IFC Markets
IFCマーケット

総合得点
71
評判・口コミ・レビュー
4.67
(口コミ3件)

4種類の口座タイプから選んで取引可能!1ドルから取引できるため初心者おすすめ!

IFC Marketsは4種類の口座タイプで自分に取引スタイルに合った口座を選べる!1ドルから始められる口座タイプもあるため初心者にもおすすめです。また固定スプレッドを採用しているため価格の変動に大きな影響を受けない!
取扱通貨ペア
49種
スプレッド
1.8pips(米ドル/円)
スワップ
売り-0.43
買い-0.2(米ドル/円)
最小取引単価
10,000通貨(米ドル/円)
デモトレード
サポート体制
24時間サポート体制を常に受け付けています
IFC Markets (IFCマーケット) の詳細を見る今すぐ無料で口座開設
総合得点
71
評判・口コミ・レビュー
4.67
(口コミ3件)

4種類の口座タイプから選んで取引可能!1ドルから取引できるため初心者おすすめ!

IFC Marketsは4種類の口座タイプで自分に取引スタイルに合った口座を選べる!1ドルから始められる口座タイプもあるため初心者にもおすすめです。また固定スプレッドを採用しているため価格の変動に大きな影響を受けない!
取扱通貨ペア
49種
スプレッド
1.8pips(米ドル/円)
スワップ
売り-0.43
買い-0.2(米ドル/円)
最小取引単価
10,000通貨(米ドル/円)
デモトレード
サポート体制
24時間サポート体制を常に受け付けています
IFC Markets (IFCマーケット) の詳細を見る今すぐ無料で口座開設

IFC Markets (IFCマーケット) の
比較項目

IFC Markets (IFCマーケット)
のスコア

全体比較項目

評価項目 1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
総合
ボーナス・キャンペーン
手数料・スプレッド
スキャルピング

IFC Markets (IFCマーケット) の
おすすめポイント

1

IFC Marketsは取引量に応じて利息が向上し、取引せずに資産が増やすことができる!

IFC Marketsでは取引に利用されていない余剰資金に対して利息がつき、取引をしなくても資産が増えていきます。そのため資産を入れておくだけでもおすすめです。
2

全ての口座タイプで固定スプレッドのためリスク管理が容易!

IFC Marketsでは、全ての口座タイプで固定スプレッドを提供しています。多くの取引所が変動スプレッドを採用しているため固定スプレッドを採用しているのはとても希少なため、支持されています。
3

最大レバレッジ1,000倍で短期間で利益をあげたい方におすすめ!

IFC Marketsでは最大400倍のレバレッジを掛けることができます。また、ロスカットの基準が低いため高いレバレッジをかけてすぐロスカットで取引が強制終了するリスクが少ないのが特徴です。

IFC Markets (IFCマーケット) の
キャンペーン情報

IFC Markets (IFCマーケット) の
最新キャンペーン情報

取引に利用されていない余剰資金に最大7%の利息がつく!
キャンペーン期間
常時
常時取引に利用していない余剰証拠金に対して最大7%の利息が付きます!利息率は取引量に応じて増加!
最新キャンペーン情報を見る

IFC Markets (IFCマーケット) の
その他キャンペーン情報

IFC Markets (IFCマーケット) に関する
基礎知識
気になるトピックをタップ!

IFC Markets (IFCマーケット) の基本情報

IFC Marketsの会社概要

会社名

IFCMARKETS CORP

資本金

24,000,000ドル

本社所在地

Quijano Chambers, P.O. Box 3159, Road Town, Tortola, British Virgin Islands

ライセンス

BVI金融サービス委員会 (BVI:FSC) 登録番号:SIBA/L/14/1073

代表者

非公開

電話番号

0120-963-965

IFC Markets (IFCマーケット) の特徴

約定力が高い

IFCMarketsの約定力は非常に高くなっています

その理由としてIFCMarketsの、ハイブリッドな注文処理の仕組みが関係しています。

IFCMarketsはトレーダーの注文量に応じて、 注文処理方法が3パターンに分けられています

100万通貨以下の注文は一旦IFCMarketsが決済して後にポジションを加算してレートを提示している金融機関へと流すという形です。

100万通貨~1,000万通貨の注文は一旦IFCMrketsが決済してレートを提示している金融機関へと流すという形です。

1,000万通貨以下の注文量の場合カバー先がすぐに見つかるので、 IFCMarketsで先に決済することで約定スピードを高めています

1,000万通貨以上の注文はIFCMarketsでは決済せず、 そのまま銀行間市場へ注文を流します

注文量が大きいとカバー先が見つかりにくいのでそのまま市場に流したほうが効率よく決済できる可能性が高くなります。

このように 注文量に応じて注文処理方法を変えることによってスピードを高めて最適なレートでの約定を行います。

どの注文処理であっても、 NDD方式です。

そのため 不利約定やレート操作といった顧客が不利になる条件での約定が起こることを防いでいるので安心して利用できます

独自の取引ツールが利用できる

FXの取引に使用するプラットフォームの中ではMT4が有名だと思います。近年、さらに発展したMT5、cTraderなども徐々に利用者が増加しています。

IFCMarketsではMT4とMT5を利用することもできますが、 IFCMarketsのMT4口座は固定スプレッドのためおすすめしません

またIFCMarketsが独自に開発した、NetTraderXという取引ツールを使用できます。

NetTraderXの主な特徴は以下にまとめておきます。

複数ポジションの同時決済

MT4・MT5にも劣らないインジケーター、描画ツール

合併商品の作成

最大10銘柄のチャートを同時表示

ワークスペースの作成保存

上記のようにNetTraderXは、 高い性能とカスタマイズ性を備えています

取引ツールをカスタマイズして使用したい方やポートフォリオを独自に作成したり分析したりする方におすすめできるものです。

しかしMT4などを使い慣れている方は、独自のプラットフォームを使わずに MT5を使うことをおすすめします。

口座タイプごとの特徴

口座タイプごとの特徴比較

IFCMarketsではスタンダード口座とマイクロ口座の2種類の口座があります。

利用する取引プラットフォームによってスプレッドに大きな差が生まれるため、 口座タイプ×取引プラットフォームの組み合わせで考える必要があります

なぜなら利用する取引プラットフォームによってスプレッドに大きな差が生じるからです。

それぞれの口座のスペックを下記の表にまとめました。

IFCMarketsの口座特徴

口座

マイクロ口座

ビギナー口座(NetTradeX使用のマイクロ口座)

スタンダード口座

最大レバレッジ

400倍

400倍

200倍

最低入金額

100円

100円

100,000円

最小ロット

0.01ロット(1,000通貨)

0.001ロット (100通貨)

0.1ロット (10,000通貨)

スプレッド(MT4は固定のみ)

固定1.8pips/変動0.4pips

固定1.8pips/変動0.4pips

固定1.8pips/変動0.4pips

最大レバレッジは マイクロ口座で400倍となっており、国内FXに比べれば大きなレバレッジを書た取引ができますが、海外FXという枠で捉えるとそこまで高いとは言えません。

