更新日:2021年02月02日 | 公開日:2020年10月31日

XM (エックスエム) のMT4について使い方やログイン方法まで徹底解析!

この記事のポイント

XMのMT4とは

XMのMT4のログイン・注文方法

XMのMT4にログインできないときの原因と対処法

XMで取引に必要なMT4には、

一度に複数のチャートを表示できる

チャート上にオブジェクトを配置できる

チャートを自由にカスタマイズできる

デフォルトで使えるインジケーターの種類が豊富

デフォルトで使えるオシレーターの種類が豊富

カスタムインジケーターの種類が豊富

などの特徴があり、 トレーダーごとに使いやすいようにカスタマイズできます

しかし使用する端末で 機能に制限があるので注意が必要です。

本記事では、XMのMT4について紹介していきます。

気になるトピックをタップ!

XM (エックスエム) のMT4とは

そもそもMT4って?

MT4とは、「MetaTader4」と呼ばれる取引プラットフォームの1つです。

MT4には下記のような特徴があります。

直感的に操作できる扱いやすさ

様々なツールを使用できる

カスタマイズの自由度が高い

自分でプログラムを作れる

低スペックのPCでも使える

MT4は 高機能な上に、無料で使えるため全世界で最もメジャーな取引プラットフォームといわれています

XMのMT4の主な特徴

XMのMT4の主な特徴には以下のようなものがあげられます。

一度に複数のチャートを表示できる

チャート上にオブジェクトを配置できる

チャートを自由にカスタマイズできる

デフォルトで使えるインジケーターの種類が豊富

デフォルトで使えるオシレーターの種類が豊富

カスタムインジケーターの種類が豊富

EAの種類が豊富

日本語に対応

MT4では テクニカル分析に必要なことがすべて揃っているといわれています

そのため本格的にテクニカル分析を利用して取引を行ったり、 EAを使った取引に興味があるトレーダーにおすすめです。

XMのMT4の種類

MT4の対応端末と種類

対応端末

MT4の種類

PC

Windows版MT4/Mac版MT4

スマートフォン

iPhone版MT4/android版MT4

タブレット

iPad版MT4/androidタブレット版MT4

これらが XMのMT4で使用できる種類です

MT4とMT5との違い

MT4とMT5の比較

比較項目

MT4

MT5

動作速度

普通

快適

時間足の種類

9種類

21種類

カスタムインジケーターの種類

とても多い

普通

EAの種類

とても多い

普通

対応している海外FX業者

ほぼすべてのFX業者で利用可能

少数

これらが MT4とMT5の違いです

XM (エックスエム) のMac版MT4の注意点と解決方法

完全対応はしていない

MT4はもともと Windows用に開発された取引プラットフォームです。そのためMac版も存在はしますが完全対応はしていないので注意が必要です。

しかし全く使えないわけではなく文字化けしてしまうなど 多少の不具合がある程度です。

文字化けしてしまうときの対処法

インストールをやり直す

文字化けを起こしてしまった場合、 アプリケーションのインストールをやり直すと改善される場合があります

1

使用中のアプリケーションをアンインストールする

2

XMの公式サイトからMac版MT4をインストール

3

文字化けしないか確認する

インストールをやり直しても改善されない場合は、言語を英語にするなど 他の方法を試してみるしかないです。

言語を英語にする

インストールをやり直しても文字化けが改善されない場合は、 言語を英語にして試してみるのも1つの方法です

言語の変え方は以下の通りです。

1

MT4/MT5上部にある「表示/View」をクリック

2

「Languages」をクリック

3

英語を選択

英語を選択後、文字化けが解消されていれば解決です。

仮想Windowsで立ち上げる

他にも 仮想Windowsを立ち上げる方法もあります

仮想Windowsを利用するメリットとしては以下の様なものがあります。

MacとWindows間でファイルの移動が簡単にできる

MacOSのまま仮想Windowsを立ち上げて使用できる

しかし仮想Windowsを立ち上げるには 専用のソフトが必要になるので注意が必要です。

Webtraderを利用する

Webtraderを利用することでも文字化けを解消できます

Webtraderとは、ウェブブラウザ上で取引を行う取引プラットフォームのことです。

しかしWebtraderは以下の理由から、Mac版MT4などに比べて 機能面で劣ってしまいます

インジケーターの種類が少ない

カスタムインジケーターが使えない

自動売買に対応していない

XM (エックスエム) のMT4のインストール方法

Windows版

公式サイトからファイルをダウンロードする

Windows版のダウンロードは公式サイトから行います

1

公式サイトのプラットフォームのページにアクセス

2

PC対応MT4を選択

3

選択後表示されたページでダウンロードをクリック

以上の手順でWindows版のMT4をダウンロードできます。

ソフトをインストールする

ダウンロードしたWindows版MT4をインストールするには、

1

ダウンロードした「xmtrading4setup.exe」をファイル展開する

2

展開後「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されるので「はい」を選択

3

同意書がでてくるので「次へ」を選択

「次へ」を選択するとインストールが始まります。

Mac版

公式サイトからファイルをダウンロードする

Mac版のダウンロードは公式サイトから行います

1

公式サイトのプラットフォームのページにアクセス

2

Mac対応MT4を選択

3

選択後表示されたページでダウンロードをクリック

以上の手順で、Mac版のMT4をダウンロードできます。

ソフトをインストールする

ダウンロードしたMac版MT4をインストールするには、

1

ダウンロードした「XMtrading.dmg」をファイル展開する

2

展開後、ファイルをApplicationsフォルダにドラッグ

フォルダに ファイルがコピーされれば完了です

スマホアプリ版 (iPhone・Android)

