更新日:2021年02月02日 | 公開日:2020年10月01日

XM (エックスエム) のスプレッドまとめ!話題のZERO口座のスプレッドや一覧表も!

この記事のポイント

XMは口座タイプが3種類用意されている

XMのゼロ口座は取引手数料がかかる

XMのスプレッドは比較的広いがメリット多数

XMは 取得困難なライセンスをいくつも得ている海外FX業者です。受賞歴も複数あり、信頼性の高さがうかがえます。

しかしXMは「スプレッドが広い」と聞き、なかには利用するかどうか迷っている人もいるでしょう。

XMには3種類の口座タイプがあり、スプレッドや特徴がそれぞれ異なっています

本記事ではXMのスプレッドについてお伝えします。手数料や利用者の口コミなどもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

気になるトピックをタップ!

XM (エックスエム) とは?

XMは取得が難しいライセンスを複数取得している、 信頼性の高い海外FX業者です。

受賞歴も多数あり、世界各地でトレーダーが利用しています。言語は英語や日本語の他、中国語、韓国語、マレーシア語、タイ語なども対応可能です。

日本人向けのサポートデスクを設けているため、日本語によるライブチャットやメールで問い合わせできます。すぐに問い合わせたい人はリアルタイムで連絡できるライブチャットが便利でおすすめです。

XM (エックスエム) の会社概要

XMの会社概要

社名

Trading Point of Financial Instruments Ltd.

登録番号

CySEC/Cyprus, FSA/UK

所在地

12, Richard & Verengaria Street, Araouzos Castle Court

資本金

360,000,000 (USD)

代表者

非公開

XM (エックスエム) の手数料に関して

XMの手数料は次のように定められています。

取引手数料

XMには「マイクロ口座」「スタンダード口座」「XMTrading Zero口座 (ゼロ口座) 」の3つがあります。

XMTrading Zero口座は取引手数料がかかるため注意しましょう。1ロットあたり往復で10ドルの取引手数料が発生します。

入金手数料

XMの入金手数料は原則として無料です。

銀行送金による入金を行う際、 入金金額が200ユーロ未満 (またはその他の通貨相当額) のケースを除き、XMが入金手数料を負担します

出金手数料

出金手数料もXMでは原則として無料です。

ただし 銀行送金による出金を行う場合、銀行への受取手数料が発生する可能性があります。受取手数料はXMが負担していません。出金時に銀行側でかかる手数料はユーザーが負担します。

ロスカット手数料

XMでは口座のタイプに関係なく、 証拠金維持率が20%を下回るとロスカットされます。ロスカット手数料は無料です。

ロスカットされないためにも、証拠金維持率は余裕を持った状態でキープしましょう。

ロスカットに関して

ロスカット基準証拠金維持率

20%

ロスカット手数料

無料

口座開設費用・口座維持費用

XMの口座開設費用は無料です。費用をかけずに口座を開設できます。

XMの口座維持費用は基本的に無料です。ただし最後の利用日から90日経つと、休眠口座とみなされます。 休眠口座は毎月5ドルの手数料がかかるため、注意しましょう。

口座関連費用

口座開設費用

無料

口座維持費用

無料 (90日間取引及び入出金がない場合は5ドル/月)

XM (エックスエム) のスプレッドに関して

XMのスプレッドについてお伝えします。

国内FX業者よりスプレッドは広いがメリット多数

XMは国内FX業者に比べると、スプレッドが広く設定されています。しかしXMには国内FX業者よりもメリットが多く、おすすめの業者です。

レバレッジは最大888倍で、倍率は自由に選べます。XMTrading Zero口座のみ最大レバレッジは500倍です。

またXMは「ゼロカット方式」を採用し、追証がありません。証拠金以上の損失が生じた際に追加入金する必要がなく、損失分はXMが負担します。

約定スピードが圧倒的に速く、約定拒否されないのも特徴です。 99.35%の注文は1秒以内で約定しています

また取り扱い商品も豊富で、通貨ペア以外にココアや砂糖、トウモロコシ、原油、ダウなどの商品も取り扱っています。

XMは海外FX業者ですが、 日本人向けのサポートが充実し、日本語による問い合わせが可能です。

国内銀行にも入出金を行えるため、国内FX業者と同じように利用できるのもメリットといえます。

スプレッドが広い分ボーナスは豊富

XMはスプレッドが広いですが、その分ボーナスが豊富です。

口座開設時にもらえるボーナス、最大5,000ドルを受け取れるボーナスなどが獲得可能です。

また 500ドル相当までの入金に対し、入金額と同額のボーナスを100%受け取れます。500ドル相当をこえた入金に関しては、5,000ドル相当までは入金額20%のボーナスを取得可能です。