スタンダード口座ではさらに低い、 最大レバレッジ200倍となるのでレバレッジの面では優れてはいません。

さらに両口座ともに、 MT4を利用する場合には固定スプレッドが適用されることになります。

IFCMarketsの固定スプレッドはかなり広いので、MT4の利用はおすすめできません

しかし ロスカット水準が証拠金維持率10%以下という点に関しては高評価です。

強制ロスカットの危険性が他の海外FX業者よりも低いので含み損には耐えやすいと言えます。

スタンダード口座

IFCMarketsのスタンダード口座の特徴はいかのものです。

最大レバレッジが200倍

最小取引単位が0.1Lot (10,000通貨)

初回の最低入金額が10万円から

口座の上限なし

最低入金額は10万円からなので高く感じる方もいると思いますが、この口座がIFCMarketsでは一般的です。

ビギナー口座

IFCMarketsビギナー口座の特徴は以下のものが挙げられます。

最大レバレッジ400倍

最小取引単位が100通貨 (最低入金額100円)

口座の上限が50万円まで

uBTCを口座通貨として使用可能

ビギナー口座は、100通貨から取引できることと、uBTCを口座通貨として使用できることがマイクロ口座との違いです。

マイクロ口座

IFCMarketsビギナー口座の特徴は以下のものが挙げられます。

最大レバレッジ400倍

最小取引単位が0.01Lot (1,000通貨)

口座の上限が50万円まで

ビギナー口座とマイクロ口座は、 上限金額が50万円と決められてしまっているので、 口座残高が50万円に到達してしまったらスタンダード口座に移行しなければいけません

最低入金額である10年円を入金することが可能であれば、最初からスタンダード口座を開設すれば面倒なことがありません。

取引量に応じて利息が向上!着実に資産を増やせる!
IFC Markets (IFCマーケット) の
詳細を見る

IFC Markets (IFCマーケット) の口コミ・評判

IFC Marketsは日本で知名度が低く、口コミは見られません。

IFCMarkets (IFCマーケット) のボーナス・キャンペーン

現在開催中のボーナス・キャンペーン

余剰証拠金に対して利息がつくキャンペーン

IFCMarketでは取引口座の余剰証拠金に対して、 年利最大7%の利息がつくボーナスキャンペーンを開催しています。

利息は一時的に取引を休止している場合であっても付与されます。

利息率はトレーダーの当月の取引ロット数に応じて異なります

毎月利息が計算され、取引口座に追加されます。またその利息は制限なく資金を使用できます。入金上限と下限額の制限はありません。

利息率については以下の通りです。

利息キャンペーン

取引ロット (条件ロット数)

利息率 (年利)

10ロット以下

0%

10 - 30ロット

1%

30 - 50ロット

2%

50 - 70ロット

4%

70ロット以上

7%

キャンペーン条件は以下のものがあります。

利息は利用されていない資金・フリーマージンに対し計算されます

利息率は各トレーダーの月ごとの取引ロットにて下記の表のように決定されます

利息は毎日00:00 (CET) に計算され、蓄積されていきます

月末に蓄積された金額は取引口座に反映されます

スワップフリー・イスラム口座に利息はつきません

取引量に応じて利息が向上!着実に資産を増やせる!
IFC Markets (IFCマーケット) の
詳細を見る

過去に開催されていたボーナス・キャンペーン

口座開設後の入金額に対して30%入金ボーナスキャンペーン

このキャンペーンは、期間中にIFC Marketsで口座を開設した後、1,000ドル以上の入金を行うと、 30%の入金ボーナスが振り込まれるというものでした。

現在は開催されていませんが、過去に同様のキャンペーンが何度か開催されているため、 今後再び入金ボーナスキャンペーンが開催される可能性はあるでしょう

IFC Markets (IFCマーケット) のメリット

運営会社の信頼性が高い

IFC MarketsはIFCM Groupの子会社です。

IFCM Groupとは ロンドンのシティ・オブ・ロンドンに本社を構える世界的金融グループです

シティ・オブ・ロンドンはニューヨークのウォール街に並ぶ世界トップクラスの金融センターです。

ロンドン取引証券所・イングランド銀行を筆頭として世界の名だたる大手金融機関がある世界経済の中心地の1つです。

このようなことから IFC Marketsの信頼性は高いことがわかります。

最大レバレッジが400倍でゼロカットシステムを採用している

IFCMarketsは 最大レバレッジ400倍です。

国内業者と比べると IFC Marketsでは16分の1の証拠金で、同じ量のポジションをとれます

これは取引に使用する資金が乏しいトレーダーには大きなメリットであると言えます。

また損失が出てしまい口座残高がマイナスになってしまっても、ゼロカットシステムにより マイナス分を追証されることはないので投資金以上に資金がマイナスになることはありません。

ロスカット水準が低い

IFC Marketsは ロスカット水準が証拠金維持率10%以下とかなり低くなっている

ロスカット水準とは各業者が定める、強制ロスカットが執行されるラインのことです。

ロスカット水準は「証拠金維持率の〇〇%以下」というように証拠金維持率をもとに設定されています。

例えば10万円入金してドル円 (100円/ドル) で最大レバレッジの40万通貨をエントリーした場合は以下のようになります。

10万円入金してドル円 (100円/ドル) で最大レバレッジの40万通貨をエントリーした場合にロスカットされるタイミング

●ロスカット水準が証拠金維持率10%以下の場合
→許容できる含み損:-90,000円

●ロスカット水準が証拠金維持率40%以下の場合
→許容できる含み損:-50,000円

上記の例のように、ロスカット水準が証拠金維持率が低い業者のほうが、40,000円分多く含み損に耐えられるので、 積極的に高いレバレッジでトレードができます

3種類の取引ツールがある

IFC Marketsには3つの取引ツールがあります。

MetaTrader4 (MT4)

MetaTrader5 (MT5)

NetTraderX

おすすめの取引ツールはMetaTrader5 (MT5)です。

おすすめな理由はMetaTrader5 (MT5) がMetaTrader4 (MT4) に比べて、インジケーターやEAの種類は少ないが、 その他の要素は全体的にグレードアップしているからです