スマホアプリ版でMT4をダウンロードする方法は、

iPhone版 : App Store

android版 : Google Play

使用する端末に対応した、アプリストアから「Metatrader4」で検索することでダウンロードできます。

XM (エックスエム) のMT4のログイン方法

ログインに必要となる情報

MT4にログインする際に必要となる情報は、

1

ログインID

2

パスワード

3

サーバー情報

の3つです。

ログインIDとサーバー情報は、口座開設時に送られてきた メールに記載されているので忘れた場合は確認できます。

1つでも情報が間違えているとログインできないので、 管理して置く必要があります

【PC版】ログイン手順

PC版でログインする手順は以下の通りです。

1

MT4を起動

2

画面上部メニューの「ファイル」をクリック

3

「取引口座へログイン」をクリック

4

ログイン情報を入力し「ログイン」をクリック

【スマホアプリ版】ログイン手順

スマホアプリ版でログインする手順は以下の通りです。

1

MT4アプリを起動する

2

「既存のアカウントにログイン」をタップ

3

検索フォームに「xmt」と入力

4

XMのサーバー一覧から口座開設時に取得した「サーバー名」を選択

5

ログイン情報を入力し「サインイン」をタップ

デモ口座からリアル口座へ切り替える方法

アプリ版のMT4では、 初回起動時に10秒間操作を行わないと勝手にデモ口座が開設されてしまいます

デモ口座からリアル口座へ切り替えてログインする場合は以下の手順でリアル口座に切り替えられます。

1

設定メニューで「トレードアカウント」をタップ

2

口座ページが表示されたら画面上の「+」マークをタップ

3

表示されたページで「既存のアカウントにログイン」をタップ

4

検索フォームに「xmt」と入力

5

XMのサーバー一覧から口座開設時に取得した「サーバー名」を選択

6

ログイン情報を入力し「サインイン」をタップ

XMのログインについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

XM (エックスエム) のMT4の注文手順

Windows版

MT4の画面配置

項目

画面配置

気配値

左上に表示

チャート

中央に大きく表示

ナビゲーター

左下に表示

ターミナル

下に表示

Windows版のMT4は大きくわけて

1

基本メニュー

2

気配値表示

3

ナビゲーター

4

ターミナル

5

チャート表示

の5つの画面で構成されます。

気配値を表示させる

気配値を表示させるには、

1

「表示」をクリック

2

「気配値表示」をクリック

以上の手順で、気配値を表示できます。

希望の通貨ペアをチャートに表示させる

希望の通貨ペアをチャートに表示させるには、

1

気配値からチャートに表示させたい「通貨ペア」を右クリック

2

「チャート表示」をクリック

以上の手順で、希望の通貨ペアをチャートに表示させられます。

注文を行う

成行注文

Windows版MT4で成行注文を行うには、

1

「新規注文」をクリック

2

注文画面が表示されたら「通貨ペア」を選択

3

ロット数を設定

4

決済逆指値を設定

5

決済指値を設定

6

注文種別で「成行注文」を選択

7

「成行売り」か「成行買い」どちらかを選択

8

「注文番号」「売買種別」「取引数量」「通貨ペア」「約定価格」が表示されるので確認する

9

確認後「OK」をクリック

以上の手順で成行注文を行えます。

成行注文時に注意しなければならないいけないことは、

選択した通貨ペアに間違いないか

設定した項目に間違いないか

注文を確定させる前に確認することです。

どちらも 間違えた状態で注文を確定させてしまうと希望の取引が行えないだけでなく、 大きな損失を発生させる可能性もあります

指値注文

Windows版MT4で指値注文を行うには、

1

「新規注文」をクリック

2

注文画面が表示されたら「通貨ペア」を選択

3

ロット数を設定

4

決済逆指値を設定

5

決済指値を設定

6

注文種別で「指値または逆指値注文 (新規注文) 」を選択

7

注文種別を選択

8

エントリーするレートを入力

9

「発注」をクリック

以上の手順で指値注文を行えます。

指値注文で選択できる注文種別は以下の4つです。

指値注文の種類

注文種別

注文内容

Buy Limit

現在のレートより低いレートでの買い注文

Sell Limit

現在のレートより高いレートでの売り注文

Buy Stop

現在のレートより高いレートでの買い注文

Sell Stop

現在のレートより低いレートでの売り注文

決済する

Windows版のMT4で保有中のポジションを決済する手順は以下の通りです。

ターミナルの中にある「取引」をダブルクリック

保有ポジションが表示されるので、決済したいポジションの右側にある「×」をクリック

ワンクリックで決済ができてしまうので、 間違ったポジションを決済しないように注意が必要です

スマホアプリ版