さらにマイクロ口座とスタンダード口座は、 取引するごとにボーナスを受け取れます。「ボーナスでスプレッドの広さを埋められる」と考えれば、非常にうれしいポイントです。

3種類の口座タイプと比較表

XMは3種類の口座タイプを用意しています。それぞれの特徴を以下にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

口座タイプ別の特徴

-

マイクロ口座

スタンダード口座

ゼロ口座

ボーナス

新規口座開設ボーナス、入金ボーナス、ロイヤリティプログラム

新規口座開設ボーナス、入金ボーナス、ロイヤリティプログラム

新規口座開設ボーナス

注文方式

STP

STP

ECN

最大レバレッジ

888倍

888倍

500倍

1ロット単位

1,000通貨

10万通貨

10万通貨

最小取引単位

10通貨 (0.01ロット)

1,000通貨 (0.01ロット)

1,000通貨 (0.01ロット)

最低入金額

5ドル

5ドル

100ドル

最大注文数

100ロット

50ロット

50ロット

合計最大注文数

2万ロット

1万ロット

1万ロット

取引手数料

なし

なし

1.0pips/取引

スプレッド

最低1pips

最低1pips

最低0pips

FX通貨ペア

57種類

57種類

56種類

CF株価指数

28銘柄

28銘柄

28銘柄

貴金属取引ペア

4銘柄

4銘柄

4銘柄

マイクロ口座とスタンダード口座はスプレッドがやや広いものの、複数のボーナスが用意されています。ゼロ口座はボーナスが少ないですが、スプレッドが狭い点は魅力的です。

口座タイプによって最大レバレッジや最小取引単位など特徴がこまかく異なるため、自分のトレードスタイルに合う口座を選びましょう

他海外FX業者とゼロ口座の比較

他海外FX業者のTitanFXとAXIORY、XMのゼロ口座のスプレッドを比較しました。

TitanFXはZeroスタンダード口座の平均スプレッド、AXIORYはスタンダード口座の平均スプレッド、XMはゼロ口座の平均スプレッドを示しています。

他海外FX業者とゼロ口座の比較

-

TitanFX

AXIORY

ゼロ口座

米ドル/円

1.33pips

1.3pips

0.001pips

ユーロ/円

1.74pips

1.3pips

0.004pips

ポンド/円

2.45pips

1.7pips

0.012pips

豪ドル/円

2.12pips

1.8pips

0.012pips

ユーロ/米ドル

1.2pips

1.3pips

0.00001pips

ポンド/米ドル

1.57pips

1.5pips

0.00003pips

豪ドル/米ドル

1.86pips

1.7pips

0.00004pips

XMのゼロ口座のスプレッドは、 すべての主要通貨ペアにおいて0pipsに極めて近いです。表のように他海外FX業者と比べても、XMのゼロ口座はスプレッドが非常に狭いと分かります。

ただしゼロ口座は取引手数料が発生するため、注意してください。往復の取引で1ロットあたり10ドルの手数料がかかり、ポジションをクローズするときに口座残高から手数料が引かれます。

XMのゼロ口座はスプレッドが狭いものの、取引手数料がかかる点は気をつけましょう。

スプレッドが広がりやすいタイミング

XMに限らずスプレッドは広がる可能性があるため、注意しなければなりません。

取引量が少ないと流動性が低くなり、売り注文と買い注文の取引量が大きく広がります。スプレッドは売値と買値の差です。 取引量の差が広がれば広がるほど、スプレッドもその分広がります

日本時間の早朝や経済指標が発表される時間帯は流動性が低く、スプレッドが広がりやすいため特に注意が必要です。

早朝

日本時間の早朝5時から7時は、取引量が多い「ニューヨーク市場」「ロンドン市場」「日本市場」がクローズしている時間帯です。 取引量が極端に減るため、スプレッドが広がりやすくなります