またNetTraderXはIFC Marketsの自社プラットフォームであるため、その他業者で利用できないという欠点があります。

カスタマイズ性がかなり高いので中級者以上の方におすすめできます

扱っている金融商品が豊富

IFCMarketsで取り扱う金融商品は、 FX通貨ペア・CFD銘柄含めて約600種類以上あります

主な商品は以下の通りです。

FX通貨ペアはメジャー通貨ペアだけではなく、マイナー通貨ペアまで取り揃え

世界各国の企業株CFD

ビットコインなどの仮想通貨

日経225やナスダックなどの株価指数CFD

原油や天然ガス等の商品CFD

全ての銘柄を取引プラットフォーム1つで取引できます。

顧客資産の全額補償がある

IFC Marketsの顧客資産管理は、分別管理であり、全面的に信頼できるとは言えません。

しかし IFC Marketsは破産した場合でも顧客資産は全額保証してもらえます

これはAIG EUROPE LIMITEDというアメリカのニューヨークを本拠地とする世界最大級 (資本金137億円) の 保険会社の補償がついているからです。

最低100円から取引を開始できる

マイクロ口座の初回最低入金額は、 100円からとなっています。

正直100円では大した取引はできませんが、極めて少額の入金を受け付けてくれるのはありがたいポイントだと思います。

まずは少額かつ小ロットで運用したいという人の希望に応えてくれるため、 初心者でも気軽に口座を開設して取引を始められます

入金対応が豊富

IFC Marketsはクレジットカードとbitwalletと銀行送金を使った入金に対応しています。

それぞれの入金方法で手数料が異なるので後ほど解説します。

また bitwalletでは出金手数料をかなり節約できます

海外FX業者から入金額を上回るの利益分を出金する場合には、必ず海外銀行送金での出金になります。

海外銀行送金では中継銀行と受取銀行の、リフティングチャージで約3,000円の出金手数料がかかってしまいます。

bitwalletの新規アカウント作成は即日無料で開設でき、いくつかの他の海外FX業者でも利用できるのでおすすめできます

入金・出金が即時に反映される

日本のFX業界では入出金の即時反映や手数料無料が一般的ですが、海外FX業者はシステム上の都合により 入出金に時間がかかる業者が多いです

しかしIFC Marketsの場合はクレジットカードやbitwalletなどの電子マネーを利用することで、 いずれも即時に入金できます

海外FX業者ではクレジットカードで決済できる業者が多いのですが、PayPal経由で入金すると反映に時間がかかります。

クレジットカードに対応している業者でも、PayPalを経由しないで入金可能かどうかを確認しておくことが非常に重要です。

固定スプレッドで価格の急激な変化に対応!高い利息で余剰資金を着実に増やすことができる。
IFC Markets (IFCマーケット) の
詳細を見る

IFC Markets (IFCマーケット) のデメリット

スプレッド幅が広い

スプレッドを重視して海外FX業者を選んでいる方は、 IFC Marketsを選ばない方がいいかもしれません

IFC Marketsは、固定スプレッド制で下記のような幅になっています。

TitanFXとのスプレッド比較

通貨ペア

IFC Markets

TitanFX

USD/JPY

1.8pips

1.03pips

EUR/JPY

2.5pips

1.44pips

GBP/JPY

5.5pips

2.15pips

AUD/JPY

3.5pips

1.82pips

EUR/USD

1.8pips

0.90pips

GBP/USD

2.0pips

1.27pips

AUD/USD

2.0pips

1.22pips

(※1) IFCMarketsは固定スプレッド制のため固定値を記載しています
(※2) TitanFXとAxioryはECN口座なので「平均スプレッド+取引手数料」の合計値を記載しています

スプレッドの幅が広く多くの手数料がかかってしまいます。

スタンダード口座の最低入金額が高い

IFC Marketsのスタンダード口座の初回最低入金額は、 10万円からとなっています。

マイクロ口座が100円から入金可能なことに対して、かなり高額の設定です。

自己資本に乏しいトレーダーや最初から10万円を入金することに抵抗があるトレーダーは、 マイクロ口座を開設して取引をするか他の海外FX業者を検討してもいいかもしれません

マイクロ口座の最大入金額が決まっている

IFC Marketsのマイクロ口座の入金額には上限があり、 口座残高を50万円以上にすることはできません

口座残高が50万円を超えると、 新規のポジションを持てなくなるので注意が必要です。

その場合の対応策としては以下のものがあります。

スタンダード口座に乗り換える

口座残高が50万円以下になるように出金する

別の海外FX業者の利用を検討する

日本人に対してのサポートが悪い

IFC Marketsの日本語版公式サイトは、かなり丁寧な日本語で書かれているので問題ありません。

しかし 問い合わせに関するサポートが不十分だと思います。

なぜなら電話やチャット、メールでの問い合わせに対応していますが、電話はつながることが少ないです。

結局メールで聞くことになり、時間がかかります。

IFC Marketsは24時間のサポートに対応しているとうたってはいますが、この状況では関係ないと言えます。

出金時にクレジットカードは使えない

IFC Marketsではクレジットカードで入金できますが、 出金には対応していません

クレジットカードで入金した場合、クレジットカード以外の方法で出金しなければいけません。

しかし他の海外FX業者のようにアンチマネーロンダリングとして、 入金額以上でのクレジットカードでの出金が求められることはないので、クレジットカード以外で出金したいトレーダーであれば問題ありません。

IFC Markets (IFCマーケット) の取扱通貨ペア

IFC Marketsの取扱通貨ペア一覧

USD/JPY

EUR/USD

GBP/USD

AUD/USD

USD/CAD

USD/CHF

EUR/GBP

EUR/JPY

AUD/JPY

ZAR/JPY

AUD/CAD

AUD/CHF

AUD/NZD

CAD/CHF

CAD/JPY

CHF/JPY

EUR/AUD

EUR/CAD

EUR/CHF

EUR/NZD

EUR/PLN

EUR/SEK

EUR/TRY

EUR/ZAR

GBP/AUD

GBP/CAD

GBP/CHF

GBP/JPY

GBP/NZD

NZD/CAD

NZD/CHF

NZD/JPY

NZD/USD

USD/HKD

USD/MXN

USD/PLN

USD/SGD

USD/TRY

USD/ZAR

EUR/RUB

EUR/HKD

GBP/SEK

USD/DKK

USD/NOK

USD/RUB

USD/CZK

EUR/MXN

EUR/CZK

IFC Markets (IFCマーケット) の手数料

売買手数料

IFC Marketsでは売買手数料 (取引手数料) は無料です。

口座維持手数料

IFC Marketsの口座維持手数料は無料です。

入金手数料

IFC Marketsでは入金手数料が入金方法によって異なります。

IFC Marketsの入金手数料

入金方法

手数料

クレジットカード

無料

bitwallet

無料

国内銀行送金

10,000円以下の入金:1,070円相当 /10,000円以上の入金:手数料なし

海外銀行送金

30米ドル相当

前述しましたがクレジットカードでの出金は入金額までしかできませんので、 他の海外FX業者でも使えるbitwalletでの入金をおすすめします

出金手数料

IFC Marketsでは、 海外銀行送金かmybitwalletを利用して出金することが可能です

海外銀行送金の場合、約3,000円の出金手数料がかかってしまいます、

mybitwalletの場合は以下のようになるため、海外銀行送金と比較すると出金1回当たり約2,000円節約できるのは非常にありがたいです。

海外FX口座→mybitwallet:無料

mybitwallet→銀行口座:一律824円

IFC Markets (IFCマーケット) のスプレッド

IFC Marketsのスプレッド一覧表

USD/JPY (米ドル / 円)

1.8pips

EUR/USD (ユーロ / 米ドル)

1.8pips

GBP/USD (英ポンド / 米ドル)