気配値を表示させる

スマホアプリ版MT4では 画面左下の「気配値」をタップすることで、気配値を表示できます。

希望の通貨ペアをチャートに表示させる

スマホアプリ版MT4で希望の通貨ペアをチャートに表示させるには、

1

気配値に表示されている希望の通貨ペアをタップ

2

画面下の「チャート」をタップ

以上の手順で、希望の通貨ペアをチャートに表示できます。

注文を行う

スマホアプリ版のMT4で注文を行うには、

1

「気配値」をタップ

2

ポジションを持ちたい通貨ペアをタップ

3

「チャート」をタップ

4

右上の「トレード」をタップ

5

「注文種別」と「ロット数」を設定

6

「成行売り」か「成行買い」を選択

以上の手順で、注文を行えます。

決済する

スマホアプリ版MT4で保有ポジションを決済する場合は、

1

画面下の「トレード」をタップ

2

決済したいポジションを長押し

3

「クローズ」をタップ

4

「Close with Profit」をタップ

以上の手順で、ポジションの決済ができます。

XMの注文方法についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

XM (エックスエム) のMT4チャートにインディケータを表示する方法

Windows版

Windows版MT4チャートにインディケータを表示するには、

1

MT4の画面上部の「挿入」をクリック

2

「インディケータ」をクリック

3

「Moving Average」をクリック

4

表示された画面で、「期間」「移動平均線の種別」「スタイル」を設定

5

「OK」をクリック

以上の手順で、インディケータを表示することができます。

スマホアプリ版

スマホアプリ版MT4チャートにインディケータを表示するには、

1

「チャート」をタップ

2

画面上部の「f」をタップ

3

「メインウィンドウ」をタップ

4

「Moving Average」をタップ

5

表示された画面で、「期間」「移動平均線の種別」「スタイル」を設定

6

「完了」をタップ

以上の手順で、インディケータを表示できます。

XM (エックスエム) のMT4にログインできないときの原因と対処法

パスワードを忘れてしまった

MT4にログインするには、

1

ログインID

2

パスワード

3

サーバー情報

の入力が必要になります。

ログインIDとサーバー情報は、口座開設時にXMから届くメールに記載してあるので忘れてしまっても確認ができます。

しかしパスワードを忘れてしまった場合は、 パスワードを変更し再設定するしか方法がありません

パスワードは 専用フォームからXMに連絡することで変更できます

1

MT4へのログインページにある「パスワードをお忘れですか?」をクリック

2

表示された画面に「ログインID」「XMに登録したメールアドレス」を入力

3

「送信」をクリック

4

XMからパスワード変更のメールが届くので「変更するパスワード」を入力してパスワードを変更

以上の手順で、パスワードの変更ができます。

サーバー名を間違えている

MT4の画面で「無効な口座」と表示されてしまう場合、サーバー名を間違えている可能性があります。

サーバー名を間違えて入力してしまうと、正常にログインできず取引を行えません。

口座開設時に届くXMからのメールに、サーバー名などの サーバー情報が記載されているので、そこで確認できます。

ネット環境に問題がある

MT4の画面で「回線不通」と表示される場合、ネット環境に問題があることも考えられます。

インターネット回線が切れているか不安定な可能性があるため確認が必要です。

またサーバーへの回線が混雑していたりダウンしてたいりする場合も考えられるため、 時間をおいて再度接続できるか試してみることも必要です

XMの回線不通についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

口座が有効になっていない・凍結されている

「無効な口座」と表示されてしまうのはサーバー名を間違えている以外にも、

1

口座の有効化が行われていない

2

口座凍結されている

こちらの2つのパターンが考えられます。

口座の有効化にはXMに、

1

身分証明書

2

現住所証明書

の2点の 本人確認書類の提出が必要になります。

口座を開設しただけでは有効化はされないので、別途有効化の手続きを行うことで取引を開始することができるようになります。

口座が凍結されている場合には、XMのサポートに連絡しても凍結を解除することができないため 追加口座を開設しなおして取引を行う必要があります。

XMの口座凍結・無効な口座についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

MT4が最新バージョンでない

MT4のバージョンが最新でない場合も、ログインできない原因の1つとして考えられます。

2015年11月26日以前にMT4をダウンロードしている場合、MT4は古いバージョンのものになるので最新版のMT4をダウンロードする必要があります。

