更新日:2021年02月02日 | 公開日:2020年10月31日

XM (エックスエム) の手数料を完全解説、正確な知識でお得な取引を!

この記事のポイント

XMの取引手数料・スプレッド

XMの入金手数料・出金手数料

XMの口座維持手数料

XMで取引を行う際に必要な手数料は以下のようなものがあります。

入金手数料

出金手数料

取引手数料

口座維持手数料

特に入金手数料出金手数料は、 選択した方法によって発生する手数料が変わってきます

手数料に関して理解をしておかなければ、 予想外の出費にもつながり利益を減らすことにもなるので、注意が必要です。

本記事ではXMの手数料について詳しく紹介していきます。

気になるトピックをタップ!
 

XM (エックスエム) の手数料について

手数料は3種類

XMの手数料は以下の3種類に分けられます。。

まず取引手数料とスプレッドについてですが、この2つは取引するたびに発生します。XMで取引をする以上避けては通れないものです。

入金手数料と出金手数料は、 XMで入出金する際に発生する手数料をさします。XMでは入出金手数料は原則として無料ですが一部例外もあります。

手数料は経費計上可能?

FXでは取引にかかるお金を経費として計上できます。その中にはさまざまなものがあり、 書籍の購入代金やセミナーへの参加費用といったものも含まれています

しかしながらXMにおいて、手数料を経費としてカウントすることはできません。なぜならスプレッドが加算された費用が利益として考えられるため、そこからさらに手数料を引くといったことは考えられていません。

取引手数料もすでに引かれた金額が利益として数えられているため、経費として申請することはできません。 入出金は取引に関わるものではない、という理由から経費計上は不可能です。

XM (エックスエム) の取引手数料・スプレッド

XMの口座ごとの取引手数料

XMでは以下の3つの口座タイプを開設できます。

スタンダード口座

マイクロ口座

ZERO口座

スタンダード口座とマイクロ口座は、取引手数料が無料になっていますが、 ZERO口座のみ取引ごとに取引手数料が発生します。

スタンダード口座・マイクロ口座の取引手数料

スタンダード口座とマイクロ口座は、注文方式にSTP方式を採用しているため、 取引手数料は無料になっています

しかし取引手数料は無料に設定されているが、スプレッド自体にXMの利益分が上乗せされて表示されるため、 スプレッドが広く設定されています。

XM ZERO口座の取引手数料

ZERO口座は注文方式にECN方式を採用しているため、 取引ごとに取引手数料が発生します

ZERO口座の取引手数料

1ロット (10万通貨) あたり10ドル

ZERO口座は 取引手数料が発生するかわりにスプレッドが極端に狭く設定されています。

そのためスキャルピングととても相性がいい口座です

XMの口座ごとのスプレッド

XMでは スタンダード口座・マイクロ口座とZERO口座でスプレッドが異なります

USD/JPYの平均スプレッドの比較は以下の通り。

スタンダード口座・マイクロ口座 : 1.6pips

ZERO口座 : 0.1pips

このようにスプレッドに、 1.5pipsもの大きな差が発生します。

XMと他社口座を比較

ZERO口座と他社ECN口座の比較

FX業者

取引手数料 (10万通貨あたり)