2pips

AUD/USD (豪ドル / 米ドル)

2pips

USD/CAD (米ドル / カナダドル)

3pips

USD/CHF (米ドル / スイスフラン)

2pips

EUR/GBP (ユーロ / 英ポンド)

1.8pips

EUR/JPY (ユーロ / 円)

2.5pips

AUD/JPY (豪ドル / 円)

3.5pips

ZAR/JPY (南アフリカランド / 円)

65pips

AUD/CAD (豪ドル / カナダドル)

4.5pips

AUD/CHF (豪ドル / スイスフラン)

4.5pips

AUD/NZD (豪ドル / ニュージーランドドル)

8pips

CAD/CHF (カナダドル / スイスフラン)

4.5pips

CAD/JPY (カナダドル / 円)

3.5pips

CHF/JPY (スイスフラン / 円)

4pips

EUR/AUD (ユーロ / 豪ドル)

4pips

EUR/CAD (ユーロ / カナダドル)

4.5pips

EUR/CHF (ユーロ / スイスフラン)

2.5pips

EUR/NZD (ユーロ / ニュージーランドドル)

6.5pips

EUR/PLN (ユーロ / ポーランドズロチ)

25pips

EUR/SEK (ユーロ / スウェーデンクローナ)

60pips

EUR/TRY (ユーロ / トルコリラ)

50pips

EUR/ZAR (ユーロ / 南アフリカランド)

105pips

GBP/AUD (英ポンド / 豪ドル)

6pips

GBP/CAD (英ポンド / カナダドル)

6pips

GBP/CHF (英ポンド / スイスフラン)

6pips

GBP/JPY (英ポンド / 円)

5.5pips

GBP/NZD (英ポンド / ニュージーランドドル)

15pips

NZD/CAD (ニュージーランドドル / カナダドル)

6pips

NZD/CHF (ニュージーランドドル / スイスフラン)

6pips

NZD/JPY (ニュージーランドドル / 円)

5.5pips

NZD/USD (ニュージーランドドル / 米ドル)

3pips

USD/HKD (米ドル / 香港ドル)

16pips

USD/MXN (米ドル / メキシコペソ)

50pips

USD/PLN (米ドル / ポーランドズロチ)

30pips

USD/SGD (米ドル / シンガポールドル)

5pips

USD/TRY (米ドル / トルコリラ)

50pips

USD/ZAR (米ドル / 南アフリカランド)

75pips

EUR/RUB (ユーロ / ロシアルーブル)

1500pips

EUR/HKD (ユーロ / 香港ドル)

20pips

GBP/SEK (英ポンド / スウェーデンクローナ)

65pips

USD/DKK (米ドル / デンマーククローネ)

12pips

USD/NOK (米ドル / ノルウェークローネ)

60pips

USD/RUB (米ドル / ロシアルーブル)

1,000pips

USD/CZK (米ドル / チェココルナ)

300pips

EUR/MXN (ユーロ / メキシコペソ)

75pips

EUR/CZK (ユーロ / チェココルナ)

300pips

IFC Markets (IFCマーケット) のスワップポイント

IFC Marketsのスワップポイント一覧表

通貨ペア名

売りスワップ

買いスワップ

USD/JPY (米ドル / 円)

-0.43

-0.2

EUR/USD (ユーロ / 米ドル)

-0.06

-0.53

GBP/USD (英ポンド / 米ドル)

-0.3

-0.42

AUD/USD (豪ドル / 米ドル)

-0.19

-0.23

USD/CAD (米ドル / カナダドル)

-0.42

-0.37

USD/CHF (米ドル / スイスフラン)

-0.56

0

EUR/GBP (ユーロ / 英ポンド)

-0.08

-0.42

EUR/JPY (ユーロ / 円)

-0.19

-0.25

AUD/JPY (豪ドル / 円)

-0.28

-0.16

ZAR/JPY (南アフリカランド / 円)

-

-

AUD/CAD (豪ドル / カナダドル)

-0.3

-0.28

AUD/CHF (豪ドル / スイスフラン)

-0.37

-0.01

AUD/NZD (豪ドル / ニュージーランドドル)

-0.24

-0.38

CAD/CHF (カナダドル / スイスフラン)

-0.41

-0.07

CAD/JPY (カナダドル / 円)

-0.18

-0.3

CHF/JPY (スイスフラン / 円)

-0.11

-0.55

EUR/AUD (ユーロ / 豪ドル)

-0.11

-0.79

EUR/CAD (ユーロ / カナダドル)

-0.21

-0.79

EUR/CHF (ユーロ / スイスフラン)

-0.38

-0.23

EUR/NZD (ユーロ / ニュージーランドドル)

-0.08

-0.98

EUR/PLN (ユーロ / ポーランドズロチ)

-1.12

-2.11

EUR/SEK (ユーロ / スウェーデンクローナ)

-1.7

-4.13

EUR/TRY (ユーロ / トルコリラ)

-2.65

-33.58

EUR/ZAR (ユーロ / 南アフリカランド)

12.63

-37.53

GBP/AUD (英ポンド / 豪ドル)

-0.46

-0.54

GBP/CAD (英ポンド / カナダドル)

-0.55

-0.53

GBP/CHF (英ポンド / スイスフラン)

-0.64

-0.03

GBP/JPY (英ポンド / 円)

-0.47

-0.3

GBP/NZD (英ポンド / ニュージーランドドル)

-0.45

-0.71

NZD/CAD (ニュージーランドドル / カナダドル)

0.3

0.21

NZD/CHF (ニュージーランドドル / スイスフラン)

-0.39

-0.01

NZD/JPY (ニュージーランドドル / 円)

-0.32

-0.11

NZD/USD (ニュージーランドドル / 米ドル)

-0.23

-0.17

USD/HKD (米ドル / 香港ドル)

-2.74

-2.15

USD/MXN (米ドル / メキシコペソ)

-4.23

-65.21

USD/PLN (米ドル / ポーランドズロチ)

-1.57

-1.1

USD/SGD (米ドル / シンガポールドル)

-0.38

-0.63

USD/TRY (米ドル / トルコリラ)

-3.44

-27.26

USD/ZAR (米ドル / 南アフリカランド)

7.96

-28.71

EUR/RUB (ユーロ / ロシアルーブル)

7.44

-209.02

EUR/HKD (ユーロ / 香港ドル)

-1.48

-4.5

GBP/SEK (英ポンド / スウェーデンクローナ)

-3.81

-2.32

USD/DKK (米ドル / デンマーククローネ)

-3.51

-0.23

USD/NOK (米ドル / ノルウェークローネ)

-3.52

-1.51

USD/RUB (米ドル / ロシアルーブル)

-5.55

-164.46

USD/CZK (米ドル / チェココルナ)

-8.74

-7.75

EUR/MXN (ユーロ / メキシコペソ)

-0.69

-81.42

EUR/CZK (ユーロ / チェココルナ)

-3.91

-14.01

IFC Markets (IFCマーケット) のレバレッジ

IFCMarketsにはスタンダード口座とマイクロ口座の2種類の口座があります。

スタンダード口座の最大レバレッジは200倍で、マイクロ口座の最大レバレッジは400倍です

利用する取引プラットフォームによってスプレッドが大きく変わるため、 口座タイプと取引プラットフォームの組み合わせから最適なものを選びましょう

IFC Markets (IFCマーケット) のロスカット

ロスカット水準は低い!