取引量が極端に減れば「米ドルを100円で買いたい」と考えて注文しても、そのレート近辺で反対注文があまりなく、注文がなかなか成立しません。

注文をうまく成立するために金融機関と「米ドルを110円で売りたい」というマッチングが生じてしまい、スプレッドが広がるのです。

逆に19時から21時 ニューヨーク市場とロンドン市場がオープンしているため、スプレッドがどんどん狭くなります

また21時から翌2時も平均値よりスプレッドが狭くなりやすい時間帯です。

週明けの早朝はさらに広がる

週明けの早朝6時から7時はスプレッドがさらに広がりやすいため、注意が必要です

スプレッドが安定しない傾向があるので、窓埋めトレードにも注意しましょう。また年末年始においてスプレッドはさらに広がりやすくなります。

経済指標発表時

経済指標が発表される前後もスプレッドが広がりやすくなります。 以下の指標の発表時は特に広がりやすいので要注意です。

非農業者部門雇用統計 (アメリカ)

ADP雇用統計 (アメリカ)

ISM景況指数 (アメリカ)

米FOMC政策金利発表 (アメリカ)

GDP成長率 (アメリカ)

消費者物価指数 (アメリカ)

新築住宅販売件数・中古住宅販売件数 (アメリカ)

日銀金融政策決定会合 (日本)

欧州中央銀行(ECB)政策金利発表 (EU)

各国の政策金利・雇用統計・GDP

たとえば「アメリカの景気が悪化する」との予想が多い場合、ドルを買いたいと考える人は多くありません。ドルを売りたいトレーダーが増えます。

するとドルの供給が大幅に増え、注文がマッチングしにくくなるため、スプレッドが広がるのです。

XM (エックスエム) の通貨ペア別 手数料・スプレッド比較一覧

XMのスプレッド

USD/JPY (米ドル / 円)

1.6pips

EUR/USD (ユーロ / 米ドル)

1.7pips

GBP/USD (英ポンド / 米ドル)

2.4pips

AUD/USD (豪ドル / 米ドル)

1.9pips

USD/CAD (米ドル / カナダドル)

2.2pips

USD/CHF (米ドル / スイスフラン)

2.1pips

EUR/GBP (ユーロ / 英ポンド)

2pips

EUR/JPY (ユーロ / 円)

2.3pips

AUD/JPY (豪ドル / 円)

3.3pips

AUD/CAD (豪ドル / カナダドル)

3pips

AUD/CHF (豪ドル / スイスフラン)

3pips

AUD/NZD (豪ドル / ニュージーランドドル)

4pips

CAD/CHF (カナダドル / スイスフラン)

3.7pips

CAD/JPY (カナダドル / 円)

3.4pips

CHF/JPY (スイスフラン / 円)

3.3pips

EUR/AUD (ユーロ / 豪ドル)

3pips

EUR/CAD (ユーロ / カナダドル)

3.3pips

EUR/CHF (ユーロ / スイスフラン)

2.7pips

EUR/NOK (ユーロ / ノルウェークローネ)

97pips

EUR/NZD (ユーロ / ニュージーランドドル)

4pips

EUR/PLN (ユーロ / ポーランドズロチ)

65pips

EUR/SEK (ユーロ / スウェーデンクローナ)

72pips

EUR/SGD (ユーロ / シンガポールドル)

17pips

EUR/TRY (ユーロ / トルコリラ)

210pips

EUR/ZAR (ユーロ / 南アフリカランド)

182pips

GBP/AUD (英ポンド / 豪ドル)

4.3pips

GBP/CAD (英ポンド / カナダドル)

5.6pips

GBP/CHF (英ポンド / スイスフラン)

4.6pips

GBP/JPY (英ポンド / 円)

3.6pips

GBP/NZD (英ポンド / ニュージーランドドル)

7pips

NZD/CAD (ニュージーランドドル / カナダドル)

4.1pips

NZD/CHF (ニュージーランドドル / スイスフラン)

4pips

NZD/JPY (ニュージーランドドル / 円)

3pips

NZD/USD (ニュージーランドドル / 米ドル)