XM

片道5ドル

AXIORY

片道3ドル

LAND-FX

片道3.5ドル

ZERO口座は 他社ECN口座に比べ取引手数料が高くなっています

しかし他社口座に比べ、 高い約定力や、 スプレッドが安定して狭いといった特徴もあります。

XM の口座ごとに比較

スタンダード口座・マイクロ口座とZERO口座の比較

口座

注文方式

取引手数料

最大レバレッジ

ボーナス

スタンダード口座・マイクロ口座

STP方式

無料

888倍

全てのボーナスに対応

ZERO口座

ECN方式

1ロットあたり (10万通貨) 片道5ドル

500倍

口座開設ボーナスのみ対応

1

注文方式

2

取引手数料

3

最大レバレッジ

4

ボーナス

これらはスタンダード口座・マイクロ口座とZERO口座の大きな違いです。

ロイヤルティプログラムとは

ロイヤルティプログラムとは、 1ロットごとの取引においてXMポイントを獲得できるポイント制度です

1

EXECUTIVE

2

GOLD

3

DIAMOND

4

ELITE

ロイヤルティプログラムには4つのランクがあり、 ランクが上がるごとに獲得できるXMポイントが多くなります

ランクごとの獲得XMポイント

ランク

獲得ポイント

EXECUTIVE

10XMポイント/ロット

GOLD

13XMポイント/ロット

DIAMOND

16XMポイント/ロット

ELITE

20XMポイント/ロット

1万通貨ごとの取引コストで比較

通貨ペアごとの1万通貨あたりの取引コストの違い

通貨ペア

ZERO口座

AXIORY

米ドル/円

110円~130円

76円~96円

ユーロ/円

134円~154円

86円~106円

ポンド/円

224円~264円

116円~156円

XMのZERO口座は、 他社口座に比べ取引手数料が高いため、取引コストは高くなってしまいます。

スキャルピングの際に必要な最低値幅で比較

取引数量ごとの利益を出すのに必要な最低利幅

FX業者

取引手数料 (10万通貨あたり)

取引手数料 (pips換算)

スプレッド

必要な利幅

XM

片道5通貨

1.1pips

0.0~0.2pips

1.1~1.3pips

AXIORY

片道3ドル

0.7pips

0.1~0.3pips

0.8~1.0pips

XMでは取引手数料が高いため、 利益を出すのに必要な利幅も他社に比べ広くなってしまいます

XM (エックスエム) のスリッページによるコスト

スリッページコストとは、 決済注文時のレートと実際に決済が執行されたときのレートが、異なる場合に発生するコストのことです

XMでは公式サイトで「全取引の99.35%が1秒以内に決済される」といっているように、 非常に高い約定力を発揮しています。

そのため基本的には平常時の取引であれば、 ほとんどスリッページコストは発生しません

経済指標発表時などは注意

経済指標発表時など相場の急変動が予測されるときは注意が必要です。

相場の急変により注文が殺到するタイミングでは多少のスリッページが発生してしまい、 スリッページコストが発生する可能性があります

しかし高い約定力を持っているXMでは、スリッページが発生するタイミングでも、スリッページの発生を最低限に抑えられます。

XM (エックスエム) のマイナススワップによるコスト

スワップポイントは、各国の政策金利差を埋めるための数字です。

スワップポイントには、プラスとマイナスがあるので注意が必要です。

マイナススワップとは 高金利の通貨を売って、低金利の通貨を購入してポジションを持つ際に支払うスワップポイントのことです

スワップポイントは通貨ペアなどによって異なるため、取引を行う前に確認しておかなければ、 マイナススワップの支払いが必要になってしまうことがあります。

発生時刻

スワップポイントが発生するのは、 日をまたいでポジションを保有していた場合です。

しかしXMのMT4と日本時間には時差があるのとサマータイムを考慮すると、以下の通りです。

スワップポイントの発生時刻

夏期間 : 朝の5時59分から6時に変わる瞬間
冬期間 : 朝の6時59分から7時に変わる瞬間

XM (エックスエム) の入金手数料

XMの入金方法は大きく分けると3つがあります。

1

国内銀行送金

2

クレジットカード/デビットカード

3

オンラインウォレット

3つの入金方法ごとに入金手数料が決められています

クレジット・デビットカードの場合

クレジットカード/デビットカードでのXMの入金に関しては、 入金手数料はXMが負担してくれるので無料になっています。

入金に使えるクレジットカードのブランドは、以下の2種類のみなので注意が必要です。

VISA

MasterCard

他のブランドを使用したい場合は、 bitwalletを経由する必要があります

国内銀行送金の場合

国内銀行送金の場合、基本的にかかる入金手数料は 銀行の振込手数料のみになっています。

振込手数料は利用する銀行によって異なるので確認が必要です。

しかし国内銀行送金で1万円未満の入金を行う場合は、 振込手数料とは別に980円の入金手数料をXMから請求されてしまうので注意が必要です

1万円以上の入金は振込手数料のみなので、国内銀行送金で入金する場合は1万円以上の入金がおすすめです。

オンラインウォレットの場合

オンラインウォレットごとの入金手数料

オンラインウォレット

入金手数料 (クレジットカード)