IFCMarketsはロスカット水準を、「証拠金維持率10%以下」で設定しており、 他の海外FX業者と比較しても優秀であるといえます

参考までに他の海外FX業者のロスカット水準は下に記します。

ロスカット水準比較

業者

ロスカット水準

IFCMarkets

証拠金維持率10%以下

XM

証拠金維持率20%以下

FBS

証拠金維持率20%以下

GemForex

証拠金維持率20%以下

Tradeview

証拠金維持率100%以下

iForex

証拠金維持率0%以下

多くの海外FX業者がロスカット水準を証拠金維持率20%以下としています。

ロスカット水準が低いと、含み損に耐えられる額が大きいです

相場の反転を予想しできれば、長い期間ポジションを保有し続けられるので、損失が出づらい状況を作りやすいでしょう。

ゼロカットシステムを採用している

IFC Marketsは、 資金管理のハードルがかなり低いです

マージンコールなし・ロスカットは証拠金維持率10%なので、 少ない口座残高でも多くの含み損までポジションの維持が可能です

さらに万が一ロスカットが作動しないほど相場が急落し、残高がマイナスになったとしてもゼロカットによってマイナス分に補填が入ります。

IFC Markets (IFCマーケット) の取引ツール

IFC MarketsではMT4・MT5を使用できますが、 さらに独自に開発された、NetTraderXと呼ばれる取引ツールを使用できます

NetTraderXの特徴は以下のものが挙げられます。

複数ポジションの同時決済

MT4・MT5にも劣らないインジケーターと描画ツール

ワークスペースの作成と保存

合併商品の作成

最大10銘柄のチャートを同時に表示

NetTraderXは性能が高くカスタマイズ性に富んでいるので、 中級者以上におすすめです

初心者の方やMT4、MT5に慣れている方は無理をしてNetTraderXを使う必要性はありませんが、自分でポートフォリオを作成して分析したい方はぜひ使ってみてください。

IFC Markets (IFCマーケット) のデモトレード口座

IFC Marketsではデモトレードが可能な口座を作成できます

デモ口座の開設方法は以下の通りです。

IFC Marketsウェブサイトへアクセスし、「無料デモを体験」をクリックします。

デモ口座開設画面が表示されたら必要事項を入力して「無料デモ口座」をクリックします。

「メールにて送信したリンクをお押しください。」というメッセージが表示されますので、IFC Marketsからのメールを確認してください。

メール内にある「メールを確認」をクリックして口座開設の画面で必要事項を入力してください。

このとき 「リアル口座」ではなく「デモ口座」にチェックを入れることを忘れずに

デモ口座が開設されました」というメッセージが表示されます。これでデモ口座の開設は完了しています。

ご希望の取引ツールのタイプを選択してダウンロードを行い、デモ口座をご利用ください。

FC Marketsからお客様のご登録メールアドレスに 新規口座登録の確認メールが送付されます。

ログイン情報が記載されていますので、大切に保管してください。

IFC Markets (IFCマーケット) の自動売買

IFC Marketsの取引はディーリングデスクの介入のない、NDD方式で行われます。

DMSA方式とSTP方式のハイブリッド型といえる注文方式を採用しているため、3パターンに分類できます。

100万ドル以下の場合 (STP方式)

顧客の注文は自社で約定

基本的に小さな注文は自社で相殺

あまりったポジションをヘッジ

約定リスクはIFC Marketsが負担

100万ドル~1,000万ドルの場合 (STP方式)

顧客の注文は自社で約定してヘッジ

約定リスクはIFC Marketsが負担

1,000万ドル以上の場合 (DMA方式)

顧客の注文は直接流動性提供者へ流れる

約定リスクは顧客が負担

遅延やリクオートの可能性あり

取引量に応じて自動的に注文方式が変更され、最適なものに切り替わります。

取引量によってカバー取引の方法が変わるのは、多くの業者でも行っていますが、 IFC Marketsは「固定スペレッド」でもそれを可能にしていることが大きな特徴です

またこの取引形態は独自取引ツールのNetTraderXだけではなくMT4でも普通に取引できます。

IFC Markets (IFCマーケット) のスマホアプリ

IFC Marketsではスマホでも取引を実行できます。

独自取引ツールであるNetTradeXはもちろん、MT4とMT5でもスマホでの取引が可能です

AndroidとiOSに対応しているため、パソコンを持っていない方でも気軽に取引を開始できます。

IFC Markets (IFCマーケット) の使い方

入金方法

入金方法は 海外銀行送金、クレジット・デビットカード、mybitwalletに対応しています

それぞれの入金方法とその反映時間、手数料を表にしてまとめました。

入金方法と手数料

入金方法

反映時間

手数料

海外銀行送金

2〜3営業日

IFC Markets : 無料、金融機関 : 3,000円程度

クレジットカード/デビットカード

即時

無料

mybitwallet

即時

無料

結論からいうと クレジット・デビットカードかmybitwalletがおすすめです。

なぜなら海外銀行送金は送金元の金融機関や中継する金融機関によって高い手数料が発生するからです。

さらにmybitwalletは着金が反映される時間も早いことと、ビットコインでの入金も可能なので、できるだけ日本円で取引をしたくないという方でも安心して取引ができます。

IFC Marketsは口座タイプによって初回最低入金額と残高上限が決まっています。

口座タイプと残高上限

口座タイプ

マイクロ口座

スタンダード口座

残高上限

50万円

上限なし

最低入金額

100円

10万円

マイクロ口座で始めた後に50万円以上の取引をしたい方は、 途中からスタンダード口座に資金を移動するか残高を出金して50万円以下に調整する必要性が出てきます

出金方法

出金方法は 海外銀行送金とクレジット・デビッドカード、mybitwalletの3種類があります

それぞれの出金方法とその反映時間、手数料についてまとめてみました。

出金方法と手数料

出金方法

反映時間

手数料

海外銀行送金

2〜3営業日

IFC Markets : 無料、金融機関 : 3,000円程度

クレジットカード/デビットカード

即時

無料

mybitwallet

即時

IFC Markets:無料、mybitwallet:1,070円

クレジット・デビッドカードはアンチマネーロンダリング法により、入金額以上の利益分の出金ができません。

しかしmybitwalletでは利益を、入金額以上に出金可能なので、 mybirwalletでの出金をおすすめします

取引方法

注文数量

IFC Marketsの最低取引数量は、スタンダード口座の場合0.1Lotで10,000通貨です。

マイクロ口座は取引ツールによって変わります。

NetTradeXは0.002Lotで100通貨MT4とMT5は0.01ロットで1,000通貨です。

マイクロ口座は、 本格的に資金を投入して取引を始める前に、試験的に少額から始められるメリットがあります

注文方法

IFC Marketsには成行注文、指値・逆指値注文、OCO、IFD/IFOといった注文方法があります。

それぞれの特徴を解説していきます。

成行注文とは、売買を行う際に、 値段を指定せずに注文することです。

売買が成立した場合の値段は、成立した売買の相手によって決まります。

値段的には少々不利になってもいいので、今すぐに欲しい (売りたい) 場合に使われることの多い注文方法です。

高い価格変動の中でポジションを建てるには

1

ポジションを建てる際に顧客に対し新たな市場価格が提示

2

顧客は、取引遂行のダイアログボックスで「any price」に印を付けることが可能(ポジションは価格に対し開かれており、顧客からの注文が入った時点での市場時価が実際の価格となる)