2.7pips

SGD/JPY (シンガポールドル / 円)

20pips

USD/HKD (米ドル / 香港ドル)

28pips

USD/HUF (米ドル / ハンガリーフォリント)

51pips

USD/MXN (米ドル / メキシコペソ)

239pips

USD/PLN (米ドル / ポーランドズロチ)

52pips

USD/SGD (米ドル / シンガポールドル)

0.0021pips

USD/TRY (米ドル / トルコリラ)

140pips

USD/ZAR (米ドル / 南アフリカランド)

140pips

EUR/DKK (ユーロ / デンマーククローネ)

35pips

EUR/RUB (ユーロ / ロシアルーブル)

456pips

GBP/DKK (英ポンド / デンマーククローネ)

55pips

USD/DKK (米ドル / デンマーククローネ)

36pips

USD/RUB (米ドル / ロシアルーブル)

437pips

XM (エックスエム) の手数料・スプレッドに関する口コミ・評判

XMの手数料、スプレッドに関する口コミを調べました。

最初に良い口コミからご紹介しましょう。

XMのゼロ口座はスプレッドが狭いですが、マイクロ口座とスタンダード口座のスプレッドは広く設定されています。

国内FX業者よりもスプレッドが広いのは、一見するとデメリットに映るでしょう。

しかし ボーナスが豊富、レバレッジが最大88倍などXMにはメリットが多くあります。メリットの大きさを評価している、XM愛用者の口コミがありました。

続いて、悪い口コミをご紹介します。

手数料の高さに対する悪い口コミがありました。

XMにおいて入出金の手数料は基本的に無料です。ただし銀行送金で入出金を行う場合、200ユーロ未満 (またはその他の通貨相当額) では手数料がかかってしまいます。

あくまでも原則として無料で、 銀行送金の金額によっては入金手数料・出金手数料が発生するため、注意しましょう

なおXMは銀行送金の他、クレジットカード、電子決済など 入出金方法が豊富です。手数料の負担を抑えたい人は、他の入出金方法を検討するのも良いでしょう。

XM (エックスエム) のスプレッドに関するよくある質問

XMでは入金手数料や出金手数料はかかりますか?

XMでは入出金時の手数料は原則無料となっています。

ただし200ユーロ未満の資金を銀行送金によって入出金する際には、 手数料が発生する場合もあります

ロスカット手数料はありますか?

XMにおいては証拠金維持率が 20%を切ると強制的にロスカットされます。

ただし、その際のロスカット手数料は無料となっています。

XM (エックスエム) の手数料・スプレッドに関するまとめ

評判・口コミ・レビュー
4.16
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
57種
スプレッド
1.6pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
-4.15
買い
-1.75
※米ドル/円
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳しく見る
XM (エックスエム) に
無料口座開設

XMの入金と出金に関する 手数料は原則として無料です。銀行送金を行う場合は金額によって手数料がかかります。またXMTrading Zero口座は取引手数料が別途発生するため、注意しましょう。

XMのスプレッドは比較的広く設定されていますが、メリットが豊富です。追証がない、約定スピードが速いなどFX取引を行う上で有利な点が多々あります。海外FX業者でありながら、日本人向けのサポートが充実している点も魅力です。ぜひXMの利用を検討してみてください。

執筆者情報

執筆者情報

海外FX部 | 【外国為替の投資情報】サイト
海外FX部 編集部
情報量圧倒的No,1 - 初心者のための海外FX・外為投資情報の専門サイト【海外FX部】の編集部です。海外FXの始め方や外国為替の買い方、投資のコツを中心にさまざまなコンテンツをお届けしていきます。また、海外FX会社・口座を『人気ランキング』や『ボーナス・キャンペーン』などから比較し、みなさんに本当におすすめの口座をご紹介!

人気ランキング

1
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳細を見る
2
日本語対応の高品質メール・チャットサービスも対応!
いまなら規定量の取引達成で30,000円獲得!
世界的に高機能なツールを採用!
詳細を見る
3
ゼロカットシステムで負債を負うリスクなし!
自動売買ソフトが200種類以上無料公開!
口座タイプが複数あり取引スタイルごとに対応可能
詳細を見る

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.