入金手数料 (銀行送金)

bitwallet

クレジットカード (VISA・Master) 入金額の4%/クレジットカード (AMEX・JCB・Diners・Discover) 入金額の5%

入金額の1%

SticPay

クレジットカード (VISA・Master) 入金額の3.85%

入金額の1%

オンラインウォレットからXMへの入金は無料になっているが、 オンラインウォレットへの入金は入金方法によって手数料が変わってくるので注意が必要です

XM (エックスエム) の出金手数料

XMの出金方法は大きく分けると以下の三つがあります。

1

海外銀行送金

2

クレジットカード/デビットカード

3

オンラインウォレット

3つの出金方法ごとに出金手数料が決められています

クレジット・デビットカードの場合

クレジットカードでの出金を行う場合、 入金額までは出金手数料がかかりません

しかし 利益分を出金する際の海外銀行送金には、リフティングチャージと受取手数料がかかってしまいます

リフティングチャージと受取手数料を合わせると、約2,000円~4,000円かかるので注意が必要です。

海外銀行送金の場合

海外銀行送金での出金は以下の手数料が発生します。

中継銀行でのリフティングチャージ

国内銀行での受取手数料

リフティングチャージと受取手数料で、約2,000円~4,000円かかるので注意が必要です。

海外銀行送金を利用する場合は、細かく出金するのではなく、 まとまった額を一度に出金することで手数料を抑えられます

オンラインウォレットの場合

オンラインウォレットごとの出金手数料

オンラインウォレット

出金手数料

bitwallet

一律824円

SticPay

固定600円+出金額の2.5%

XMからオンラインウォレットに出金する場合に手数料は発生しません

しかしオンラインウォレットから自分の口座に出金する場合は、手数料がかかるので注意が必要です。

特にSticPayでの出金は、出金額が増えるごとに手数料も増えてしまいます。

XM (エックスエム) の口座維持手数料

XMでは 通常時に口座維持手数料は発生しません

しかし90日間入出金や取引を行わなかった場合は、使用している口座が休眠口座になってしまいます。

休眠口座になってしまった口座に対しては、 毎月5ドル (500円) の口座維持手数料が発生してしまいます。

休眠口座を解除するには、 入出金や取引を行い、口座内の資金を動かすことで休眠口座を解除できます

残高ゼロで放置すると口座凍結も

休眠口座になってしまった口座をそのまま放置してしまうと、 月々の口座維持手数料がかかってしまい、最終的には残高が無くなってしまいます

口座凍結の条件

口座残高がない状態で90日間経過

休眠口座を放置して残高がない状態で90日間経過してしまうと口座凍結されてしまいます。

口座凍結は解除できないため、 新しく口座を開設し直す必要があります

XM (エックスエム) の手数料の確定申告での扱い

XMの手数料は 確定申告時に基本的に経費として計上することはできません

スタンダード口座とマイクロ口座は、取引手数料がスプレットに上乗せされた状態で表示されるため、 スプレットと区別して考えられないからです。

また入出金にかかる手数料もFXを行うための経費として認められないため、経費として計上することはできません。

しかし ZERO口座で取引を行うために支払った取引手数料は、経費として計上できます

ZERO口座の取引手数料は、 スプレッドと別に設定されているため、確定申告時に年間取引報告書を提出することで経費として認められます。

XM (エックスエム) ・他社口座の選び方

XMの口座と他社口座を比較する際は以下の要素で比較する必要があります。

注文方式

約定力

取引コスト

通貨ペアの種類

ボーナス

XMマイクロ口座

マイクロ口座の特徴は以下の通りです。

STP方式

高い約定力

取引手数料無料

XMの全てのボーナスに対応

最小取引単位10通貨

最大レバレッジ888倍