指値・逆指値注文とは予約注文のようなもので、価格を自ら設定して売買することです。

取引は注文時に出す条件が市場において達成されているときに実行されます。

市場の条件次第では提示した価格では実行不可能な場合もあります。

その際にはIFC Marketsが時価で取引を行うか、提示した価格の見直しを行います。

このような状況は市場の大きな動きによって生じるため、金融商品の価格には注意が必要です。

1

指値・逆指値注文組み合わせ・・・ 損切り注文と利食い注文の2つに分類されます

2

損切り注文・・・可能な限り損失を食い止めるためのもので、 ポジション開始時や指値・逆指値での価格によりも不利な価格が設定されます

3

利食い注文・・・指値で取引を終える注文で、 ポジション開始時よりも有利な価格が設定されます

4

OCO注文・・・時価とは異なる価格で売買を行うことです。2種類の注文をして、 片方の注文が成立したらもう一方の注文は自動で取り消されます

OCO注文は、NetTradeXでのみ使用できます。

IFD/IFO注文とは、指値・逆指値の種類の一つで提示する価格を指定する注文方法です。

NetTradeXとMT5で使用可能です。

IFC Markets (IFCマーケット) の日本人対応

日本語サポート対応の種類

サポート窓口

方法

日本語対応

受付時間

電話

カタコト

日本語対応は平日13〜21時半

メール

機械翻訳レベル

常時受付

専用フォーム

機械翻訳レベル

常時受付

チャット

機械翻訳レベル

日本語対応は平日13〜21時半

日本語サポートの質

海外FX業者を選ぶ上でサポートの質は重要な判断基準になります。

IFC Marketsでは 日本語対応のフリーダイヤルの電話サポートが用意されています。

さらにメールとチャットによるサポートが受けられます。

通常 電話はスムーズに繋がり、メールやチャットでの返信も早いです

電話・メール・チャットの日本語での問い合わせ受付時間は、平日の13時〜21時30分までとなっておりますので注意が必要です。

しかし日本語の質はあまり高くありません。

メール・チャットはコンピューターでの翻訳レベル、 電話のオペレーターは片言の日本語しか話せません

IFC Markets (IFCマーケット) のスキャルピング

スキャルピングは可能か?

IFC Marketsでは他の多くの海外FX業者同様にスキャルピングが公認されています。

スキャルピングに向いている?

スキャルピングの肝はスプレッドです。

IFC Marketsの固定スプレッドも変動スプレッドも比較的広く設定されています。

固定スプレッドに関しては他の海外FX業者に比べてかなり広くなっています。

つまり IFC Marketsではスキャルピングを行えますが、決して向いているとはいえません

IFC Markets (IFCマーケット) の口座開設・登録方法

STEP1 口座開設ページを開く

まずはホームページから口座開設ページを開きます。

STEP2 申込フォームに必要情報を入力

1

「氏名 (漢字表記)」

2

「氏名 (ローマ字)」

3

「生年月日」

4

「性別」

5

「メールアドレス」

上のような項目をそれぞれ入力してください。ここでの「氏名 (ローマ字)」は入出金で使用するクレジット・デビッドカードの名義や mybitwalletに登録したものと同じ綴りにしましょう。入金反映の時間に関わってきます。

1

「電話番号」

2

「郵便番号」

3

「住所」

次に上記の項目を入力します。

次にそれぞれ以下のものを入力してください。

1

「パスポート番号 (免許証番号) 」

2

「居住国」「国籍」

3

「婚姻関係」

1

「口座タイプ」

2

「口座通貨」

3

「為替取引経験」

資金出金先として登録する銀行情報を記入します。

1

「銀行名」

2

「銀行支店名」

3

「銀行支店住所」

4

「銀行口座番号」

5

「秘密の言葉」

最後に「IFC Markets 取引規約」と「個人情報保護方針」の内容を確認してからチェックボックスにそれぞれチェックを入れてください。そして「入力内容確認」をクリックします。

入力内容が正しいことを確認したら、「送信」ボタンを押してください。

STEP3 本人確認書類とマイナンバー記載書類について

IFC Marketsの口座開設には本人確認書類と住所証明書類が必要です。

本人確認書類

パスポート

運転免許証 (両面)

住民基本台帳

写真付きマイナンバーカード

のいずれか
住所証明書類

パスポート裏表紙に住所手書きした画像

運転免許証 (両面)

住民基本台帳

写真付きマイナンバーカード

のいずれか

口座開設サポート申込控えメールに記載されている書類アップロードのリンクをクリックすると、 必要書類のアップロードフォームが表示されます

案内に従ってアップロードを行ってください。

STEP4 審査&口座開設完了

審査を通過すれば口座開設は完了です。

IFC Markets (IFCマーケット) の解約

解約をしたい場合、登録したメールアドレスから、 IFC Markets サポートデスクへ口座番号と解約希望の旨を申し出ましょう

IFC Markets (IFCマーケット) の取引時間

CFDとFX取引時間は、 世界証券取引所の営業時間を反映しています

FXは世界各国で取引が行われており、日本市場が閉まっている時間でも、他の国では取引が行われています。土日以外24時間取引を行うことが可能です。

CFDと為替の取引時間は、公式サイトのツールで確認できます。

【使い方】

1

CFDと為替の取引時間は資産タイプごとにリストから確認してください

2

取引時間を日本標準表示にするため、希望の日と時間帯を選んでください

IFC Markets (IFCマーケット) の情報力

IFC Markets公式サイトから、マーケット分析についてのビデオやビデオチュートリアル・ビデオマニュアルなどの情報サービスを提供していますが、 全て英語での展開となっております。

