMT口座番号が「01234567」だとすると、XMでの振込人名義は「HANAKO YAMADA 01234567」となります。

XMではこの情報とMT口座番号で機械的に処理されます。 誤入力は入金遅延などの原因となるので注意が必要です。

万が一間違ってしまった場合は、オフィシャルサイトにあるXMサポートデスクに問い合わせるようにしましょう。

同じ入金方法と出金方法でなくてはならない

先述のように 入金方法と出金方法は同じでなければなりません

仮に入金方法がクレジットカードであればクレジットカードへの出金、bitwalletであればbitwalletへの出金となります。

ただしJCBカードは出金に対応していません。JCBカードでの入金の場合、出金先は国内の金融機関となります。

これはマネーロンダリングを防ぐ為に設けているシステムで、多くの海外FX業者が同様のシステムを設けています。

なお国内銀行送金の場合、入金に利用した金融機関と出金先が同一である必要はありませんが、 口座名義は同一でなければなりません。

少額入金には手数料がかかる

XMの魅力の1つが最低500円から入金できることです。しかし先述のように国内銀行送金であれば 1万円未満の入金は980円の (決済代行会社によっては1,500円) の入金手数料が発生します

したがって5,000円を2回入金しようと考えているなら、まとめて1万円で入金するか、クレジットカードやbitwalletなど別の方法での入金がおすすめです。

海外からの送金に対応していない銀行

XMからの海外送金が受付できない金融機関もあります。以下の金融機関はXMからの送金を受け取れません。

ゆうちょ銀行

新生銀行

ジャパンネット銀行

セブン銀行

じぶん銀行

またそれ以外にも SWIFTコードが無い銀行は海外からの送金を受け取れないため注意が必要です

上記5行やSWFITコードが無い金融機関から入金する場合は、出金先を別途用意しておく必要があります。

XM (エックスエム) の銀行入金 (国内銀行送金) の手順

女性が指を指している画像

ここからはXMでの銀行入金方法の手順を具体的に説明します。

入金ページを開く

まず「XM会員ページにログイン」のボタンからXMのサイトにアクセスします。

次にお持ちのログインID・パスワードで会員ページにログインします

入金ページを開く

「Local Bank Transfer」を選択する

XM会員ページにログインができたら、会員ページトップから「資金を入金する」を選択しましょう。

入金するボタンをクリック

入金方法の一覧が表示されたら「Local Bank Transfer」を選択します。

入金方法一覧からクリック

表示される内容を確認する

表示される銀行振込情報を確認します。しばしば銀行振込情報は更新されます。 よく確認するようにしましょう

銀行振込情報

指定の銀行口座に振り込む

金融機関のサイトから表示されているXMの口座へ振り込みます。

この際に 「振込先銀行名などの情報に相違ないか」「振込名義人 + MT4/MT5口座番号になっているか」の2点を必ず確認するようにしましょう

XM (エックスエム) の銀行入金に関するまとめ

XMは国内FX業者と比べて様々な入金方法があり、どの入金方法が良いか迷ってしまうかもしれません。

1番のおすすめは 入出金どちらも行える銀行入金 (国内銀行送金)です。

国内銀行送金なら1度の工程で出金でき手続きがシンプルです。お金の管理もしやすく、国内FX業者利用の経験があればクイック入金・出金と同様の感覚で利用できます。

XMでは出金時のことも考えて入金することが重要です

評判・口コミ・レビュー
4.16
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
57種
スプレッド
1.6pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
-4.15
買い
-1.75
※米ドル/円
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳しく見る
XM (エックスエム) に
無料口座開設
XMの関連記事一覧

-

執筆者情報

執筆者情報

海外FX部 | 【外国為替の投資情報】サイト
海外FX部 編集部
情報量圧倒的No,1 - 初心者のための海外FX・外為投資情報の専門サイト【海外FX部】の編集部です。海外FXの始め方や外国為替の買い方、投資のコツを中心にさまざまなコンテンツをお届けしていきます。また、海外FX会社・口座を『人気ランキング』や『ボーナス・キャンペーン』などから比較し、みなさんに本当におすすめの口座をご紹介!

人気ランキング

1
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳細を見る
2
日本語対応の高品質メール・チャットサービスも対応!
いまなら規定量の取引達成で30,000円獲得!
世界的に高機能なツールを採用!
詳細を見る
3
ゼロカットシステムで負債を負うリスクなし!
自動売買ソフトが200種類以上無料公開!
口座タイプが複数あり取引スタイルごとに対応可能
詳細を見る

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.