マイクロ口座は最大レバレッジ888倍最小取引単位10通貨からになっているため少額から取引を行えます。

そのため FXを始めたばかりのトレーダーにおすすめの口座です

XMスタンダード口座

スタンダード口座の特徴は以下の通り、ほとんどマイクロ口座と似たような特徴になっています。

STP方式

高い約定力

取引手数料無料

XMの全てのボーナスに対応

最小取引単位1,000通貨

最大レバレッジ888倍

しかしマイクロ口座と違い、最小取引単位が1,000通貨からになっており、 より多くのロット数での取引を行えるようになっています。

そのため 初心者から上級者まで幅広いトレーダーにおすすめの口座です

XMZERO口座

ZERO口座の特徴は以下の通りです。

ECN方式

高い約定力

取引ごとに手数料がかかる

口座ボーナスのみ対応

最小取引単位1,000通貨

最大レバレッジ500倍

ZERO口座はECN方式を採用しているため、 スプレッドが狭い特徴もあります。

この特徴と高い約定力があるため、 スキャルピングを行うトレーダーにおすすめです

AXIORYナノスプレッド口座

AXIORYナノスプレッド口座の特徴は以下の通りです。

ECN方式

最大レバレッジ400倍

最小取引単位1,000通貨

cTraderが使用できる

XMのZERO口座に比べ最大レバレッジや約定力は劣ってしまいますが、取引手数料はZERO口座よりも安く、 スキャルピングに特化したcTraderが使用できます。

そのため スキャルピングがメインのトレーダーには最適の口座です

LAND-FXECN口座

LAND-FXECN口座の特徴は以下の通りです。

ECN方式

最大レバレッジ200倍

最小取引単位1万通貨

スプレッドが非常に狭い

最大レバレッジ200倍最小取引単位1万通貨からと他の口座に比べ、 取引に多くの証拠金が必要になってきます。

その反面 スプレッドが非常に狭いため、取引コストが圧倒的に他の口座に比べて安くスキャルピングに向いている口座です

XM (エックスエム) の手数料まとめ

評判・口コミ・レビュー
4.16
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
57種
スプレッド
1.6pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
-4.15
買い
-1.75
※米ドル/円
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳しく見る
XM (エックスエム) に
無料口座開設

XMで取引を行う際に必要な手数料は以下のものがあります。

入金手数料

出金手数料

取引手数料

口座維持手数料

特に入金手数料出金手数料は、 選択した方法によって発生する手数料が変わってきます

手数料に関して理解をしておかなければ、予想外の出費につながり、利益を減らすことになるので注意しましょう。

執筆者情報

執筆者情報

海外FX部 | 【外国為替の投資情報】サイト
海外FX部 編集部
情報量圧倒的No,1 - 初心者のための海外FX・外為投資情報の専門サイト【海外FX部】の編集部です。海外FXの始め方や外国為替の買い方、投資のコツを中心にさまざまなコンテンツをお届けしていきます。また、海外FX会社・口座を『人気ランキング』や『ボーナス・キャンペーン』などから比較し、みなさんに本当におすすめの口座をご紹介!

人気ランキング

1
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳細を見る
2
日本語対応の高品質メール・チャットサービスも対応!
いまなら規定量の取引達成で30,000円獲得!
世界的に高機能なツールを採用!
詳細を見る
3
ゼロカットシステムで負債を負うリスクなし!
自動売買ソフトが200種類以上無料公開!
口座タイプが複数あり取引スタイルごとに対応可能
詳細を見る

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.