しかし、 動画以外のコンテンツはほとんどが日本語に対応しているのでご安心ください。

IFC Markets (IFCマーケット) のまとめ

IFC Marketsは以下のような 様々なメリットがある海外FX業者であることが分かったと思います。

完全固定のスプレッドがある

0.001ロットという非常に低い金額からの取引が可能

口座の資金に利息がつく

日本語対応の問い合わせの質がよくないことやマイクロ口座の入金上限など、 デメリットもありますがそれを上回るメリットを得られる優秀な海外FX業者です

この記事を読んでIFC Marketsに興味が湧いた方は、まず最低入金額の低いマイクロ口座からお試しの気持ちで始めてみてはいかがでしょうか。

評判・口コミ・レビュー
4.67
評判・口コミをもっと見る
通貨ペア数
49種
スプレッド
1.8pips
原則固定
例外あり
スワップ
売り
-0.43
買い
-0.2
※米ドル/円
取引しなくても取引量に応じて利息がつくため、無条件で一定の資産を増やすことができる!
日本人サポートスタッフが常駐!様々なツールでサポートしてくれるため日本の初心者でも安心して利用可能!
固定スプレッドを採用!価格の変動に大きな影響を受けないためリスク管理が容易で安心!
詳しく見る
IFC Markets (IFCマーケット) に
無料口座開設

IFC Markets (IFCマーケット) の
評判・口コミ・レビュー

フリーマージンに最大7%の利息が加算!
43歳 / 男性 / サービス業 / FX歴10ヶ月
1970年01月01日
5
やっぱり信頼できるところですね。10年以上はブローカー実積あると聞いてますし、会社の破綻時には損害額全額保証されると聞いてるので良いですね。それもAIGグループの保険に加入してるらしいので安心です。IFCマーケットはおすすめです。
フリーマージンに最大7%の利息が加算!
43歳 / 男性 / サービス業 / FX歴10ヶ月
1970年01月01日
5
やっぱり信頼できるところですね。10年以上はブローカー実積あると聞いてますし、会社の破綻時には損害額全額保証されると聞いてるので良いですね。それもAIGグループの保険に加入してるらしいので安心です。IFCマーケットはおすすめです。
独自取引ツールを使うことができたので安心でした
31歳 / 男性 / 製造業 / FX歴2年
1970年01月01日
4
まず、取引手数料については無料だったので安心して利用することができました。また、独自取引ツールをしっかりと使うことができたので本当に良かったです。ただ、スプレッドに関しては広かったので少し不満に感じました。

IFC Markets (IFCマーケット) の
関するQ&A(よくある質問)

Q1
クレジットで入金した金額はクレジットで出金されますか?

IFC Marketsでは、クレジットカードで入金した金額については、同一クレジットカードでの出金になります

クレジットカードによる出金は、ショッピング枠ご利用の際の、支払いキャンセル時の返金処理と同様の手続きが行われます。

Q2
ログインパスワードを忘れた場合の対処法を教えてください

パスワードを忘れた場合は、次の手順で会員ページのパスワードをリセットできます

Q3
サーバーの稼働時間を知りたいです

IFC Marketsで提供している取引ツールのMT4とMT5とNetTradeXに表示される時刻は、IFC Marketsのサーバー時間となっています

冬時間はGMT+1 (日本時間との時差は8時間)、夏時間はGMT+2 (日本時間との時差は7時間) です。

IFC Markets (IFCマーケット) の
詳細情報

基本情報
最小取引単位 (米ドル/円)
10,000通貨
通貨ペア数
49種
24時間サポート体制
デモトレード口座
取引時間
夏時間: (月曜) 午前6:00~ (土曜) 午前6:00 (日本時間) 冬時間: (月曜) 午前7:00~ (土曜) 午前7:00 (日本時間)
ロールオーバー
夏時間-日本時間5:00冬時間-日本時間6:00
週末クローズ時の注文
-
週末のリーブオーダー
注文方法
成行,指値,逆指値,IFO,IFD,OCO,トレイリングストップ
両建て取引
可能
現物受渡
-
マージンコール
証拠金維持率50%以下
ロスカット
証拠金維持率20%以下
ゼロカットシステム
口座維持手数料
なし
モバイル取引
iPhone,iPad,Android,WindowesPhoneにて取引可能
テクニカルチャート
テクニカル日本語チャート
システムトレード
なし
無料取引ツール
なし
サポート 対応言語数
17言語
日本語サイト
日本語対応
日本人スタッフ
3名
取引システム
日本語対応済み
電話サポート
あり電話番号:0120-963-965
メールサポート
メールアドレス
jpn@ifcmarkets.com
口座開設サポート
-
カスタマーサポート
あり
入出金情報
入金方法 国内銀行送金
海外銀行送金
クレジットカード
仮想通貨
BXONE
-
bitwallet
STICPAY
-
その他
Skrill
入金手数料 国内銀行送金
振り込み元銀行の手数料
海外銀行送金
振り込み元銀行の手数料
クレジットカード
無料
仮想通貨
ブロックチェーン手数料のみ
BXONE
-
bitwallet
無料
STICPAY
-
入金額の口座反映 国内銀行送金
1営業日
海外銀行送金
2~3営業日以内
クレジットカード
即時反映
仮想通貨
ブロックチェーンの確認後
BXONE
-
bitwallet
即時反映
STICPAY
-
最低入金額 国内銀行送金
10,000円
海外銀行送金
10,000円
クレジットカード
10,000円
仮想通貨
0.001BTC
BXONE
-
bitwallet
1,00円
STICPAY
-
出金方法 国内銀行送金
-
海外銀行送金
クレジットカード
仮想通貨
BXONE
-
bitwallet
STICPAY
-
その他
Skrill・Neteller
出金手数料 国内銀行送金
-
海外銀行送金
仲介銀行と為替手数料が発生可能
クレジットカード
2%+800円
仮想通貨
0.0005BTC
BXONE
-
bitwallet
100円+824円 (bitwalletからの手数料)
STICPAY
-
出金額の口座反映 国内銀行送金
-
海外銀行送金
2〜3日営業日以内
クレジットカード
1〜5日営業日以内
仮想通貨
ブロックチェーンネットワークの確認
BXONE
-
bitwallet
即時反映
STICPAY
-
出金可能額 国内銀行送金
-
海外銀行送金
無制限
クレジットカード
1日あたり100,000円
仮想通貨
無制限
BXONE
-
bitwallet
無制限
STICPAY
-
口座タイプ
口座タイプ
【NetTradeX】Beginner変動口座 / Beginner固定口座 / Standard変動口座 / Standard固定口座【MT4】Micro固定口座 / Standard固定口座【MT5】Micro変動口座 / Standard変動口座
取引環境
NetTradeX / MT4 / MT5
口座通貨
USD,JPY,EUR
初回最低入金額
【NetTradeX】Beginner口座:100円 / Standard口座:100,000円 / 【MT4/MT5】Micro口座:100円 / Standard口座:100,000円
取引通貨単位
1Lot=100,000通貨
最低取引数量
【NetTradeX】Beginner:0.001ロット(100通貨)、Standard口座:0.1ロット(10,000通貨)【MT4/MT5】Micro口座:0.01ロット(1,000通貨)、Standard口座:0.1ロット(10,000通貨)
最大レバレッジ
【NetTradeX】Beginner口座:400倍、Standard口座:200倍【MT4/MT5】Micro口座:400倍、Standard口座:200倍
通貨ペア数
53通貨ペア
CFD銘柄数
株価指数、株式、商品、先物CFDなど合計500銘柄以上
取引手数料
無料
発注方式
STP方式,DD方式,DMA方式
スプレッド方式
固定スプレッド
会社情報
運営会社
IFCMARKETS CORP
本社所在地
2ndFloor,145-157StJohnStreetEC1V4PY,London,UK
ライセンス
BritishVirginIslandFinancialServicesCommission,No.SIBA/L/14/1073
事業開始日
2006
資本金
24,000,000ドル
従業員数
65名
証拠金の信託保全方法
分別保管&米大手保険機関AIGによる保険保護
カバー取引先
Tier1金融機関へのカバー
破綻時の資金返却方法
AIG (アメリカン・インターナショナル・グループ) 保険より資産全額を補填