最新版のMT4は、 公式サイトのプラットフォームのページからダウンロードすることができます

取引プラットフォームに合ったソフトではない

開設した口座に対応した取引プラットフォームでない場合もログインできません

マイページで開設した口座に対応している取引プラットフォームを確認することができます。

XM (エックスエム) のMT4のログイン画面にサーバー番号が表示されないときの対処法

オプションメニューを開く

MT4のログイン画面にサーバー番号が表示されない場合、

1

MT4上部の「ツール」をクリック

2

「オプション」をクリック

以上の手順で、オプションメニューを開く必要があります。

手動でサーバー名を入力する

オプションメニューの中の「サーバー」のタブから手動でサーバー名を入力することができます。

サーバー名は、

XMTrading-Real + 番号

で入力する必要があります。

手動入力の場合「XMTrading-Real」「番号」の間に半角スペースが必要になるので入力し忘れが無いように注意が必要です。

サーバーをスキャンする

サーバー名を手動入力が完了したら、サーバーをスキャンする必要があります。

1

「ファイル」をクリック

2

「デモ口座の申請」をクリック

3

デモ口座申請画面下の「スキャン」をクリック

スキャン後にサーバーのマークが緑色になれば完了です。

また 個別でスキャンするだけでなく一括でスキャンする方法もあります

1

デモ口座申請画面で「新しいブローカー」をクリック

2

「trading point」と入力

3

「スキャン」をクリック

この手順でスキャンを行うことでサーバーを一括でスキャンすることができます。

XM (エックスエム) のMT4に関するよくある質問

Q : MT4は必ずダウンロードしなければいけませんか?

A : ダウンロードは必須ではありません

MT4 Webtraderを利用することでウェブブラウザ上で取引を行えます。

しかしWebtraderにはダウンロード版のMT4に比べ

自動売買不可

インディケーターの種類が少ない

カスタムインディケータの導入が不可能

など機能面で劣ってしまうので注意が必要です。

Q : MT5でも取引できますか?

A : MT5を利用して取引を行うこともできます

しかし開設している口座がMT4の場合はMT4でのみ取引が行えるので注意が必要です。

Q : スマホアプリだけで取引は完結できますか?

A : スマホアプリのみで取引を完結することはできます

しかし取引自体は問題なく行えますが、カスタムインディケーターを利用できないなどの 機能面の制限があります。

Q : 別業者のMT4を使うことはできますか?

A : 他社FX業者が提供しているMT4でも問題なく使用することができます

MT4のログイン時に、XMで取得した

ログインID

パスワード

サーバー情報

を入力することで、XMの口座にログインすることができます。

XM (エックスエム) のMT4に関するまとめ

評判・口コミ・レビュー
4.16
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
57種
スプレッド
1.6pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
-4.15
買い
-1.75
※米ドル/円
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳しく見る
XM (エックスエム) に
無料口座開設

XMで取引を行うのに必ず必要になってくるMT4ですが、使用する端末で 機能に制限がでてきてしまうことがあるので注意が必要です。

またMT4は、

一度に複数のチャートを表示できる

チャート上にオブジェクトを配置できる

チャートを自由にカスタマイズできる

デフォルトで使えるインジケーターの種類が豊富

デフォルトで使えるオシレーターの種類が豊富

カスタムインジケーターの種類が豊富

などの特徴があり、 トレーダーごとに使いやすいようにカスタマイズすることが可能です

執筆者情報

執筆者情報

海外FX部 | 【外国為替の投資情報】サイト
海外FX部 編集部
情報量圧倒的No,1 - 初心者のための海外FX・外為投資情報の専門サイト【海外FX部】の編集部です。海外FXの始め方や外国為替の買い方、投資のコツを中心にさまざまなコンテンツをお届けしていきます。また、海外FX会社・口座を『人気ランキング』や『ボーナス・キャンペーン』などから比較し、みなさんに本当におすすめの口座をご紹介!

人気ランキング

1
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳細を見る
2
日本語対応の高品質メール・チャットサービスも対応!
いまなら規定量の取引達成で30,000円獲得!
世界的に高機能なツールを採用!
詳細を見る
3
ゼロカットシステムで負債を負うリスクなし!
自動売買ソフトが200種類以上無料公開!
口座タイプが複数あり取引スタイルごとに対応可能
詳細を見る

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.