IFC Markets (IFCマーケット) の
取扱通貨ペア情報

スプレッド・スワップ・最小単位
取扱通貨
ペア
スプレッド
スワップ
最小取引
単位
売り 買い
USD/JPY
米ドル / 円
1.8pips -0.43 -0.2 10,000通貨
EUR/USD
ユーロ / 米ドル
1.8pips -0.06 -0.53 10,000通貨
GBP/USD
英ポンド / 米ドル
2pips -0.3 -0.42 10,000通貨
AUD/USD
豪ドル / 米ドル
2pips -0.19 -0.23 10,000通貨
USD/CAD
米ドル / カナダドル
3pips -0.42 -0.37 10,000通貨
USD/CHF
米ドル / スイスフラン
2pips -0.56 0 10,000通貨
EUR/GBP
ユーロ / 英ポンド
1.8pips -0.08 -0.42 10,000通貨
EUR/JPY
ユーロ / 円
2.5pips -0.19 -0.25 10,000通貨
AUD/JPY
豪ドル / 円
3.5pips -0.28 -0.16 10,000通貨
ZAR/JPY
南アフリカランド / 円
65pips - - 0通貨
AUD/CAD
豪ドル / カナダドル
4.5pips -0.3 -0.28 10,000通貨
AUD/CHF
豪ドル / スイスフラン
4.5pips -0.37 -0.01 10,000通貨
AUD/NZD
豪ドル / ニュージーランドドル
8pips -0.24 -0.38 10,000通貨
CAD/CHF
カナダドル / スイスフラン
4.5pips -0.41 -0.07 10,000通貨
CAD/JPY
カナダドル / 円
3.5pips -0.18 -0.3 10,000通貨
CHF/JPY
スイスフラン / 円
4pips -0.11 -0.55 10,000通貨
EUR/AUD
ユーロ / 豪ドル
4pips -0.11 -0.79 10,000通貨
EUR/CAD
ユーロ / カナダドル
4.5pips -0.21 -0.79 10,000通貨
EUR/CHF
ユーロ / スイスフラン
2.5pips -0.38 -0.23 10,000通貨
EUR/NZD
ユーロ / ニュージーランドドル
6.5pips -0.08 -0.98 10,000通貨
EUR/PLN
ユーロ / ポーランドズロチ
25pips -1.12 -2.11 10,000通貨
EUR/SEK
ユーロ / スウェーデンクローナ
60pips -1.7 -4.13 10,000通貨
EUR/TRY
ユーロ / トルコリラ
50pips -2.65 -33.58 10,000通貨
EUR/ZAR
ユーロ / 南アフリカランド
105pips 12.63 -37.53 10,000通貨
GBP/AUD
英ポンド / 豪ドル
6pips -0.46 -0.54 10,000通貨
GBP/CAD
英ポンド / カナダドル
6pips -0.55 -0.53 10,000通貨
GBP/CHF
英ポンド / スイスフラン
6pips -0.64 -0.03 10,000通貨
GBP/JPY
英ポンド / 円
5.5pips -0.47 -0.3 10,000通貨
GBP/NZD
英ポンド / ニュージーランドドル
15pips -0.45 -0.71 10,000通貨
NZD/CAD
ニュージーランドドル / カナダドル
6pips 0.3 0.21 10,000通貨
NZD/CHF
ニュージーランドドル / スイスフラン
6pips -0.39 -0.01 10,000通貨
NZD/JPY
ニュージーランドドル / 円
5.5pips -0.32 -0.11 10,000通貨
NZD/USD
ニュージーランドドル / 米ドル
3pips -0.23 -0.17 10,000通貨
USD/HKD
米ドル / 香港ドル
16pips -2.74 -2.15 10,000通貨
USD/MXN
米ドル / メキシコペソ
50pips -4.23 -65.21 10,000通貨
USD/PLN
米ドル / ポーランドズロチ
30pips -1.57 -1.1 10,000通貨
USD/SGD
米ドル / シンガポールドル
5pips -0.38 -0.63 10,000通貨
USD/TRY
米ドル / トルコリラ
50pips -3.44 -27.26 10,000通貨
USD/ZAR
米ドル / 南アフリカランド
75pips 7.96 -28.71 10,000通貨
EUR/RUB
ユーロ / ロシアルーブル
1500pips 7.44 -209.02 10,000通貨
USD/DKK
米ドル / デンマーククローネ
12pips -3.51 -0.23 10,000通貨
USD/RUB
米ドル / ロシアルーブル
1,000pips -5.55 -164.46 10,000通貨
USD/CZK
米ドル / チェココルナ
300pips -8.74 -7.75 10,000通貨
EUR/CZK
ユーロ / チェココルナ
300pips -3.91 -14.01 10,000通貨

人気ランキング

1
最大5,000ドルの入金ボーナス!
16個の豊富なプラットフォームから自分好みの快適な環境で取引!
リクオート・約定拒否なし!
詳細を見る
2
日本語対応の高品質メール・チャットサービスも対応!
いまなら規定量の取引達成で30,000円獲得!
世界的に高機能なツールを採用!
詳細を見る
3
ゼロカットシステムで負債を負うリスクなし!
自動売買ソフトが200種類以上無料公開!
口座タイプが複数あり取引スタイルごとに対応可能
詳細を見る

※掲載情報には本サイトのFX会社・口座比較情報に掲載・参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。 ※本サービスはFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報の提供を目的としています。FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 ※キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ※本サービスに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ※本サービスでは十分な注意を払ってFX取引及びFX取扱事業者等に関する情報提供を行っておりますが、本サービスに掲載されている情報は、情報の真偽、FXの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも、当社は一切の責任を負わないものとします。投資に関するすべての意思決定は、利用者個人の判断で行っていただきますようお願いいたします。 ※本サービスにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 ※本ページには、各FX取扱事業者を始めとする他社・他の機関のサイトへのリンクが設置されておりますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 ※本サービスのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、利用規約にご同意いただいたものとします。 ※手数料は全て「税込み」にて表示しております。 ※スワップポイントは1万通貨/1日あたりの値を掲載しています。 ※最新情報は各FX取扱事業者の公式サイトにてご確認ください。

Copyright © 2020 dotmedia, Inc. All rights reserved.